東京-仙台

東京-仙台「グリーン車」料金※往復11,500円安くなる!

東京 仙台 グリーン車

 

東京・上野-仙台では、新幹線のグリーン車の料金も安くなる
では、どのような方法で、グリーン車料金は安くなるのか?

【東京-仙台】グリーン車格安のポイント
  • 東京-仙台でグリーン車に安く乗る方法は4つ。
  • 安くなるのは、基本的に「やまびこ」。
  • 往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパック最も安い
  • 新幹線パックなら往復で最大1人11,540円お得

グリーン車往復&1泊37,140円が、1人25,600円28,200円に。
新幹線パックなら、往復&1泊で1人8,940円、2人なら合計23,080円お得

この料金の格安パックはこれ!
↓ ↓ ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京-仙台の新幹線「グリーン車料金」をチェック!

まずは、東京-仙台の新幹線のグリーン車の通常料金を確認しておこう。
早いのは「はやぶさ」だが、本数が多く料金が安い「やまびこ」も便利。

列車 片道料金 往復料金
はやぶさ 15,070円 30,140円
はやて・やまびこ 14,750円 29,500円

グリーン車の料金は、利用する列車によって違う。
東京-仙台では、「はやぶさ」は片道15,070円、往復で30,140円。
「はやて・やまびこ」は片道14,750円、往復29,500円。
駅の窓口や券売機、「えきねっと」で片道きっぷを購入すると通常はこの料金。

では、このグリーン車の料金は、どのような方法で安くなるのか?

グリーン車の「往復料金」を比較!

東京-仙台のグリーン車料金は、基本的には4つの方法で安くなる。
まずは、これらの片道・往復料金を全部まとめて比較したい。

【東京-仙台】グリーン車料金を比較
チケット名 片道 往復
はやぶさ通常料金 15,070円 30,140円
eチケットサービスはやぶさ 14,870円 29,740円
はやて・やまびこ通常料金 14,750円 29,500円
eチケットサービスやまびこ 14,550円 29,100円
トクだ値10 13,080円 26,160円
トクだ値15 12,360円 24,720円
新幹線パック(1人) 実質10,600円 21,200円
お先にトクだ値30 10,170円 20,340円
お先にトクだ値35 9,450円 18,900円
新幹線パック(2人) 実質9,300円 18,600円

東京-仙台で、グリーン車が通常料金より安くなるのは以上の方法。
では、これらの方法について詳しくご紹介したい。

【東京-仙台】グリーン車に格安に乗る方法4つ

東京-仙台では、新幹線のグリーン車に通常料金より安く乗る方法が4つある
この区間でグリーン車料金が安くなるのは、基本的には「やまびこ」。
まず、その中でも料金が最も安くなるのは…

1.「新幹線ホテルパック」で往復最大11,500円お得!

東京-仙台を新幹線で往復&宿泊するなら、グリーン車も新幹線ホテルパックが安い
この新幹線パックを2人以上で利用した時、グリーン車料金はこの区間の最安値

例えば、はやぶさ通常料金の往復&1泊7,000円の宿泊なら、合計37,140円かかる。
ところが、これを新幹線パックで予約すると、往復&1泊で1人28,200円。
利用するのは「やまびこ」グリーン車だが、合計料金は1人8,940円お得
このパック料金から宿泊費を引いた、グリーン車の片道料金は実質10,600円と安い。

しかも、このパックは2人以上で予約すると、1人25,600円とさらに安くなる。
そして、この時の片道料金は実質9,300円と、グリーン車料金は最安値!
複数で新幹線パックでグリーン車に乗れば、1人11,540円、2人で23,080円お得

そして、他のグリーン車料金と往復&1泊で比較すると…

チケット名 往復+7,000円 差額
はやぶさ通常料金 37,140円 0
eチケットサービスはやぶさ 36,740円 ▲400円
はやて・やまびこ通常料金 36,500円 ▲640円
eチケットサービスやまびこ 36,100円 ▲1,040円
トクだ値10 33,160円 ▲3,980円
トクだ値15 31,720円 ▲5,420円
新幹線パック(1人) 28,200円 8,940円
お先にトクだ値30 27,340円 ▲9,800円
お先にトクだ値35 25,900円 ▲11,240円
新幹線パック(2人) 25,600円 11,540円

※グリーン車往復&1泊7,000円の合計料金を比較

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

東京-仙台なら、やまびこグリーン車が約9,300円~10,600円と格安!
これを利用すると、1人約8,940円、2人なら合計23,080円お得
出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。

 

2.片道のみなら「お先にトクだ値」が安い!

宿泊しない場合や、新幹線の利用が片道のみの場合など、新幹線パックは利用できない。
そのような時、東京-仙台でグリーン車料金が最も安いのは「お先にトクだ値」。
えきねっと」への会員登録が必要で、グリーン車も30%または35%の割引。
利用する列車は「やまびこ」で、35%割引の「お先にトクだ値35」は9,580円、30%割引の「お先にトクだ値30」は10,310円
料金は安いが、1ヶ月前~13日前午前1時40分までの期間中に購入が必要。
そして、完売が早いので、なかなか空席が見つけられない。

3.「えきねっとトクだ値」で10・15%割引

えきねっと」の会員が購入できるもう1つの割引チケット「えきねっとトクだ値」。
上記の3つが利用できない時には、これが安い。
割引率は10%または15%だが、空席があれば当日の午前1時40分まで購入が可能。
東京-仙台の料金は、「トクだ値10」は13,260円、「トクだ値15」は12,530円
列車は「やまびこ」で、2人以上でも利用することができる。

4.「新幹線eチケットサービス」で「はやぶさ」も割引

えきねっと」では、チケットレスで新幹線に乗ると片道200円割引になる。
これが「新幹線eチケットサービス」で、東京-仙台のグリーン車料金は「はやぶさ」14,870円、「やまびこ」14,550円
当日の予約も可能で、この区間で唯一「はやぶさ」も安くなる方法。

 

東京-仙台のグリーン車料金は、以上4つの方法で安くなる。

まとめ
  • 東京-仙台では5つの方法でグリーン車に安く乗れる。
  • そのうち片道料金が最も安いのは「お先にトクだ値」。
  • そして、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い。

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!