福岡-大阪

【博多-新大阪】新幹線を予約する!格安な予約方法は?

博多 新大阪 新幹線 予約

 

これから、博多-新大阪で、新幹線を予約する方へ!

山陽新幹線の予約ができるのは、エクスプレス予約・スマートEX。
そして、e5489・JR九州列車予約でも予約が可能。
しかし、利用する予約方法によって、新幹線の料金が違う
そこで、博多-新大阪での新幹線予約方法と、料金を全て紹介!

【博多-新大阪】新幹線予約のポイント
  • 予約できるのは、エクスプレス予約・スマートEX・e5489・JR九州列車予約。
  • スマートEXは年会費無料で、指定席は片道200円割引。
  • エクスプレス予約は料金は安いが、年会費が1,100円。
  • 早特」で予約すると、さらにお得!
  • それでも、往復&宿泊なら新幹線ホテルパックの方が安い

 

往復&宿泊ならこれが安い!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約できる新幹線パック。
博多-新大阪なら、のぞみ往復&1泊で1人約11,400円お得
往復&宿泊するなら、他の予約方法より料金は安い!
座席表で空席を確認して予約できるので安心。
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで予約可能!

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

【博多-新大阪】新幹線の予約はいつからいつまで?

博多-新大阪は、エクスプレス予約スマートEXで予約できる。
また、e5489・JR九州列車予約でも、座席表からの予約が可能。
新幹線の座席が予約できるのは、基本的には乗車日の1ヶ月前から
そして、この2つ以外に、新幹線ホテルパックも座席表を見て予約ができる。

ところが、利用する方法によって、以下の通り予約できる期間が違う。

予約方法 予約期間
EX予約・スマートEX 1ヶ月前10:00~4分前
e5489・JR九州 1ヶ月前10:00~6分前
EX早特 1ヶ月前10:00~3日前23:30
スーパー早特きっぷ 1ヶ月前10:00~14日前23:30
新幹線ホテルパック 1ヶ月以上前~当日出発6時間前

※スマートEX・EX予約・e5489・JR九州列車予約は、発売開始7日前から「事前申込み」利用可。

博多-新大阪では、以上の方法で予約すると、新幹線の料金も安くなる!
しかし、予約する方法やチケットによって料金が違うので注意したい。

新幹線の予約料金が安い順(のぞみ指定席)

博多-新大阪で、新幹線の予約ができるのは、スマートEX・エクスプレス予約など。
しかし、同じ座席でも、利用するチケット等によって料金が違う。
まずは、「のぞみ指定席」の料金が安い順にご紹介したい!

1.往復&宿泊の予約は「新幹線パック」が安い!

博多-新大阪を、新幹線で往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックで予約すると安い。

例えば、「のぞみ」往復&1泊7,200円のホテルで泊まるパックは、1人27,000円。
ここから宿泊費を引くと、「のぞみ」指定席片道料金は実質9,900円と格安!

新幹線パックでは、まず、宿泊するホテルを選択する。
次に、往復で利用する列車と座席を選択。(座席はシートマップを見ながら選択も可能)
これをセットで予約すると安く、当日の出発6時間前まで予約が可能

 

【博多-新大阪】往復+1泊7,200円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
スマートEX のぞみ指定席 15,400円 38,000円
往復割引 のぞみ指定席 14,620円 36,440円
エクスプレス予約 14,600円 36,400円
スマートEX(往復割引) 14,420円 36,040円
EX予約サービス往復割引 13,520円 34,240円
EX早特(土休日) 12,770円 32,740円
スーパー早特きっぷ 11,690円 30,580円
新幹線パック(のぞみ) 約9,900円 27,000円

新幹線の片道料金だけでなく、往復&1泊の合計で料金を比較!
宿泊するなら、博多-新大阪は、新幹線ホテルパックで予約すると安い

 

この格安な新幹線ホテルパックはこれ!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルが同時に予約できて、料金もお得。
これを利用すると、博多-新大阪の新幹線料金は最安値に!
通常きっぷでの往復&宿泊料金より、1人約11,400円お得
座席はシートマップを確認しながら予約できる。
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで予約が可能。

 

2.14日前までは「スーパー早特きっぷ」の予約も安い

新幹線の利用が片道のみの場合や、宿泊しない場合など、新幹線パックは利用できない。
このような時、14日前までに予約できるなら、「スーパー早特きっぷ」が安い。
購入できるのは、e5489とJR九州列車予約。
博多-新大阪の料金は、「のぞみ」指定席が11,690円と、片道料金の最安値。
利用できる列車は「のぞみ」だけでなく、「みずほ・さくら」指定席も利用可。

3.3日前までは「EX早特」の予約もお得!

新幹線パック・スーパー早特きっぷを利用できない方は、次に安いのが「EX早特」。
3日前までの予約が必要で、「のぞみ」指定席・グリーン車に格安に乗れる。
エクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入でき、平日より土休日が安い。
博多-新大阪は、「のぞみ」指定席が平日13,140円、土休日12,770円
子供料金の設定もあり、土休日に家族旅行で利用してもお得。
ただし、年末年始等、一部利用できない期間があるので注意したい。

4.「エクスプレス予約」は往復予約がお得!

新幹線パック・早特の次に安いのが「EX予約サービス往復割引」。
利用できるのは「エクスプレス予約」会員で、往復分の予約が条件。
博多-新大阪は、片道で予約するよりも、往復分を同時に予約すると安い。
片道なら指定席は14,600円だが、往復予約なら片道13,520円
なお、予約できるのは、1ヶ月前~4分前で、「事前申込みサービス」も利用できる。
「事前申込み」なら、1ヶ月よりさらに7日前から予約の申込みが可能。
直前に予約しても、往復での予約ならお得。

5.「eきっぷ」は会員限定でお得!

博多-新大阪では、e5489・JR九州列車予約でも新幹線の予約ができる。
この2つは、年会費無料で利用できるが、基本的には通常料金での予約。
しかし、J-WESTカード会員・JQカード会員は「eきっぷ」を購入すると安くなる。
片道乗車券との合計は14,700円、往復割引乗車券との合計は13,720円
全列車料金は同じで、指定席と自由席も料金は同じ。

6.「スマートEX」も往復予約がお得

東海道・山陽新幹線は、「スマートEX」でも予約することができる。
年会費は無料で、利用にはクレジットカードと交通系ICカードが必要。
スマートEXで安くなるのは、指定席・グリーン車は片道200円、自由席は割引なし。
博多-新大阪では、往復分を同時に予約すると、往復割引乗車券の料金から200円割引。
のぞみ指定席の料金は、片道なら15,400円、往復で予約すると14,420円
この指定席料金は、通常きっぷと同じく、繁忙期は200円アップ、閑散期は200円安い。

「こだま」指定席の予約が安いのは?

博多-新大阪は、「のぞみ・みずほ・さくら」を利用すると早く移動ができる。
一部の「ひかり」と「こだま」は、時間はかかるが料金は安くなる。

特に安いのは、「バリ得こだま」。
片道8,600円(時期によって変わる)の「バリ得こだま」の予約は前日まで。

それ以外は、「こだま」の料金と、早い「さくら」の料金は同じ。

グリーン車は「EX早特」の予約が安い!

エクスプレス予約・スマートEX会員は、グリーン車も「早特」での予約が可能。
博多-新大阪は片道で予約すると、スマートEXが、のぞみ21,470円、ひかり21,150円、エクスプレス予約は20,000円。
往復の予約なら、スマートEXが、のぞみ20,490円、ひかり20,170円、エクスプレス予約は18,920円。

そして、博多-新大阪では、「EX早特」でグリーン車を予約することもできる。
空席があれば、3日前まで予約することができ、平日より土休日の料金が安い。
グリーン車の料金は、平日16,810円、土休日は16,440円

予約方法 片道 往復予約(片道分)
スマートEXのぞみ 21,470円 20,490円
エクスプレス予約 20,000円 18,920円
EX早特(土休日) 16,440円 16,440円
新幹線ホテルパック 実質11,900円 往復で格安

なお、往復&宿泊するなら、グリーン車も新幹線ホテルパックが安い。
実質の「のぞみ」グリーン車の片道料金は約11,900円と格安!

 

まとめ
  • 博多-新大阪はエクスプレス予約・スマートEXで予約できる。
  • エクスプレス予約・スマートEXも往復予約がお得。
  • そして、「早特」で予約するとさらに安い。
  • 往復&宿泊なら、新幹線ホテルパックが最も安い。