福岡-大阪

福岡(博多)-大阪「グリーン車」料金※往復19,540円安くなる!

福岡 大阪 グリーン車

 

福岡(博多)-新大阪では、新幹線のグリーン車の料金も安くなる
では、どんな方法でグリーン車料金は安くすることができるのか?

【博多-新大阪】グリーン車格安のポイント
  • 通常料金は、のぞみ・みずほ21,670円、ひかり・さくら21,350円。
  • 博多-新大阪でグリーン車に安く乗る方法は8つ。
  • 往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパック最も安い
  • 新幹線パックなら「のぞみ」往復で最大19,540円お得

「のぞみ」グリーン車の往復&1泊料金50,540円が、1人31,000円に!
新幹線パックなら、往復&1泊で1人19,540円安くなる

この料金の格安パックはこれ!
↓ ↓ ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

博多-新大阪の新幹線グリーン車料金を確認!

まずは、博多-新大阪の新幹線グリーン車の通常料金を確認しておこう。
早いのは「のぞみ・みずほ・さくら」だが、直通の「ひかり」でも移動は可能。
なお、この区間では「こだま」にはグリーン車はない。

列車 片道料金 往復料金
のぞみ・みずほ 21,670円 43,340円
ひかり・さくら 21,350円 42,700円

グリーン車の料金は、利用する列車によって違う。
博多-新大阪では、「のぞみ・みずほ」は片道21,670円、往復43,340円
「ひかり・さくら」は片道21,350円、往復42,700円

では、この博多-新大阪の新幹線のグリーン車料金は、どうすれば安くなるのか?

グリーン車の「往復料金」を比較

福岡-大阪では、新幹線のグリーン車には8つの方法で安く乗ることができる。
そのうち、片道約2時間30分の「のぞみ・みずほ・さくら」で利用できる方法は7つ。
そして、時間がかかる一部の「ひかり」限定で、1つの方法を利用することができる。

まずは、この8つの方法の片道・往復料金だけを比較したい。

グリーン車が安くなる8つの方法
チケット名 片道 往復
スマートEX(のぞみ・みずほ) 21,470円 42,940円
スマートEX(ひかり・さくら) 21,150円 42,300円
往復割引(のぞみ・みずほ) 20,690円 41,380円
スマートEX往復割引(のぞみ・みずほ) 20,490円 40,980円
往復割引(ひかり・さくら) 20,370円 40,740円
スマートEX往復割引(ひかり・さくら) 20,170円 40,340円
回数券 18,910円 37,820円
エクスプレス予約 18,890円 37,780円
eきっぷ+往復割引 17,910円 35,820円
EX予約サービス往復割引 17,710円 35,420円
EX早特(平日) 15,670円 31,340円
EX早特(土休日) 14,870円 29,740円
新幹線パック(のぞみ) 11,900円 往復で格安
バリ得こだま(一部ひかり) 8,100円 16,200円

博多-新大阪で、グリーン車に通常料金より安く乗れるのは以上の方法。
これらについて詳しくご紹介したい。

 

福岡-大阪でグリーン車に格安に乗る方法8つ

福岡-大阪の移動は、特に本数が多く、所要時間が約2時間30分の「のぞみ」が便利。
そして、この区間でグリーン車に格安に乗る方法を8つご紹介したい。
それぞれ、利用できる条件などはが違うが、間違いなく料金は安くなる。

1.のぞみ往復&宿泊は「新幹線パック」が最も格安!

福岡-大阪を新幹線で往復&宿泊するなら、グリーン車も新幹線ホテルパックが安い

例えば、博多からグリーン車往復の1泊2日で、1人31,000円というパックがある。
ここからホテルの1泊料金7,200円を引くと、実質の片道料金は11,900円と格安!
通常きっぷで往復し同じホテルに泊まると、合計50,540円なので1人19,540円お得
グリーン車で往復&宿泊する方は、新幹線パックなら「のぞみ」にも安く乗れる。

 

グリーン車往復&1泊7,200円の合計料金を比較
往復方法 片道 往復+1泊
のぞみ・みずほ通常料金 21,670円 50,540円
スマートEX(のぞみ・みずほ) 21,470円 50,140円
スマートEX(ひかり・さくら) 21,150円 49,500円
往復割引(のぞみ・みずほ) 20,690円 48,580円
スマートEX往復割引(のぞみ・みずほ) 20,490円 48,180円
往復割引(ひかり・さくら) 20,370円 47,940円
スマートEX往復割引(ひかり・さくら) 20,170円 47,540円
回数券 18,910円 45,020円
エクスプレス予約 18,890円 44,980円
eきっぷ+往復割引 17,910円 43,020円
EX予約サービス往復割引 17,710円 42,620円
EX早特(平日) 15,670円 38,540円
EX早特(土休日) 14,870円 36,940円
新幹線パック(のぞみ) 11,900円 31,000円
バリ得こだま(一部ひかり) 8,100円 23,400円

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

福岡-大阪は「のぞみ」グリーン車が約11,900円と格安!
これを利用すると、1人19,540円、2人なら合計39,080円お得
出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

2.片道料金は早割の「EX早特」が安い

宿泊しない場合や、片道は飛行機を利用する場合など、安い新幹線パックは利用できない。
そのような時、博多-新大阪で「のぞみ」グリーン車片道料金が最も安いのは「EX早特」。
エクスプレス予約・スマートEX会員のみ、3日前まで購入が可能。
列車は「のぞみ」限定で、料金は、平日15,670円、土休日14,870円

3.「エクスプレス予約」は往復予約がお得!

「EX早特」の次に安いのは、エクスプレス予約会員なら「EX予約サービス往復割引」。
博多-新大阪は、エクスプレス予約の通常予約で片道分を予約すると18,890円
しかし、往復分を同時予約すると、往復割引も適用され片道17,710円
当日に購入しても、年末年始・GW・お盆でも料金は同じ。
そして、「のぞみ」以外に「みずほ・さくら」など全列車利用できる。

4.「eきっぷ」+往復割引でお得!

e5489・JR九州インターネット列車予約の会員なら「eきっぷ」を使っても安くなる。
「eきっぷ」は特急券のみなので、別途乗車券を購入する必要がある。
博多ー新大阪では、往復割引乗車券を購入すれば、グリーン車には17,910円で乗れる。
料金は全列車共通で、年末年始・GW・お盆も変わらない。
ただし、購入できるのは、e5489のJ-WESTカード会員と、JR九州インターネット列車予約のJQ CARD会員のみ。

5.回数券でも片道2,760円安くなる

福岡ー大阪では、グリーン車用の回数券を購入することもできる。
6枚セットの回数券の1枚あたりの価格は18,910円なので、片道2,760円お得。
全列車で利用できるが、年末年始・GW・お盆は利用不可。
なお、回数券には3ヶ月の有効期間があるので注意したい。

6.「スマートEX」も往復予約がお得!

スマートEXでグリーン車の座席を予約すると、片道200円安くなる。
通常予約のグリーン車料金は、のぞみ・みずほ21,470円、ひかり・さくら21,150円
しかし、博多ー新大阪は、往復分を同時予約する「スマートEXサービス往復割引」がお得!
これを利用すると、往復割引乗車券より片道200円安く、「のぞみ・みずほ」20,490円、「ひかり・さくら」20,170
なお、利用できるのは新幹線区間のみなので、前後に在来線を利用する方は注意したい。

7.「往復割引」なら当日購入でも割引に!

福岡ー大阪では、往復分の乗車券を同時に購入すると、往復割引で乗車券が1割引。
グリーン車の片道料金は「のぞみ・みずほ」20,690円、「ひかり・さくら」20,370
条件を満たしていれば、当日の乗車前に購入しても往復割引になる。

8.「バリ得ひかり・こだま」は「ひかり」限定で格安!

今までご紹介した7つの方法は、早い「のぞみ」のグリーン車料金も安くなる。
しかし、「バリ得こだま」で乗れるのは「一部のひかり」のみ。
料金は普通車指定席より500円アップの8,100円とお得!
ただし、列車は上下2本ずつしか選択肢がなく、これを利用できるなら安い。

 

まとめ
  • 博多ー新大阪では8つの方法でグリーン車に安く乗れる。
  • そのうち、「のぞみ」が安くなる方法は7つ。
  • 往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い。