東京-大阪

東京-大阪の新幹線「子供料金」を解説※子連れ旅行も安くなる?

東京 大阪 新幹線 子供料金

 

東京-大阪の新幹線は「子供料金」も安くなる!

東京-大阪の通常きっぷの子供料金は、のぞみ指定席7,350円、ひかり・こだま指定席7,190円、自由席は6,930円。
では、この子供料金と子連れ旅行はどうすれば安くなるのか?

【東京-大阪】子供料金⇒格安のポイント
  • 小学生の子どもは大人の半額、幼児は自由席なら無料。
  • 東京-大阪で子供料金が安くなる方法は4つ
  • 往復&宿泊の子連れ旅行は新幹線ホテルパックが安い

 

往復&宿泊するなら、子連れ旅行はこれが安い!
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』セットプラン

 

東京・品川-新大阪の子供料金と計算方法


基本的に小学生の子どもは新幹線には子供料金が必要になる。
では、東京-新大阪では子供料金はいくらなのか?新幹線の子供料金の計算方法とは?

指定席・自由席の子ども料金

東京-新大阪の「のぞみ」指定席通常料金は14,720円、「ひかり・こだま」14,400円。
子供料金は大人の半額で、「のぞみ」7,350円、「ひかり・こだま」7,190円
自由席は大人13,620円で子供は6,930円

のぞみ指定席 7,350円
ひかり・こだま指定席 7,190円
自由席 6,930円(乳幼児は無料)

これが、東京・品川-新大阪の通常きっぷの子供料金。

子供料金の計算方法は?

新幹線のチケットは、乗車券と特急券の両方が必要。
子供料金は大人の乗車券半額+大人の特急券半額という計算をする。
例えば、「のぞみ」指定席は半額運賃4,450円+半額特急券2,900円=7,350円。
乗車券・特急券それぞれ10円未満の端数は切り捨てて計算する。

では、東京-大阪では、この子供料金は安くなるのか?

東京-大阪で子供料金を安くする方法は4つ


少しでも交通費が安くなると嬉しい子連れの新幹線旅行。
東京-大阪では、子供料金を安くする方法が4つある

1.宿泊するなら「新幹線ホテルパック」が安い!

東京-大阪で宿泊をし新幹線で往復する場合、最も安いのは新幹線ホテルパック
例えば、東京から大阪へ行き、1泊5,100円のホテルに泊まるとする。
往復「のぞみ」利用のパック料金は、大人1人24,800円、子供1人15,100円。
大人2人、子供1人の3人家族なら合計64,700円
この時の新幹線「のぞみ」片道料金は大人9,850円子供5,000円と格安!

もし、通常きっぷで往復し同じホテルに泊まると、家族3人で合計88,880円かかる。
新幹線パックなら合計64,700円なので、3人で23,200円安くなる

また、往復「こだま」を利用するパック料金はさらに安くなる。
パック料金は、大人21,600円、子供13,500円で、3人の合計は56,700円。
この時、「こだま」の片道料金は大人8,250円子供4,200円と安い。

「のぞみ」も「こだま」も、宿泊&往復新幹線なら、新幹線パックが最安値

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
東京-大阪は「のぞみ」が片道大人約9,850円、子ども約5,000円と格安!

⇒大阪発-東京は「トーキョーブックマークプラン」がお得!

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

2.子供料金も「早割」で安くなる!

通常より早く申し込むことで新幹線チケットを安く購入できる「早割」。
普通車指定席で子供料金がある「早割」は次の2つ。

「のぞみ」は「EXのぞみファミリー早特」

「EXのぞみファミリー早特」なら、 土休日の「のぞみ」指定席料金が安くなる。
3日前までの予約が必要で、東京-新大阪の「のぞみ」は大人12,570円、こども6,280円
宿泊の予約の必要ない場合、「のぞみ」の料金は「EXのぞみファミリー早特」が安い。
なお、GW、お盆、年末年始などの期間中には利用できないので要注意。

「こだま」は「EXこだまファミリー早特」

2名以上で「こだま」に乗るなら、「EXこだまファミリー早特」。
3日前までの予約が必要で、東京‐新大阪は大人10,080円、こども5,030円
実家など宿泊がすでに決まっていて、宿泊の予約が不要な場合に最も安いのはこれ。
ただし、「こだま」の所要時間は片道4時間なので、家族旅行時には検討が必要。
同じくGW、お盆、年末年始などの期間中には利用できない。

3.エクスプレス予約なら帰省もお得!

年末年始・GW・お盆でもお得なチケットを購入したいなら「エクスプレス予約」。
年会費1,100円がかかるが、年間を通じて新幹線チケットを安く購入できる。
予約は乗車直前まで可能で、東京-新大阪は大人13,620円、子供6,800円
どんな混雑する時も料金は同じなので、帰省で利用する機会が多い方にはお得。

4.スマートEXで100円お得

スマートEXを利用すれば、子ども指定席チケットは片道100円安くなる。
東京-新大阪の子供料金は、「のぞみ」7,250円、「ひかり・こだま」7,090円
自由席のチケットも購入はできるが割引にはならない。

【参考】ぷらっとこだまは子供料金が高い!

「こだま」指定席限定で安くなる「ぷらっとこだま」。
安いイメージがあるが、子供料金は高い!
東京-新大阪の子供料金は7,400円なので、通常きっぷの料金より高い

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

子連れの家族旅行は安くなる?

新幹線を利用しての東京-新大阪での家族旅行は、どうしたら安くなるのか?
大人2人・子ども1人の3人家族を例に、往復&1泊料金で比較してみよう!

3人家族で東京-大阪を往復し、1泊1人5,100円で泊まる旅行の合計料金は?

往復方法 往復&1泊合計 差額
のぞみ指定席 88,880円 なし
スマートEX のぞみ指定席 87,880円 ▲1,000円
自由席 84,640円 ▲4,240円
エクスプレス予約 83,380円 ▲5,500円
EXのぞみファミリー早特 78,140円 ▲10,740円
EXこだまファミリー早特 65,680円 ▲23,200円
新幹線パック(のぞみ) 64,700円 24,180円
新幹線パック(こだま) 56,700円 ▲32,180円

3人の宿泊費用を15,300円で計算した、子供1人の家族3人の合計金額は上記の通り。
旅行費用だけを比較すれば「こだま」新幹線パックが最安値
しかし、子連れ旅行には、片道1時間30分早いのぞみ」の新幹線パックがおすすめ

もし子供が小学生ではなく幼児の場合、自由席は無料で乗ることができる。
自由席なら幼児は無料なので、かかるのは大人の自由席料金のみ。
仮に自由席で往復すると、自由席子供料金6,930円の往復13,860円分安くなる。
それでも、自由席に乗るより、「のぞみ」の新幹線パックで全員指定席に乗った方が安い

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

東京-大阪では小学生・乳幼児の料金は?

新幹線の「こども料金」が必要なのは、基本的には小学生のこと。
乳幼児であれば原則無料だが、場合によってはチケット代が必要なことも。
小学生の「こども料金」と乳幼児の料金の違いとは?

小学生の子どもの料金は?

小学生になれば、新幹線はどの座席でも子供料金が必要になる。
普通車指定席・自由席なら乗車券・特急券、共に大人の半額がこども料金となる。(グリーン車は半額ではないが子供料金が必要。)
東京-新大阪では、小学生は「のぞみ」7,350円、「ひかり・こだま」7,190円。
自由席のこども料金は6,930円。
この料金は、ご紹介した4つの方法で安くすることができる。

乳幼児の料金は?

1歳以上6歳未満の幼児、1歳未満の乳幼児は自由席に座れば切符は不要。
指定席も大人の膝の上など、座席を確保しなければ無料になる。
しかし、指定席の座席を確保すれば、小学生と同じ子供料金が必要。
また、幼児だけで新幹線に乗る場合や、大人・子どもに同伴される幼児が2人を超える場合(3人目から)には乳幼児でも子供料金が必要となる。
詳しくは⇒JR東海(きっぷのルール「おとなとこども」)

 

まとめ
  • 新幹線の普通車の子供料金は、大人の半額。
  • 自由席の場合、小学生は子供料金、乳幼児は無料が基本。
  • 東京-大阪で子供料金が安くなるのは4つの方法。
  • その中で、往復&宿泊の旅行は新幹線ホテルパックが安い!