東京-仙台

東京-仙台の新幹線で【早割】は使える?料金は安い?

東京 仙台 新幹線 早割

 

東京-仙台の新幹線で使える「早割」をお探しの方へ!

この区間では、早めに予約・購入すると、格安に新幹線に乗れる方法は4つ
いつからいつまで購入できるのか?料金はどれが安いのか?

お先にトクだ値 13日前の午前1時40分まで。30%または35%割引。
新幹線ホテルパック 3日前まで予約OK。往復+宿泊がセットで格安。
スーパーモバトク 前日23時40分まで。会員本人のみ利用可。
えきねっとトクだ値 当日午前1時40分まで。10%または15%割引。

この4つは、当日の乗車直前には購入することができない。
しかし、早めに予約・購入すると料金は格安

【結論】東京-仙台で安いのは?
  • 1人の時、「お先にトクだ値」が往復とも購入できれば一番安い!
  • 2人以上の往復&宿泊は、新幹線ホテルパックの方が安い!
  • 1人の時、お先にトクだ値が買えなければ新幹線パックが安い。

往復&宿泊するなら、東京-仙台で格安なのは…
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京-仙台の「早割」を料金比較!

東京-仙台で使える早割や新幹線ホテルパックの料金を比較!
片道料金・往復&宿泊料金が最も格安なのは?

片道料金で比較

東京-仙台で使える早割の料金を片道で比較すると…

  • 7,200円 お先にトクだ値35
  • 7,750円 お先にトクだ値30
  • 9,130円 スーパーモバトク
  • 9,420円 えきねっとトクだ値15
  • 9,970円 えきねっとトクだ値10

安いのは、お先にトクだ値⇒スーパーモバトク⇒トクだ値の順。
全て購入期間内に購入できれば、安いのはこの順。
(トクだ値・お先にトクだ値は繁忙期・閑散期は料金が変動)

往復&宿泊の合計で比較

片道料金だけを比較すると、安いのは「お先にトクだ値」。
しかし、往復&宿泊の合計料金で比較すると、その順位は変わる。

往復方法 片道料金 往復+1泊合計
はやぶさ通常料金 11,410円 29,820円
やまびこ通常料金 11,090円 29,180円
トクだ値10 9,970円 26,940円
スーパーモバトク 9,130円 25,260円
新幹線パック(1人) 実質8,100円 23,200円
お先にトクだ値30 7,750円 22,500円
新幹線パック(2人) 実質6,800円 20,600円

※東京-仙台の片道料金と、往復&1泊7,000円の合計料金を比較

特に、2人以上で往復&宿泊する場合、お先にトクだ値より新幹線ホテルパックが安い!
そして、1人で往復&宿泊する場合には、お先にトクだ値が購入できなければ、新幹線ホテルパックを利用するのが安い。

【東京-仙台】早割の購入方法と予約期限

東京-仙台で使える「早割」は、購入方法や予約期限が違う。
予約・購入かた使い方までを簡単にご紹介したい。

「お先にトクだ値」は13日前まで

東京-仙台では片道の新幹線料金が最も格安な「お先にトクだ値」。
購入できるのは、JR東日本が運営する「えきねっと」。
「お先にトクだ値」の購入には、「えきねっと」への会員登録が必要(年会費無料)。
会員登録すれば購入できるが、「お先にトクだ値」は購入期間が決まっており、乗車日1ヶ月前から13日前の午前1時40分まで。(さらに1週間前から申込みできる事前受付も可)

そして、空席があれば、その列車を予約し、登録したクレジットカードで決済。
ネットで予約したチケットは東京駅・仙台駅など利用できる券売機で発券する。
「お先にトクだ値」で予約した場合、それ以外の列車には乗ることができず、乗り遅れた場合には、料金券(特急券)部分は無効で、乗車券部分のみ当日に限って利用できる。

「お先にトクだ値」の料金は格安で、この東京-仙台間でも片道料金は最安値。
しかし、安いだけあってなかなか空席がないのが現実。
発売当日に購入しようと思っても、「普通車指定席は全列車満席」ということも珍しくはないので、「買えたらラッキー」と思っていた方がいいかもしれない。

このような現状があるので、東京-仙台の場合、他の方法も知っておきたい。

新幹線ホテルパックは3日前まで予約OK

  • 1人で新幹線に乗る時、「お先にトクだ値」が往復とも購入できない場合
  • 2人以上で往復&宿泊する場合

この2つの場合、東京-仙台ではお先にトクだ値より新幹線ホテルパックが安い

新幹線ホテルパックは、往復の新幹線とホテルを同時にネット予約すると格安。
3日前までネットで予約することができ、予約したチケットは指定した場所に届く。
自宅はもちろん、郵便局やコンビニでも新幹線チケットの受取りが可能。

東京-仙台の場合、往復に利用する列車は「やまびこ」が基本。
宿泊するホテルを選び、往復に利用する新幹線を選んで予約するだけ。
これだけで、料金は格安になり、当日に駅で切符を購入する必要もない。
原則、クレジットカード決済なので、当然、カードのポイントも貯まる。

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-仙台の往復&宿泊料金は1人約6,600円~9,200円安くなる
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

「スーパーモバトク」は前日まで購入OK

東北新幹線にチケットレスで乗れるモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」。
座席数・列車限定での販売で、通常予約「モバトク」より購入期限は早いが料金は格安。
購入にはモバイルSuicaへの登録と、決済用のクレジットカードが必要。
スーパーモバトクで新幹線が予約できるのは、1ヶ月前の10時から前日23時40分まで

この期間中に空席があれば格安料金で予約することができる。
ただし、スーパーモバトクは購入後には変更ができない点には注意しておきたい。

そして、モバイルSuica特急券は登録した会員本人しか利用ができず、同伴者がいても一緒に予約することはできないため、2人以上での利用は不可。

「えきねっとトクだ値」は当日1時40分まで

お先にトクだ値より購入期限は遅い「えきねっとトクだ値」。
購入期限は1ヶ月前から当日午前1時40分までで、事前受付も利用可。
「えきねっとトクだ値」は発売当日に全て完売することは少ないが、前日など直前の購入は困難なので、日程が決まれば早めに購入したい。

購入には「えきねっと」への会員登録が必要で、購入後は券売機や窓口で発券する。
お先にトクだ値と同じく、指定した列車の座席以外は利用できない。

 

東京-仙台「早割」の要点まとめ
  • 東京-仙台で早めに予約・購入すると安い方法は4つ。
  • そのうち、片道料金が最も安いのは「お先にトクだ値」。
  • 「お先にトクだ値」がない場合、1人ならスーパーモバトク、2人以上なら「トクだ値」。
  • 2人で往復&宿泊する場合、お先にトクだ値より新幹線ホテルパックが安い。