福岡-大阪

【博多-大阪】新幹線料金格安ランキング⇒往復10,600円お得!

博多 大阪 新幹線

 

博多-新大阪を新幹線で格安に往復したい方は必見

「のぞみ」指定席通常料金15,600円⇒【最安値】約9,900円に!

【博多-新大阪】新幹線の最安値は?
  • 博多-新大阪の新幹線料金を格安ランキングで紹介!
  • 「のぞみ」「こだま」の格安チケット料金が簡単にわかる!
  • 往復で1人11,400円安くなる!「ランキング1位は?

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
博多-大阪の往復&宿泊料金は1人約11,400円お得
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

博多-大阪「のぞみ」料金格安ランキング

博多-新大阪で最も本数が多い、新幹線「のぞみ」の料金を安い順にランキングで紹介!
(所要時間があまり変わらない「みずほ・さくら」の料金も。)
この区間で最も格安に新幹線に乗れるのは?

順位 指定席・自由席 片道料金
新幹線ホテルパック(のぞみ) 実質9,900円
スーパー早特きっぷ 10,480円
学割×往復割引×eきっぷ・e特急券 10,740円
4 EX早特(土休日) 11,200円
5 学割×eきっぷ・e特急券 11,530円
6 EX早特(平日) 12,000円
7 学割×往復割引自由席 12,000円
8 エクスプレス予約(往復割引) 12,310円
9 eきっぷ+往復割引 12,510円
10 学割×往復割引指定席(ひかり・さくら) 12,530円
11 学割×往復割引指定席(のぞみ・みずほ) 12,850円
12 エクスプレス予約 13,490円
13 回数券 13,520円
14 往復割引自由席 13,770円
15 スマートEX(往復割引ひかり・さくら) 14,100円
16 往復割引 ひかり・さくら指定席 14,300円
17 スマートEX(往復割引のぞみ・みずほ) 14,420円
18 往復割引 のぞみ・みずほ指定席 14,620円
19 自由席 14,750円
20 スマートEX(ひかり・さくら) 15,080円
21 ひかり・こだま指定席 15,280円
22 スマートEX(のぞみ・みずほ) 15,400円
23 のぞみ指定席 15,600円

博多-新大阪の「のぞみ」指定席通常料金は15,600円。
この料金が安くなるのは、以上の方法。

 

博多-大阪で「のぞみ」指定席に格安に乗る方法

博多-新大阪は「のぞみ・みずほ・さくら」で約2時間30分。
ランキングでご紹介した通り、新幹線料金はいくつかのチケットで安くなる。

宿泊するなら「新幹線ホテルパック」が1番安い!

福岡-大阪を「のぞみ」で往復し宿泊するなら、最も安いのは新幹線ホテルパック
例えば、のぞみで往復し1泊7,200円のホテルに泊まるパックの料金は1人27,000円。
ここから宿泊料金を引くと、実質の「のぞみ」片道料金は9,900円と格安!

通常きっぷで往復し、同じホテルに泊まると、往復&1泊で38,400円かかる。
これと比較すると、1人11,400円、2人で22,800円安くなる

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

出発3日前までに予約すれば、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多く、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
福岡-大阪では「のぞみ」指定席が約9,900円と格安!
これを2人で利用すると、往復&宿泊で合計22,000円以上安くなる

 

片道なら「スーパー早特きっぷ」が安い!

宿泊予約を必要としない場合、片道は飛行機を利用する場合など、片道で新幹線を利用する時に、最も安いのは「スーパー早特きっぷ」の10,480円。
博多-新大阪で利用すると、片道5,120円、往復で10,240円お得。
ただし、1ヶ月前から14日前までの購入が必要で、予約後の変更は不可。
購入には、e5489またはJR九州インターネット列車予約への会員登録が必要。

早割「EX早特」も安い

「スーパー早特きっぷ」が購入できないなら、次に安いのは「EX早特」。
エクスプレス予約・スマートEXの会員なら、3日前まで購入が可能。
ただし、空席がない場合や、年末年始・GW・お盆は購入できない。
博多-新大阪の料金は、平日が12,000円、土休日が11,200円。
土休日に往復で利用すると8,800円お得。

学割は往復割引・eきっぷとの併用でお得!

学生は学割で新幹線に乗ると、乗車券が1割引になる。
学割だけを使った料金は、のぞみ指定席13,640円、ひかり13,320円、自由席12,730円。
ところが、博多-新大阪では往復割引でさらに乗車券は1割引になる。
そして、e5489・JR九州の会員なら「eきっぷ」、EX予約会員は「e特急券」を同時に利用するとさらに安くなる。

エクスプレス予約は往復予約がお得!

学生以外で、早割が利用できないなら、次に安いのはエクスプレス予約。
利用には会員登録と年会費1,100円が必要だが、年末年始等も変わらない割引料金。
博多-新大阪では、片道分のチケットを予約すると13,490円。
しかし、往復分を「EX予約サービス往復割引」で予約すると、片道料金は12,310円。

「eきっぷ」でも安くなる!

e5489・JR九州インターネット列車予約の会員なら「eきっぷ」を利用しても安くなる。
特に、「eきっぷ」と往復割引乗車券を同時に使うと、片道料金は12,510円とお得。
年末年始・GW・お盆も料金は変わらず、往復で6,180円お得。
エクスプレス予約会員は「e特急券」を利用しても同じだが、往復分の予約なら「EX予約サービス往復割引」の方が安い。

回数券で往復4,160円お得

福岡-大阪の往復には回数券を利用することもできる。
回数券は6枚セットで、1枚の価格は13,520円なので、往復で4,160円お得。
ただし、年末年始・GW・お盆は利用できない。

往復割引で往復1,960円の割引

片道601キロ以上の距離がある博多-新大阪では、往復割引が適用される。
往復分の乗車券を同時に購入すれば1割引になり、往復で1,960円お得。
特急券の料金がアップする年末年始・GW・お盆も利用できる。
安くはないが、当日に駅の窓口や券売機できっぷを購入しても割引になる。

スマートEXは片道200円割引

東海道・山陽新幹線のチケットを予約できる、年会費無料のスマートEX。
自由席には割引はないが、指定席の料金は片道200円、往復で400円の割引。
「のぞみ・みずほ」は15,400円、「ひかり・さくら」は15,080円。
往復分を同時に予約すると、往復割引乗車券よりも片道200円お得。

 

このように、いくつかの方法で「のぞみ」指定席料金は安くなる。

福岡-大阪「のぞみ」往復の1泊2日料金を比較

博多-新大阪は「のぞみ」でも往復5時間かかるので、宿泊する方が多い。
そこで、「のぞみ・みずほ・さくら」指定席往復&1泊の合計料金を比較したい。

往復&7,200円の合計料金を比較
往復方法 往復+7,200円 差額
新幹線ホテルパック(のぞみ) 27,000円 11,400円
スーパー早特きっぷ 28,160円 ▲10,240円
学割×往復割引×eきっぷ・e特急券 28,680円 ▲9,720円
EX早特(土休日) 29,600円 ▲8,800円
学割×eきっぷ・e特急券 30,260円 ▲8,140円
EX早特(平日) 31,200円 ▲7,200円
学割×往復割引自由席 31,200円 ▲7,200円
エクスプレス予約(往復割引) 31,820円 ▲6,580円
eきっぷ+往復割引 32,220円 ▲6,180円
学割×往復割引指定席(ひかり) 32,260円 ▲6,140円
学割×往復割引指定席(のぞみ) 32,900円 ▲5,500円
エクスプレス予約 34,180円 ▲4,220円
回数券 34,240円 ▲4,160円
往復割引自由席 35,720円 ▲2,680円
スマートEX(往復割引ひかり) 35,400円 ▲3,000円
往復割引 ひかり・こだま指定席 35,800円 ▲2,600円
スマートEX(往復割引のぞみ) 36,040円 ▲2,360円
往復割引 のぞみ指定席 36,440円 ▲1,960円
自由席 36,700円 ▲1,700円
スマートEX(ひかり) 37,360円 ▲1,040円
ひかり指定席 37,760円 ▲640円
スマートEX(のぞみ) 38,000円 ▲400円
のぞみ指定席 38,400円

これが、博多-新大阪の往復&1泊の合計料金の差額。
宿泊するなら新幹線ホテルパックが最も安く、1人11,400円、2人で22,800円お得

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

博多-大阪「こだま」料金格安ランキング

「こだま」と一部の「ひかり」は片道5時間近くかかるが、料金は安くなる。
そこで、「こだま」のみ別のランキングでご紹介したい。

順位 指定席・自由席チケット 片道料金
新幹線パック(大阪発2人) 実質7,300円
バリ得こだま 7,600円
こだまスーパー早特きっぷ 8,660円
4 学割×往復割引×eきっぷ・e特急券 10,740円
5 学割×eきっぷ・e特急券 11,530円
6 学割×往復割引自由席 12,000円
7 エクスプレス予約(往復割引) 12,310円
8 eきっぷ+往復割引 12,510円
9 学割×往復割引指定席 12,530円
10 エクスプレス予約 13,490円
11 回数券 13,520円
12 往復割引自由席 14,260円
13 スマートEX(往復割引) 14,100円
14 往復割引指定席 14,300円
15 自由席 14,750円
16 スマートEX 15,080円
17 こだま指定席 15,280円

1位~3位までが「こだま」限定の格安な方法。
4位以下は、同じ料金で所要時間2時間30分の「さくら」にも乗れるので、わざわざ片道5時間の「こだま」に乗る理由はない。

「こだま」の料金は「バリ得こだま」が安い!

博多-新大阪で「こだま」指定席の料金が最も安いのはバリ得こだま
料金は、大人7,600円、子ども3,850円
1人でも購入できる片道チケットで、3日前までネットでの予約・購入が可能。
大人だけで「こだま」を利用するなら、これが最も安い。

「こだまスーパー早特きっぷ」もお得!

もう1つ「こだま」限定の格安なチケットが「こだまスーパー早特きっぷ」。
e5489に会員登録すればネットで購入できるが、購入期限は14日前まで。
料金は、大人8,660円で「バリ得こだま」の方が安い。

「こだま」の宿泊パックもお得!

そして、大阪から福岡へ「こだま」で往復&宿泊するなら新幹線ホテルパックも安い!
1泊5,800円のホテルを利用するパック料金は、1泊2日で1人20,400円。
ここから、宿泊料金を引いた片道料金は実質7,300円で、バリ得こだまより安い。
往復新幹線チケットとホテルを同時に予約できるので便利!
なお、新幹線パックは「のぞみ」に乗っても、片道9,900円くらいと格安!

⇒博多-大阪の格安『新幹線パック』を探す!

 

博多-大阪の「グリーン車」料金ランキング

次に、同じようにグリーン車の料金もランキングでご紹介したい!(学割を除く)
こだまにはグリーン車がないので、「のぞみ・みずほ・さくら・ひかり」を同時に比較。

順位 グリーン車料金 片道料金
バリ得こだま(ひかり限定) 8,100円
2 新幹線パック(のぞみ) 11,900円
3 EX早特(土休日) 14,870円
4 EX早特(平日) 15,670円
5 エクスプレス予約(往復割引) 17,710円
6 eきっぷ+往復割引 17,910円
7 エクスプレス予約 18,890円
8 回数券 18,910円
9 スマートEX(往復割引ひかり・さくら) 20,170円
10 往復割引 ひかり・さくら指定席 20,370円
11 スマートEX(往復割引のぞみ) 20,490円
12 往復割引 のぞみ指定席 20,690円
13 スマートEX(ひかり・さくら) 21,150円
14 ひかり・さくら通常料金 21,350円
15 スマートEX(のぞみ) 21,470円
16 のぞみ・みずほ通常料金 21,670円

一部の「ひかり」には「バリ得こだま」で安く乗ることができる。
そして、「のぞみ」グリーン車で往復&宿泊するなら新幹線ホテルパックが安い

「グリーン車」に格安に乗る方法は?

博多-新大阪でも、グリーン車の料金はいくつかのチケットで安くなる。

まず、「バリ得こだま」は一部の「ひかり」限定で、料金は500円アップの8,100円。
片道料金はこれが安いが、片道4時間30分以上かかるのがネック。

「のぞみ」で片道料金が安いのは「EX早特」で土休日なら14,870円と安い。
これを往復で利用すれば、グリーン車料金は往復13,600円お得。

ところが、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックさらに安い
例えば、1泊7,200円のホテルに泊まる1泊2日のパック料金は1人31,000円。
ここから宿泊料金を引くと、実質の「のぞみ」グリーン車料金は11,900円と格安!
通常きっぷで往復&1泊すると50,540円なので、新幹線パックなら1人19,540円お得

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

 

よくある質問(Q&A)

列車の違い・所要時間は?

博多-新大阪で利用できるのは「のぞみ・みずほ・さくら・ひかり・こだま」。
早いのは「のぞみ・みずほ・さくら」で約2時間30分くらい。
途中の停車駅は、小倉・広島・岡山・新神戸と、列車によってそれ以外に新山口・徳山・福山・姫路などに停車。
「こだま」は各駅に停車し、所要時間は4時間~5時間。
「ひかり」は列車によって停車駅が違い、時間は2時間30分~4時間くらい。

この区間で新幹線を予約するには?

新幹線を予約できるのは、エクスプレス予約・スマートEX・e5489・JR九州インターネット列車予約で予約ができる。
年会費がかかるが、安いのはエクスプレス予約で、「早特」や往復割引は特に安い。
そして、スマートEXは200円しか割引にならないが、「早特」の料金はお得。
e5489とJR九州列車予約は「eきっぷ」を利用すると安く、往復割引との併用がお得。

金券ショップの格安チケットはお得?

金券ショップへ行くと、回数券を1枚から購入することができる。
この新幹線格安チケットは、通常料金より安く、回数券と同じくらいの価格。
福岡-大阪は回数券が13,520円なので、格安チケットは13,800円くらい。
年会費無料のスマートEXで早特を利用するか、新幹線ホテルパックを使った方が安い!

「早割」はいつからいつまで予約できる?

博多-新大阪では、早めに予約すると安い方法がいくつかある。
しかし、それぞれ予約・購入期限が違う。

こだまスーパー早特きっぷ 1ヶ月前~14日まで
EX早特 1ヶ月前~3日前まで
バリ得こだま 2ヶ月以上前~3日前まで
新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~3日前まで

 

年末年始・GW・お盆でも安い方法は?

年末年始・GW・お盆は「早特」や回数券が使えない。
基本的に安くなるのは、エクスプレス予約・往復割引
これ以外に「バリ得こだま」は利用可能、新幹線ホテルパックも早めに予約すると安い。

子供料金は?

小学生の子どもには、大人の半額の「子供料金」がかかる。
正規料金は、のぞみ指定席7,790円、ひかり・こだま7,630円、自由席7,370円

これより安くなるチケットは以下の通り。

片道料金が最も安いのは、「こだま」限定なら「バリ得こだま」の3,850円が安い。
そして、「のぞみ」はEX早特(土休日)の5,600円、EX早特(平日)の6,000円が安い。
エクスプレス予約は、往復割引で6,150円、通常予約で6,740円
往復割引を利用すれば、「のぞみ」指定席は7,300円、自由席は6,880円
スマートEXでは、往復割引で指定席は7,200円、通常予約で7,690円
なお、往復&宿泊する場合、新幹線ホテルパックを使うと約5,500円と安い!

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

出発3日前までに予約すれば、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多く、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
福岡-大阪では「のぞみ」指定席が大人約10,000円、子ども5,500円と格安!
これを2人以上で利用すると、往復&宿泊で1人22,000円以上安くなる