東京-大阪

【東京・品川-大阪】新幹線料金格安ランキング⇒往復9,600円お得!

東京 大阪 新幹線

 

東京-大阪を新幹線で格安に往復したい方必見!

「のぞみ」指定席通常料金14,720円は⇒【最安値】約9,900円に!

【東京-大阪】新幹線の最安値がわかる!
  • 東京・品川-新大阪の新幹線料金を安い順にランキングで紹介!
  • 「のぞみ・ひかり・こだま」の最安値チケットが簡単にわかる!
  • 「のぞみ」往復で1人9,600円安くなるランキング1位は?

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-大阪の「のぞみ」往復&宿泊料金は1人約9,600円安くなる
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

東京・品川-新大阪「のぞみ」料金格安ランキング

東京-大阪で「のぞみ」料金が安い順にランキングで紹介。
「のぞみ」料金が最も安くなるのは…?

順位 指定席・自由席 片道料金
新幹線ホテルパック 実質9,150円~9,900円
日帰りツアー(大阪発) 実質9,400円
EX早特21 11,200円
4 学割自由席 12,080円
5 EXのぞみファミリー早特 12,570円
6 学割 ひかり指定席 12,610円
7 学割 のぞみ指定席 12,930円
8 エクスプレス予約 13,620円
9 自由席通常料金 13,870円
10 回数券 13,940円
11 スマートEX ひかり指定席 14,200円
12 ひかり指定席 14,400円
13 スマートEX のぞみ指定席 14,520円
14 のぞみ指定席 14,720円

東京・品川-新大阪の「のぞみ」指定席料金は通常期で14,720円。
「のぞみ」がこれより安くなる方法は以上の10パターン。

往復&宿泊するなら、東京発も大阪発も最も安いのは新幹線ホテルパック
大阪発の日帰りには「日帰りツアー」を利用するのが安い!

 

東京-大阪で「のぞみ」指定席に格安に乗る方法

このように、東京・品川-新大阪の指定席・自由席料金はいくつかの方法で安くなる。
では、最も早く利用しやすい「のぞみ」指定席の料金はどうすれば安くなるのか?

宿泊するなら「新幹線ホテルパック」が絶対安い!

東京-大阪を新幹線で往復し宿泊するなら、1番安いのは新幹線ホテルパック
例えば、1泊8,000円のホテルに泊まる1泊2日のパック料金は27,800円。
このパック料金から宿泊代を引くと「のぞみ」指定席料金は実質9,900円と格安!
もし「のぞみ」通常切符で往復&宿泊すると37,440円かかる。
これと比較すると、往復&1泊で1人9,680円、2人で19,280円安くなる

大阪発はトーキョーブックマークが安い!

さらに新大阪発⇒東京行きなら「トーキョーブックマーク」プランが特に安い!
例えば、1泊8,000円のホテルに泊まるプランで、往復&1泊の合計料金は26,300円。
宿泊代を引いた片道の「のぞみ」指定席料金は、実質9,150円と格安
通常きっぷでの往復&1泊料金37,440円と比べると1人11,140円お得

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

出発の3日前まで予約でき、チケットは自宅配送なので当日はスムーズ。
自宅以外にも指定可能でコンビニ受け取りも可能。
選択できるホテル・列車が多いのも嬉しい。
乗り遅れてしまっても後続列車自由席に乗車可能。(一部プランを除く)
東京-大阪は「のぞみ」約9,900円、「こだま」約8,300円と格安!

⇒大阪発は「トーキョーブックマークプラン」がお得!

 

日帰りなら「ツアー」が安い!

新大阪発で東京行きの日帰り旅行なら、「トーキョーブックマーク日帰りツアー」がお得!
往復新幹線と地下鉄1日乗車券などがセットで料金は1人18,800円。
この時の片道の新幹線チケットは、「のぞみ」実質9,400円と格安!
ただし、往復で利用できる新幹線の時間帯が限定される。

片道は「EX早特21・EXのぞみファミリー早特」が安い

新幹線パックや日帰りツアーなどが利用できない場合、次に安いのは「早特」。
東京・品川-新大阪で使えるのは、「EX早特21・EXのぞみファミリー早特」の2つ。
片道料金が安いのは11,200円の「EX早特21」で、21日前までの予約が必要。
ただし、利用できるのは朝6時台・11時~15時台出発の「のぞみ」指定席のみ。
次に安いのは、12,570円の「EXのぞみファミリー早特」で、予約期限は3日前まで。
終日「のぞみ」に乗れるが、「土休日・2人以上」が利用条件。
なお、年末年始・GW・お盆は利用できないので注意したい。

エクスプレス予約で安くなるのは1,080円

新幹線パックや「早特」も利用できない場合、次に安いのはエクスプレス予約の通常予約。
エクスプレス予約の利用には、事前会員登録と1,100円の年会費が必要。
通常予約で東京・品川-新大阪は13,620円なので、通常きっぷより片道1,100円お得。
エクスプレス予約の料金は、年末年始・GW・お盆も変わらず安い。

回数券で片道760円お得

東京-大阪の往復には指定席用回数券を利用することもできる。
回数券は6枚セットでの販売で、有効期間は3ヶ月。
東京-大阪の回数券は1枚あたり13,940円なので、通常きっぷより片道780円お得。
なお、年末年始・GW・お盆は利用できないので注意したい。

スマートEXで片道200円割引

年会費無料のスマートEXで新幹線をネット予約すると、「のぞみ」指定席も割引に。
自由席には割引はないが、指定席は片道200円、往復400円安くなる。
東京・品川-新大阪では「のぞみ」指定席は14,520円。

 

このように、いくつかの方法で「のぞみ」指定席料金は安くなる。
では、これを利用して、東京-大阪を新幹線で往復&1泊すると…?

東京-大阪「のぞみ」往復1泊2日の料金を比較

東京‐新大阪「のぞみ」の片道料金ランキングはご紹介した通り。
では、片道料金だけでなく、新幹線往復&1泊の合計料金を比較すると?
全て同じホテルに宿泊した合計で比較すると、差額もここまで大きくなる!

往復&1泊8,000円の合計料金比較
往復方法 往復+8,000円 差額
新幹線パック(のぞみ) 27,800円 9,680円
EX早特21 30,400円 ▲7,040円
学割自由席 32,160円 ▲5,280円
EXのぞみファミリー早特 33,140円 ▲4,300円
学割 ひかり指定席 33,220円 ▲4,220円
学割 のぞみ指定席 33,860円 ▲3,580円
エクスプレス予約 35,240円 ▲2,200円
自由席通常料金 35,740円 ▲1,700円
回数券 35,880円 ▲1,560円
スマートEX ひかり指定席 36,400円 ▲1,040円
ひかり指定席 36,800円 ▲640円
スマートEX のぞみ指定席 37,040円 ▲400円
のぞみ指定席 37,440円 なし

この通り、「のぞみ」往復&1泊料金で比較しても新幹線パックが安い
新幹線パックを利用すると、往復で1人9,680円安くなる

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

東京・品川-新大阪「こだま」料金ランキング

「のぞみ」2時間30分に対し、片道4時間かかる「こだま」。
しかし、「こだま」に限定すれば、東京-大阪でも格安な方法がいくつかある。
そこで、同じように「こだま」の料金をランキングでご紹介したい!

順位 指定席・自由席 片道料金
新幹線ホテルパック 実質8,300円
EXこだまファミリー早特 10,080円
ぷらっとこだま 10,700円
4 学割自由席 12,080円
5 学割指定席 12,610円
6 エクスプレス予約 13,620円
7 自由席通常料金 13,870円
8 回数券 13,940円
9 スマートEX 指定席 14,200円
10 指定席通常料金 14,400円

「こだま」の料金も最も格安になるのは新幹線ホテルパック
新幹線パック・EXこだまファミリー早特・ぷらっとこだまは「こだま」限定。
それ以外は、同じ料金で「ひかり」にも乗ることができる。
また、自由席なら全列車同じ料金なので「のぞみ」にも乗ることができる。

「こだま」に格安に乗る方法は?

「こだま」限定の格安な方法は「EXこだまファミリー早特」と「ぷらっとこだま」。

「EXこだまファミリー早特」は、エクスプレス予約・スマートEXの会員のみ利用できる。
2名以上であれば、3日前まで購入が可能。
東京-新大阪の新幹線「こだま」指定席の料金は大人10,080円、子供5,030円。

「ぷらっとこだま」は1人でも利用可能。
ネットなら5日前まで、JR東海ツアーズの店頭なら前日まで購入可能。
東京-新大阪の「こだま」指定席が1ドリンク付きで10,700円
1人でこだまを利用するのであれば「ぷらっとこだま」が安い。

東京-新大阪で「こだま」に安く乗れるのはこの2つ。

しかし、往復&宿泊で利用するなら、「こだま」も新幹線ホテルパックが安い!
例えば、1泊8,000円のホテルを利用するパックは1泊2日で24,600円。
宿泊費を引いた実質の「こだま」指定席料金は片道8,300円と格安!
このパックを利用すると、「のぞみ」通常料金の往復時より1人12,840円お得

⇒東京-大阪の格安『新幹線パック』を探す!

 

東京-大阪の「グリーン車」料金ランキング

東京・品川‐新大阪でグリーン車に安く乗るには?
「のぞみ・ひかり・こだま」のグリーン車をランキングにしてご紹介。

順位 グリーン車料金 片道料金
新幹線パック(こだま) 実質9,800円
EXこだまファミリー早特 11,100円
EXこだまグリーン早特 11,410円
4 ぷらっとこだま 12,200円
5 新幹線パック(のぞみ) 実質12,300円
6 EXのぞみファミリー早特 14,670円
7 EXグリーン早特 14,670円
8 エクスプレス予約 18,480円
9 スマートEX ひかり・こだま 19,070円
10 回数券 19,270円
11 ひかり・こだま通常料金 19,270円
12 スマートEX のぞみ 19,390円
13 のぞみ通常料金 19,590円

これが「のぞみ・ひかり・こだま」のグリーン料金。
「こだま」は時間がかかるが安い方法も多い。
「のぞみ・ひかり」グリーン車に乗るなら新幹線パックが1番お得。

「グリーン車」に格安に乗る方法は?

東京‐新大阪のグリーン車片道料金の最安値は「こだまファミリー早特」11,100円
列車乗車日の3日前まで購入可能で、2名以上から利用可能。
そして、1人で利用したいなら安いのは「EXこだまグリーン早特」11,410円
「ぷらっとこだま」12,200円も安い。

「こだま」のグリーン車ならこの3つのチケットが安い。
そして、「のぞみ・ひかり」のグリーン車の場合は別の方法がある。

「のぞみ・ひかり」が安くなるのは「EXのぞみファミリー早特」と「EXグリーン早特」。
どちらも14,670円で料金は同じだが、条件が異なる。
「EXのぞみファミリー早特」は土休日のみ2人以上で、終日「のぞみ」利用可。
「EXグリーン早特」は1人で利用できるが、終日「ひかり」と6時台出発「のぞみ」限定。
条件や利用シーンに合わせて、適した方法を選ぼう。

しかし、「のぞみ・ひかり」グリーン車料金がさらに安いのが、新幹線ホテルパック
例えば、グリーン車で東京‐新大阪を往復する1泊2日で32,600円というプランがある。
ここから宿泊費8,000円を引くと「のぞみ」グリーン車は片道実質12,300円と格安!

東京-新大阪では「こだま」のグリーン車はいくつかの片道きっぷで安くなる。
のぞみ・ひかり」グリーン車に乗るなら新幹線ホテルパックが安い

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

 

よくある質問(Q&A)


新幹線のチケット購入に関してよくある質問のまとめ。

「のぞみ・ひかり・こだま」の違いは?時間は?

東京・品川‐新大阪間を走る東海道新幹線は「のぞみ・ひかり・こだま」。
列車ごとの違いは、所要時間と停車駅、1日の運行本数と料金。
それぞれの所要時間は、「のぞみ」約2時間30分、「ひかり」2時間50分〜3時間ほど。
料金も安くなる「こだま」は約4時間かかる。

「のぞみ」の停車駅は品川・京都・名古屋・京都。
「ひかり」はそれ以外に、小田原・静岡・浜松・豊橋・米原などにも停車。
「こだま」は各駅に停車する。

列車の本数が多いのは「のぞみ」で1時間に6~9本くらい。
「ひかり」は1時間に2本の運行があるが、「こだま」は基本的に1時間に1本。

新幹線の予約方法は?EX予約・スマートEXの違いは?

東京-大阪のチケットはエクスプレス予約・スマートEXで予約が可能。
座席を確実に確保したいなら会員登録がおすすめ。

エクスプレス予約は年会費1,100円で東京‐新大阪「のぞみ」指定席13,620円。
スマートEXは年会費無料で東京‐新大阪「のぞみ」指定席14,520円。
ただし、「早特」の料金はエクスプレス会員もスマートEX会員も同価格。

往復割引は使える?他に安い往復方法は?

JRには往復割引という制度がある。
片道あたりの営業キロが601㎞以上の区間で運賃が1割引になる。
しかし、東京‐新大阪では片道556.4kmなので、往復割引は利用できない。

なお、往復で新幹線に乗る場合、宿泊するなら安いのは新幹線ホテルパック
大阪から東京へ、日帰りでの往復なら「日帰りツアー」が安い。

 

「学割」は本当にお得か?

「学割」も安く新幹線に乗る方法の一つではあるが、劇的に安い方法ではない。
しかし「学割」がお得になるケースもある。

学生は「学割」で新幹線に乗ると乗車券が2割引になる。
東京-大阪は、のぞみ指定席12,930円、ひかり・こだま12,610円、自由席12,080円。
学割は繁忙期には200円アップするものの、年末年始等も有効で一年中利用できる。
これを、宿泊予約の必要がない帰省等に利用するとお得。

ただし、それ以外の、往復&宿泊の一般的な旅行は新幹線ホテルパックの方が安い

回数券・金券ショップの格安チケットは安い?

新幹線の格安チケットはお得なイメージがあるが、本当に安いのか?
金券ショップへ行くと、通常は6枚綴り回数券を1枚で購入することができる。
東京-新大阪では回数券が1枚あたり13,940円
金券ショップの格安チケットも回数券と大差はなく1枚14,000円くらい。
しかし、他の方法と比較しても決して安いとはいえない。

日帰りの往復なら日帰りツアー、宿泊しないなら「早特」の方がお得。
そして、往復&宿泊するなら、それ以上に新幹線ホテルパックの方が安い。

 

「早割」はいつからいつまで予約できる?

東京-新大阪では、早めに予約すると安い方法がいくつかある。
切符によって予約時期が異なるので、チェックしておこう。

EX早特21 1ヶ月前~21日前まで
それ以外の「早特」 1ヶ月前~3日前まで
ぷらっとこだま ネットは5日前、店頭で前日まで
新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~3日前まで

 

年末年始・GW・お盆に安い方法は?

新幹線が混雑する年末年始・GW・お盆は、「早特」や回数券は利用できない。

年末年始・GW・お盆でも安いのは、エクスプレス予約・学割・新幹線ホテルパックなど。
エクスプレス予約の料金は通常期と変わらず13,620円。
学割は200円アップし「のぞみ」指定席は13,130円。
新幹線ホテルパックも他の時期ほどは安くならないが、安くするなら早めの予約がコツ。

東京・品川-新大阪の子供料金は?

子供料金は、のぞみ指定席7,350円、ひかり・こだま指定席7,190円、自由席6,930円。
東京-大阪では、子供料金が安くなるのはスマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパックなど。
スマートEXは、のぞみ指定席7,250円、ひかり・こだま指定席7,090円。
エクスプレス予約は6,800円、EXのぞみファミリー早特6,280円、EXこだまファミリー早特5,030円。
そして、新幹線ホテルパック料金から宿泊料金を引くと、新幹線の子供料金は「のぞみ」で片道約4,300円
家族旅行で往復&宿泊する時も新幹線ホテルパックが安い!
なお、大阪から東京への日帰りは、子供料金が実質4,500円日帰りツアーが安い!

前日・当日の直前予約・購入はどれが安い?

まず、往復&宿泊するなら、前日14:59分まで申込みが可能な新幹線ツアー・ダイレクト(るるぶトラベル)を利用すると安い。
これ以外に安い方法は少ないが、エクスプレス予約会員は通常予約が最も安く13,620円。
エクスプレス予約は列車発車の4分前までチケット購入が可能。

会員でない方は、金券ショップの格安チケットを利用すると14,000円くらい。
スマートEXを利用すると、のぞみ指定席14,520円、ひかり・こだま14,200円。
なお、回数券・格安チケットは年末年始・GW・お盆は利用不可。
スマートEXの指定席料金は繁忙期には200円アップする。

3日~1週間・1ヶ月前の購入はどれが安い?

出発まで3日以上時間があり、宿泊&往復するなら新幹線ホテルパックが安い!

宿泊不要で片道だけの「のぞみ」指定席を購入したい場合は、「EX早特21」
21日前までの予約が必須だが、東京‐新大阪は「のぞみ」指定席11,200円で安い。

宿泊&往復不要で3日以上前に予約ができ、土休日に2人以上で利用するなら、次に安いのは「EXのぞみファミリー早特」12,570円

「こだま」指定席に限定すれば、3日以上前で2人以上なら「EXこだまファミリー早特」10,080円が最も安い。
1人なら「ぷらっとこだま」10,700円が安いが、ネット購入できるのは5日前まで。

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
東京-大阪は「のぞみ」約9,900円、「こだま」約8,300円と格安!

⇒大阪発-東京は「トーキョーブックマークプラン」がお得!