東京-大阪

東京-大阪で新幹線を予約したい!ネット予約で格安な方法は?

東京 大阪 新幹線 予約

 

東京・品川-新大阪の新幹線の予約方法を紹介!
どんな方法で予約すると、新幹線に安く乗ることができるのか?

【東京-大阪】新幹線予約のポイント
  • 東京-大阪では、エクスプレス予約・スマートEXで予約が可能。
  • 料金が安いのはエクスプレス予約で13,620円。
  • 早特」で早めに予約するとさらに安くなる!
  • 往復&宿泊を同時予約するなら新幹線ホテルパックが最も安い

往復&宿泊の予約はこれが安い
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京・品川-新大阪の新幹線予約方法は?


東京・品川-新大阪で新幹線の座席を予約するなら、エクスプレス予約かスマートEX。
しかし、往復新幹線と宿泊を同時に予約するなら新幹線パックの方がお得!
ここでは、新幹線に絶対座れる予約方法と、料金の違いをわかりやすく解説。

1.往復・宿泊の同時予約は「新幹線パック」が最安値!

東京-新大阪の通常料金は「のぞみ」14,720円、「ひかり・こだま」14,400円
この価格を、実質的に最安値にすることができるのが「新幹線パック」

新幹線パックは新幹線往復&宿泊を全て込みで予約することができる。
往復新幹線だけでなく宿泊予約も1度で完結し、そして、格安で新幹線に乗れる。

例えば、東京-新大阪で1泊8,000円のホテルに泊まる1泊2日の旅行や出張。
通常、新幹線「のぞみ」で往復し、このホテルで1泊すると37,440円かかる。
しかし、新幹線パックでホテルも同時に予約すると1人29,600円。
新幹線パックで予約するだけで1人7,840円安くなる
なお、パック料金から宿泊代金を引いた新幹線料金は、実質10,800円と安い

東京-新大阪は「こだま」で往復すると、料金はさらに安くなる。
同じホテルに泊まるパック料金は26,400円なので、「こだま」指定席は実質9,200円

これから紹介する予約方法と「往復&1泊」料金を比較してみると…

往復方法 片道料金 往復+1泊合計
のぞみ指定席 14,720円 37,440円
スマートEX 14,520円 37,040円
エクスプレス予約 13,620円 35,240円
新幹線パック(のぞみ) 実質10,800円 29,600円
新幹線パック(こだま) 実質9,200円 26,400円

※新幹線往復&1泊8,000円の合計料金を比較

スマートEXやエクスプレス予約より、東京-大阪の往復&宿泊なら、新幹線パックが安い

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

2.予約料金は「エクスプレス予約」が安い!

年末年始やGWなどの期間中も割引価格で予約が可能な「エクスプレス予約」。
利用するには会員登録が必要で、1,100円の年会費が必要になる。
しかし東京‐新大阪は13,620円になり、片道で1,100円安くなる。
片道1回分の利用で年会費のもとは取れるので、利用頻度の高い方にはおすすめ。
列車の発車4分前までチケットが購入できるのも魅力。

3.予約だけなら「スマートEX」は年会費無料

会費を払うほどではない、という場合は年会費無料の「スマートEX」。
東京-大阪の「のぞみ」が14,520円、「ひかり・こだま」14,200円になる。
指定席は200円引きで繁忙期には200円アップ、自由席は割引なし。
会員登録すればすぐに座席の予約ができる。
特別安くなる方法ではないが、確実に座席を確保したい方におすすめ。

ここまででご紹介したエクスプレス予約・スマートEXの料金は通常予約時の料金。
早特」で予約するとさらに安く新幹線に乗ることができる

 

東京-大阪は5つの「早特」予約でお得!


エクスプレス予約・スマートEXには「早特」という予約方法もある。
次に、通常料金よりも安くなる、東京-新大阪の「早特」をご紹介。

「のぞみ・ひかり」に乗れる早特きっぷ

「のぞみ・ひかり」を安く予約することができる2つの早特をご紹介。
東京-新大阪で利用できる早特とは?

EXのぞみファミリー早特

土休日限定でファミリーにも利用しやすい早特が「EXのぞみファミリー早特」。
3日前までの予約で2~6名で利用できる。
東京-新大阪の「のぞみ」が大人12,570円、子供6,280円。
通常切符より大人2,150円、子供1,070円安くなる。

EX早特21

21日前までの予約が必要な「EX早特21」。
「のぞみ」指定席限定で大人11,200円で、子供料金の設定はない。
東京-新大阪での通常料金と比べると3,520円安くなる。
確かにEX早特21は安いのだが、列車が限定されるので注意しておきたい。
利用できる「のぞみ」は朝6時台、昼11~15時台に出発する列車のみ。

EXグリーン早特

東京-新大阪で「のぞみ・ひかり」のグリーン車に乗れる「EXグリーン早特」。
3日前までの予約で、通常19,590円の「のぞみ」グリーン車が14,670円に。
EXグリーン早特なら「のぞみ・ひかり」グリーン車が4,890円安くなる。
乗車駅を朝6時台に出発する「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車が対象。

「こだま」限定で安い早特きっぷ

時間はかかるが料金が安くなる「こだま」。
東京・品川-新大阪で使える「こだま」限定の2つの早特はこちら。

EXこだまグリーン早特

こだまのグリーン車に安く乗るのであれば、「EXこだまグリーン早特」がおすすめ。
3日前までの予約が必要で、東京-大阪の「こだま」グリーン車は11,410円
グリーン車限定の早特で、子供料金や普通車指定席の設定はない。

EXこだまファミリー早特

東京-新大阪で、2人以上で料金が安くなるのが「EXこだまファミリー早特」。
3日前までの予約が必要で、「こだま」指定席のみ利用可。
東京-新大阪の料金は、片道大人10,080円、子供5,030円。

 

予約するならどれが安い?料金を比較!


東京-新大阪の新幹線チケットは、エクスプレス予約・スマートEXの早特も含め、いくつかの方法で新幹線を予約することができる。
では、グリーン車を除き、普通車指定席の新幹線の予約料金を一覧で比較してみよう!

比較は片道料金と、これを使って往復&1泊(8,000円)した時の合計料金。

往復方法 片道料金 往復+1泊合計
のぞみ指定席 14,720円 37,440円
スマートEX 14,520円 37,040円
エクスプレス予約 13,620円 35,240円
EXのぞみファミリー早特 12,570円 33,140円
EX早特21 11,200円 30,400円
EXこだまファミリー早特 10,080円 28,160円
新幹線パック(のぞみ) 実質10,800円 29,600円
新幹線パック(こだま) 実質9,200円 26,400円

※新幹線往復&1泊8,000円の合計料金を比較

片道料金だけなら、「のぞみ」で最も安いのは「EX早特21」。
「こだま」なら「EXこだまファミリー早特」が安い。

しかし、往復&1泊の合計で比較すると、最も安い「EXこだまファミリー早特」で乗るよりも新幹線ホテルパックで「のぞみ」に乗った方がお得感がある

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!