東京-大阪

往復割引がない!新幹線【東京-大阪】格安な往復方法は?

東京 大阪 新幹線 往復割引

 

東京-大阪を新幹線で「往復」する方へ!

JR・新幹線は片道601キロ以上の区間で、「往復割引」で乗車券が割引になる。
しかし、東京-新大阪は片道556.4キロなので、往復割引は利用できない

では、これ以外に、新幹線で格安に往復するには、どんな方法があるのか?
往復割引の代わりに、この区間で使える格安な往復方法をご紹介したい!

【東京-大阪】格安な往復方法まとめ
  • 東京-大阪では、新幹線で往復割引は利用できない
  • 往復料金は、宿泊しないなら「片道の早割」×往復が安い。
  • 往復&宿泊するなら新幹線パック最も格安

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-大阪では「のぞみ」指定席14,720円が片道約9,900円に!
往復&宿泊料金は1人約9,680円、2人で19,280円安くなる
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

東京・品川-新大阪は「往復割引」が利用不可!

片道営業キロが601キロ以上の区間では、新幹線でも往復割引が使える。
往復割引とは、往復乗車券の購入で、乗車券のみ1割引きになり、年中利用が可能。
しかし、東京・品川‐新大阪は片道556.4キロなので、往復割引は利用不可
では、往復割引が使えない、東京・品川‐新大阪をお得に往復する方法は

東京-大阪で使える格安な新幹線「往復方法」は?

東京‐新大阪では往復割引は使えないものの、新幹線の往復料金を安くする方法がある。
しかし、往復新幹線のみの場合、往復&宿泊する場合で、使える方法が違う。

往復&宿泊は絶対に「新幹線パック」が安い!

東京-大阪を新幹線「のぞみ」で往復し宿泊するなら、1番安いのは新幹線ホテルパック
例えば、1泊8,000円のホテルに泊まる1泊2日のパック料金は、1人27,800円。
このパック料金から宿泊代を引くと、「のぞみ」指定席料金は実質9,900円と格安!
もし、「のぞみ」通常きっぷで往復&宿泊すると37,440円かかる。
これと比較すると、往復&1泊で1人9,680円、2人なら19,280円も安くなる!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

「こだま」なら往復料金もお得!

往復&宿泊で利用するなら、「こだま」も新幹線ホテルパックが安い
例えば、1泊8,000円のホテルを利用するパックは、1泊2日で1人24,600円。
ここから宿泊費を引いた実質の「こだま」指定席料金は片道8,300円と格安!
このパックを利用すると、「のぞみ」通常料金の往復時より1人12,840円お得

そして、新幹線パックが使えない時、「こだま」は以下の方法で安くなる。

ぷらっとこだま

「こだま」限定チケットで安いのが「ぷらっとこだま」。
東京‐大阪の「こだま」指定席料金は、通常期で10,700円
年末年始・GW・お盆などには料金がアップし12,300円になる。
ネットで5日前、店頭で前日まで購入することができるが、指定した列車・座席以外には乗れず、途中駅での乗降車もできない。

EXこだまファミリー早特

東京‐大阪の片道「こだま」最安値は「EXこだまファミリー早特」の10,080円
エクスプレス予約・スマートEX会員限定で購入でき、2人以上の予約が条件。
3日前まで予約が可能で、年末年始・GW・お盆は利用不可。

「のぞみ」片道料金が安い2つの「早割」

東京・品川‐新大阪は「のぞみ」で往復&宿泊するなら新幹線ホテルパックが安い
しかし、片道のみの利用や宿泊の必要がない場合には、新幹線パックが利用できない。
そのような時、東京・品川‐新大阪では「のぞみ」の片道料金は以下の方法で安くなる。

EX早特21

東京‐大阪の片道「のぞみ」の最安値は「EX早特21」の11,200円
列車は朝6時台と11~15時台出発「のぞみ」限定で、21日前までの予約が必要。
通常料金と比較すると、片道3,520円安くなるが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

EXのぞみファミリー早特

2人以上での予約で「のぞみ」が安く乗れるのが「EXのぞみファミリー早特」。
東京・品川‐新大阪の料金は12,570円なので、片道2,150円お得。
土休日の「のぞみ」限定で、3日前まで予約できるが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

学生なら学割での往復もお得!

中学生以上の学生なら、乗車券が2割引きになる「学割」もお得。
東京‐新大阪の学割料金は、のぞみ指定席12,930円、ひかり・こだま指定席12,610円、自由席は12,080円
指定席料金は繁忙期・閑散期に増減はあるが、割引は通年で有効。
エクスプレス予約会員なら「e特急券」と学割を利用すると12,030円でさらにお得。

ネット予約「エクスプレス予約・スマートEX」でお得

新幹線をネット予約できる「エクスプレス予約・スマートEX」も片道料金は割引になる。このうち、新幹線料金が安くなるのは「エクスプレス予約」。
会費が年間1,100円かかるが、料金は繁忙期も含め年間通して安い。
当日予約も可能で料金は13,620円で、通常料金より1,100円安い。

割引率は低いが、年会費無料なのが「スマートEX」。
指定席は片道200円割引で、通常期のぞみ14,520円、ひかり・こだま14,200円

このように、東京・品川-新大阪でも、新幹線の往復料金はいくつかの方法で安くなる。
では、これらのチケットの片道・往復料金をまとめて比較すると?

東京-大阪の新幹線「往復料金」を比較

東京‐大阪では往復割引は使えないが、料金を安くする方法はいくつかある。
まずは、この区間で利用できる「のぞみ・ひかり・こだま」の片道・往復料金だけを比較。

往復方法 片道 往復
のぞみ指定席通常料金 14,720円 29,440円
のぞみスマートEX 指定席 14,520円 29,040円
ひかり・こだま指定席通常料金 14,400円 28,800円
ひかり・こだまスマートEX 指定席 14,200円 28,400円
回数券 13,940円 27,880円
自由席 13,870円 27,740円
エクスプレス予約 13,620円 27,240円
学割指定席 12,930円 25,860円
学割ひかり・こだま指定席 12,610円 25,220円
EXのぞみファミリー早特 12,570円 25,140円
学割自由席 12,080円 24,160円
学割+e特急券 12,030円 24,060円
EX早特21 11,200円 22,400円
ぷらっとこだま 10,700円 21,400円
EXこだまファミリー早特 10,080円 20,160円

以上が東京‐大阪の片道・往復料金。
特に安い「ぷらっとこだま」と「EXこだまファミリー早特」は「こだま」限定。
「のぞみ」は「EX早特21」や「EXのぞみファミリー早特」で安くなる。

この通り、片道・往復のチケット料金を比較するのは簡単。
しかし、宿泊する場合、新幹線ホテルパックという格安な方法を利用することができる。
そして、往復&宿泊する場合、新幹線パックを入れて比較すると次のような順になる。

往復&1泊8,000円の合計料金比較
往復方法 往復&1泊 差額
のぞみ指定席 37,440円 0
スマートEX のぞみ指定席 37,040円 ▲400円
ひかり・こだま指定席 36,800円 ▲640円
スマートEX ひかり・こだま指定席 36,400円 ▲1,040円
回数券 35,880円 ▲1,560円
自由席 35,740円 ▲1,700円
エクスプレス予約 35,240円 ▲2,200円
学割指定席 33,860円 ▲3,580円
学割ひかり・こだま指定席 33,220円 ▲4,220円
EXのぞみファミリー早特 33,140円 ▲4,300円
学割自由席 32,160円 ▲5,280円
学割+e特急券 32,060円 ▲5,380円
EX早特21 30,400円 ▲7,040円
ぷらっとこだま 29,400円 ▲8,040円
EXこだまファミリー早特 28,160円 ▲9,280円
新幹線パック(のぞみ) 27,800円 9,680円
新幹線パック(こだま) 24,600円 12,840円

「こだま」でも「のぞみ」でも、1番安いのは新幹線ホテルパック
この通り、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックを利用するのが安い!

  • 往復割引が使えない東京・品川-新大阪も、新幹線の往復料金は安くなる。
  • 片道「こだま」は「EXこだまファミリー早特」を使うのが安い。
  • 片道「のぞみ」なら料金は「EX早特21」が安い。
  • そして、それ以上に往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが安い!