福岡-大阪

【博多-新大阪】新幹線「往復割引」料金&さらに安い往復方法!

博多 新大阪 新幹線 往復割引

 

博多-新大阪で「往復割引」の利用をお考えの方へ!

福岡-大阪では「往復割引」で新幹線に乗ると、乗車券が1割引になる。
しかし、この往復割引の料金は決して安くはない…。
では、この区間に、もっと格安な往復方法はないのか?

【博多-新大阪】往復割引のポイント
  • 博多-新大阪では、往復分の乗車券購入で往復割引が適用
  • 割引は乗車券の1割のみで、片道980円、往復1,960円お得
  • 往復割引で「のぞみ」指定席は片道14,620円、自由席13,770円
  • この区間には、往復割引より安い往復方法が9つある
  • 往復&宿泊するなら、新幹線パックが最も安い

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
博多-新大阪の往復&宿泊料金は1人約11,400円、2人で22,800円お得
「のぞみ」指定席の片道料金は、実質9,900と格安。
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

博多-新大阪の「往復割引」料金は?

博多‐新大阪の片道距離は618.5キロあり、往復割引が適用される。
往復割引は年末年始などいつでも有効で、当日のきっぷ購入でも割引になる。
往復分の乗車券を同時に購入すれば、往復割引で乗車券が1割引に
では、指定席・自由席・グリーン車に乗った時の、それぞれの料金は?

指定席×往復割引の料金

博多‐新大阪の「のぞみ・みずほ」指定席料金は、通常期で15,600円。
往復割引を利用すると、乗車券が1割引きになり片道14,620円
往復割引は通年で利用でき、繁忙期は200円アップの14,820円、閑散期は14,420円
また、「ひかり・こだま・さくら」指定席は、通常15,280円が往復割引で14,300円

自由席×往復割引の料金

博多‐新大阪の新幹線自由席の通常きっぷ料金は14,750円。
往復割引を利用し、乗車券が1割引きになると13,770円
自由席は時期によって料金は変わらない。

グリーン車×往復割引の料金

博多‐新大阪の「のぞみ・みずほ」グリーン車通常料金は21,670円。
往復割引を利用し、乗車券が1割引きになると20,690円
そして、「ひかり・さくら」グリーン車は、通常21,350円が往復割引で20,370円

割引額はいくら?

博多‐新大阪では、のぞみ・みずほ指定席通常料金は15,600円、往復割引で14,620円。
自由席は14,750円が13,770円、グリーン車は21,670円が20,690円。
往復割引で安くなるのは、片道980円、往復で1,960円
乗車券の料金は全て同じなので、往復割引で安くなる料金は全座席同じ。

往復割引で安くなるのは往復1,960円…
しかし、新幹線ホテルパックでは往復11,400円安くなる

 

博多‐新大阪では、往復割引を利用すれば、年末年始などでも料金は安くなる。
しかし、この区間には、往復割引よりも安く新幹線に乗る方法が9つある
その9つの方法について詳しくご紹介したい。

福岡-大阪で往復割引より安い往復方法9つ

博多‐新大阪では、往復割引で新幹線に乗ると、片道980円、往復で1,960円安くなる。
しかし、それよりも以下の9つの方法で往復した方が安い!

1.「スマートEX」の往復予約で400円お得

スマートEX」は年会費無料で東海道・山陽新幹線のチケットを予約することができる。
通常予約で、指定席の料金は片道200円、往復で400円の割引。
博多‐新大阪は「のぞみ・みずほ」は15,400円、「ひかり・さくら」は15,080円
そして、往復分を同時に予約する「スマートEXサービス(往復割引)」は、往復割引乗車券よりもさらに片道200円お得になる。
これを利用すると、のぞみ・みずほ14,420円、ひかり・さくら14,100円

2.指定席は「回数券」の方が安い!

福岡-大阪の往復には回数券を利用することもできる。
回数券1枚の価格は13,520円なので、往復で27,040円お得。
普通車指定席なら、この料金で「のぞみ・みずほ」も利用可。
ただし、回数券には3ヶ月の有効期限があり、年末年始・GW・お盆は利用できない。

3.「eきっぷ」+往復割引でお得!

e5489・JR九州インターネット列車予約の会員なら「eきっぷ」が利用できる。
eきっぷ」と、往復割引乗車券を同時に使うと、片道料金は12,510円
年末年始・GW・お盆も料金は変わらず、往復で3,090円お得。
ただしエクスプレス予約会員は、往復を「EX予約サービス往復割引」で予約したが安い。

4.「エクスプレス予約」×往復割引が安い!

エクスプレス予約」は会員登録と年会費1,100円が必要だが、新幹線料金は安い。
博多-新大阪では、片道分のチケットを予約すると13,490円
そして、往復分を「EX予約サービス(往復割引)」で予約すると、片道12,310円
エクスプレス予約は、年末年始等も料金は変わらず安い。

5.学生は「学割×往復割引」でさらに割引!

学生は学割で新幹線に乗ると、乗車券が2割引になる。
博多‐大阪の学割料金は、のぞみ指定席13,640円、ひかり13,320円、自由席12,730円。
そして、学割と往復割引で、さらに乗車券は1割引になり、のぞみ・みずほ12,850円、ひかり・さくら・こだま12,530円、自由席12,000円
そして、「eきっぷ」「e特急券」を同時に利用するとさらに安く11,530円

6.早割「EX早特」の往復の方が安い

エクスプレス予約・スマートEXの会員なら、3日前まで購入が可能な「EX早特」が安い。
博多-新大阪の料金は、平日が12,000円、土休日が11,200円
土休日に往復で利用すると8,800円お得。
ただし、空席がない場合や、年末年始・GW・お盆は購入できない。

7.「スーパー早特きっぷ」は21日前予約で格安!

スーパー早特きっぷ」は21日前までの予約で博多‐新大阪が10,480円
片道から利用可能で、片道5,120円、往復で10,240円お得。
福岡‐大阪の「のぞみ」片道の再安値チケットだが、予約後の変更は不可。
購入には、e5489またはJR九州インターネット列車予約への会員登録が必要。

8.「こだま」なら「バリ得こだま」が格安!

博多-新大阪で「こだま」指定席の料金が最も安いのは「バリ得こだま」。
「こだま」限定で、片道料金は、大人7,600、子ども3,850
1人でも購入できる片道チケットで、3日前までネットでの予約・購入が可能。

なお、「こだまスーパー早特きっぷ」も円と安いが、バリ得こだまの方がお得。

9.往復&宿泊なら「新幹線パック」で最安値!

福岡-大阪を往復&宿泊するなら、最も安いのは新幹線ホテルパック
例えば、「のぞみ」で往復し1泊7,200円のホテルに泊まるパックの料金は1人27,000円。
ここから宿泊料金を引くと、実質の「のぞみ」片道料金は9,900円と格安!
通常きっぷで往復し、同じホテルに泊まると、往復&1泊で38,400円かかる。
これと比較すると、1人11,400円、2人で22,800円安くなる。

そして、これまでご紹介した他のチケットと「往復&1泊」で比較すると…

往復&7,200円の合計料金を比較
往復方法 往復+7,200円 差額
バリ得こだま 22,400円 ▲16,000円
新幹線ホテルパック(のぞみ) 27,000円 11,400円
スーパー早特きっぷ 28,160円 ▲10,240円
学割×往復割引×eきっぷ・e特急券 28,680円 ▲9,720円
EX早特(土休日) 29,600円 ▲8,800円
学割×eきっぷ・e特急券 30,260円 ▲8,140円
EX早特(平日) 31,200円 ▲7,200円
学割×往復割引自由席 31,200円 ▲7,200円
エクスプレス予約(往復割引) 31,820円 ▲6,580円
eきっぷ+往復割引 32,220円 ▲6,180円
学割×往復割引指定席(ひかり・さくら) 32,260円 ▲6,140円
学割×往復割引指定席(のぞみ・みずほ) 32,900円 ▲5,500円
エクスプレス予約 34,180円 ▲4,220円
回数券 34,240円 ▲4,160円
往復割引自由席 35,720円 ▲2,680円
スマートEX(往復割引ひかり・さくら) 35,400円 ▲3,000円
往復割引指定席(ひかり・さくら) 35,800円 ▲2,600円
スマートEX(往復割引のぞみ) 36,040円 ▲2,360円
往復割引指定席(のぞみ・みずほ) 36,440円 ▲1,960円
自由席 36,700円 ▲1,700円
スマートEX(ひかり・さくら) 37,360円 ▲1,040円
ひかり・さくら指定席 37,760円 ▲640円
スマートEX(のぞみ・みずほ) 38,000円 ▲400円
のぞみ・みずほ指定席 38,400円 なし

福岡‐大阪では、たしかに往復割引で新幹線料金は安くなる。
しかし、往復割引より回数券・早割・新幹線パックの方が安い。
特に、のぞみ往復&宿泊なら、間違いなく新幹線ホテルパックが格安

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

【参考】往復割引のきっぷ購入方法と使い方

福岡‐大阪では、往復割引のチケットはどのように購入し使えばいいのか?
チケットの購入方法と使い方を確認しておこう!

購入は窓口・券売機

往復割引のチケット購入は、通常は駅の窓口や券売機で購入する。
往復分の乗車券を同時に購入しないと割引にならないので、購入時は注意が必要。
また、特急券は割引対象外なので、特急券は必ずしも往復分を購入する必要はない。
往復分の乗車券と片道特急券のみ先に買い、帰りの特急券は後で買っても往復割引は適用。
なお、博多-新大阪では、窓口や券売機以外に、e5489・JR九州インターネット列車予約でも購入することができる。

ネット予約の方がお得!

往復分の料金をさらに安くするなら、ネット予約がお得。
安いのはe5489・JR九州インターネット列車予約より、エクスプレス予約・スマートEX。
ご紹介した通り、エクスプレス予約・スマートEXならネットで往復分の予約も可能。
「EX予約サービス(往復割引)」は往復割引乗車券より片道3,290円安くなる。
また「スマートEXサービス(往復割引)」の場合、往復割引乗車券より片道200円割引。
しかし、新幹線の区間でしか利用できず、前後に在来線を利用する場合は別途料金が発生。
この在来線の料金が200円を超えるなら、スマートEXより往復割引乗車券の方がお得。

使い方は他のチケットと同じ

使い方は 往復割引のチケットも、通常の新幹線チケットと同じ。
乗車券・特急券を一緒の改札に通し、指定席の場合は指定された座席に座る。
エクスプレス予約・スマートEXの場合、1人ならIC乗車も可能。
2人以上なら券売機できっぷを発券して乗車する。

 

まとめ
  • 博多-新大阪では、往復割引は使えるが安くない。
  • この区間で、往復割引より安い方法は9つ。
  • 片道のみの料金が安いのは「早割」と「こだま」
  • 往復&宿泊なら、それ以上に新幹線ホテルパックが安い!