東京-大阪

【東京-大阪】「こだま」料金・時間&こだま限定の格安な方法

東京 大阪 こだま

 

東京-大阪で「こだま」なら安くなるのでは?とお考えの方へ!

ここでは、東京・品川-新大阪で「こだま」に安く乗る方法を全て紹介!
本当に「こだま」を利用するとお得なのか?

【東京-大阪】こだまに安く乗るには?
  • こだま通常料金は「のぞみ」より320円安い14,400円
  • 「こだま」限定で、指定席が安く乗れる方法は3つ。
  • 2人~は「EXこだまファミリー早特」が安く10,080円
  • 往復&宿泊するならのぞみ」新幹線ホテルパックの方が安い

「こだま」往復&宿泊はこれが安い
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

実質の「のぞみ」片道料金は9,900円と安く、「こだま」より1時間30分早い!

東京・品川-新大阪「こだま」の時間・料金

東京-新大阪で「こだま」に乗ると、所要時間はどれくらいなのか?
「こだま」の料金は?

「こだま」の所要時間・停車駅

東京-新大阪は「こだま」に乗ると、所要時間は片道約4時間
「こだま」は各駅に停車し、「のぞみ・ひかり」の通過を待つため時間がかかる。
これに対して、「のぞみ」は約2時間30分、「ひかり」は2時間50分~3時間。
途中に品川・名古屋・新横浜・京都しか停車しない「のぞみ」より、「こだま」は1時間30分時間がかかる

「こだま」の通常料金(指定・自由・グリーン車)

東京・品川-新大阪の「こだま」指定席料金は14,400円
「ひかり」指定席とは同額で、「のぞみ」指定席14,720円より320円安い。
そして、自由席は全列車同じで13,870円
グリーン車は19,270円で、これも1時間早い「ひかり」のグリーン車と同じ料金。

当然、通常料金で乗るなら、同じ料金の「ひかり」に乗った方がいい。
しかし、「こだま」には「こだま」限定の格安な方法がある!

東京-大阪で「こだま」に安く乗る方法3つ


東京-新大阪で、時間よりも料金重視なら、安くなるのは「こだま」。
「こだま」限定でさらに安くなる3つの方法をご紹介したい。

1.宿泊するなら「新幹線ホテルパック」が安い!

東京-新大阪を新幹線で往復&宿泊するなら、安いのは新幹線ホテルパック
例えば、東京から新幹線で新大阪に行き、大阪で1泊する旅行でパックを使うと…。
1泊8,000円のホテルに泊まるパックの料金は、「こだま」往復1泊2日で24,600円。
ここから宿泊費を引いて新幹線代を算出すると、片道料金は実質8,300円と格安!

「こだま」で宿泊&往復する新幹線の旅行なら、新幹線パックが最安値
なお、新幹線パックは「のぞみ」に乗っても、次にご紹介する2つの方法より安い!

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-大阪の往復&宿泊料金は、「のぞみ」でも1人約9,680円お得
「こだま」なら1人12,800円以上は安く、この区間の最安値
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

2.2人以上は「EXこだまファミリー早特」が安い

宿泊先を予約する必要がなく、2人以上で乗るなら「EXこだまファミリー早特」が安い。
東京-新大阪の新幹線「こだま」指定席の料金は1人10,080円
3日前まで予約することができ、子供料金の設定もある。
購入できるのはエクスプレス予約・スマートEXから。

3.1人なら「ぷらっとこだま」がお得

1人で「こだま」に乗る時に、料金を安くするなら「ぷらっとこだま」。
JR東海ツアーズの店頭では、1ヶ月前から前日までチケットの購入が可能。
東京-新大阪の「こだま」指定席が1ドリンク付きで10,700円
「EXこだまファミリー早特」より高いが、1人なら「ぷらっとこだま」が安い。

 

これらの「こだま」片道料金と、往復&1泊の料金を比較してみると…

新幹線往復&1泊8,000円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
こだま指定席 14,400円 36,800円
こだま自由席 13,870円 35,740円
ぷらっとこだま 10,700円 29,400円
EXこだまファミリー早特 10,080円 28,160円
新幹線パック(のぞみ) 実質9,900円 27,800円
新幹線パック(こだま) 実質8,300円 24,600円

「こだま」に安く乗る3つの方法の中で、最も安いのは「こだま」の新幹線パック
なお、他の3つ方法よりも「のぞみ」の新幹線パックが安い
「こだま」で往復するパックの方が安いが、「のぞみ」利用のパックでも十分に安い!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

「こだま」が安くない方法も…

東京-新大阪は「こだま」より「ひかり」の方が1時間早く到着する。
しかし、「ひかり・こだま」は、通常料金は同じ。
そして、ご紹介した3つ以外に4つの方法でも安くはなるが、料金は「ひかり」と同じ。
この4つの方法に関しては、「こだま」を利用するメリットはない。

スマートEX

東海道新幹線の座席をネットで予約できる「スマートEX」。
東京・品川-新大阪の料金は、「ひかり・こだま」指定席が通常期14,200円
このスマートEXでは、「ひかり・こだま」は同額なので、「ひかり」に乗った方がいい。

回数券

東京-大阪で使える指定席用回数券は、1枚あたり13,940円
回数券は指定席なら「のぞみ・ひかり」にも同じ料金で乗ることができる。
回数券を使って、時間がかかる「こだま」に乗る必要はない。

エクスプレス予約

「エクスプレス予約」は年会費1,100円で、東海道新幹線を割引価格で予約できる。
東京-新大阪は片道13,620円で、「のぞみ・ひかり」も同じ料金
料金が全く同じなので、早い「のぞみ・ひかり」に乗った方がお得。

学割

学生なら「学割」を使って新幹線に安く乗るという方法もある。
東京-大阪では14,400円の「こだま」指定席の通常料金が、「学割」で12,610円
確かに安くはなるが、この料金は「ひかり」と同じ
「ひかり・こだま」は通常料金も「学割」利用時の料金も同じ。
料金が同じなら、停車駅が少なく早く到着する「ひかり」に乗った方がいい。

この4つを利用するなら、「のぞみ・ひかり」の方が到着は1時間以上早い。
そして、往復&宿泊するなら、この4つ以上に新幹線パックで「のぞみ」に乗った方が安い!

 

「こだま」はグリーン車料金も安くなる


所要時間の長い「こだま」で快適に過ごすならグリーン車という選択肢も。
東京-新大阪「こだま」グリーン車の通常価格は19,270円。
この「こだま」グリーン車の料金も、「こだま」限定の4つの方法で安くなる

まず、「EXこだまファミリー早特」でグリーン車に乗ると、東京-新大阪は11,100円
次に、1人でも使える「EXこだまグリーン早特」は3日前までの予約で11,410円
また、「ぷらっとこだま」を利用すると、「こだま」グリーン車は12,200円

そして、新幹線パックでグリーン車を指定すると、さらに料金は安くなる

例えば、東京-新大阪で「こだまグリーン車」で往復し、1泊8,000円のホテルに泊まるパック料金は1泊2日で27,600円。
このパック料金から宿泊費を引いた「こだま」グリーン車料金は片道9,800円
他の3つよりもさらに安く、グリーン車も新幹線パックがお得

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

「こだま」自由席は安くならない?

東京-大阪に限らず、新幹線の通常料金は指定席より自由席の方が安い。
しかし、東京-大阪で自由席に乗るなら、「のぞみ・ひかり」の方がいい。
その理由は、自由席の料金は「のぞみ・ひかり・こだま」全て同じ
全て同じ価格なら、わざわざ時間のかかる「こだま」に乗るよりも、1時間以上早く移動できる「のぞみ・ひかり」の方がいい

 

東京-大阪で「こだま」に乗るメリット・デメリット


東京-新大阪で「こだま」を選ぶべき理由とは?
「こだま」に乗るメリット・デメリットのまとめ。

メリット

  • 値段が安くなる
  • 自由席が多い

「こだま」に乗るメリットは、チケット価格が安くなること。
上記でご紹介した「ぷらっとこだま」は10,700円なので、通常「のぞみ」14,720円より 4,020円も安くなる。

さらに「こだま」は自由席の比率が多いのも特徴。
「のぞみ」は1号車~3号車、「ひかり号」1号車~5号車が自由席。
「こだま」は1号車~7号車と13号車~15号車が自由席になっている。
自由席は自由な席に座ることもできるだけでなく、列車の発車時刻などの制約もない。

デメリット

  • 時間がかかる
  • 1時間に1本と本数が少ない
  • 新幹線パックなら「のぞみ」の方が安い

東京-新大阪の所要時間は「のぞみ」約2時間30分、「こだま」約4時間。
さらに「のぞみ」は1時間に5本以上の運行があるが、「こだま」は1時間に1本。
本数が少ないので、当然、列車の選択肢も少なくなってしまう。

さらに「のぞみ」新幹線パックの方が、通常「こだま」料金よりも安いという現実がある。
「こだま」通常料金は14,400円で、「のぞみ」新幹線パックは実質片道10,800円
新幹線に乗る方法によっては、これほど料金が変わる。

⇒東京-大阪の格安『新幹線パック』を探す!