名古屋-福岡

【名古屋-博多】新幹線「往復割引」料金※もっと安い往復方法は?

名古屋 博多 新幹線 往復割引

 

名古屋-博多で「往復割引」の利用をお考えの方へ!

このページでは、新幹線の往復割引料金や購入方法などを解説。
そして、往復割引よりもっと格安な往復方法をご紹介!

 

【名古屋-博多】往復割引のポイント
  • 名古屋-博多では、往復分の乗車券購入で往復割引が適用
  • 割引は乗車券の1割のみで、片道1,140円、往復2,280円お得
  • 往復割引で「のぞみ」指定席片道17,750円、自由席16,690円
  • 「指定席」では往復割引より安い往復方法が5つある
  • 往復&宿泊するなら、新幹線パックが最も安い!

まずは、名古屋-博多の新幹線の往復料金を確認!

(参考)名古屋-博多の新幹線往復料金一覧
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
往復割引のぞみ指定席 17,750円 35,500円
EX予約(往復割引) 15,620円 31,240円
EX早特(土休日) 14,260円 28,520円
EX早特21 13,240円 26,480円
新幹線パック(1人) セットに含む 12,200円
新幹線パック(2人) セットに含む 10,200円

※新幹線往復&1泊7,600円の合計料金を比較

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
名古屋-博多の往復&宿泊料金は1人約12,980円~15,260円以上お得
「のぞみ」指定席の片道料金は、実質10,200円~12,200円と格安。
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

名古屋-博多の「往復割引」料金は?

往復割引とは、片道601キロ以上の区間で利用できるJRの割引のこと。
往復同一区間の乗車券を同時に購入することで、往復割引が適用される。
名古屋‐博多は808.9キロなので、往復割引が適用される区間。
では、往復割引を利用した時の料金は?

「指定席」の往復割引料金

名古屋‐博多の「のぞみ」指定席通常料金は18,890円。
この通常料金には、乗車券と特急券が含まれるが、往復割引は乗車券のみが割引になる。
往復割引では特急券は割引の対象外。
往復分の乗車券を同時に購入すると、乗車券11,330円が1割引で9,990円。
往復割引利用時の「のぞみ」指定席の料金は片道17,750円
そして、繁忙期は200円アップの17,950円、閑散期は17,550円。

「自由席」の往復割引料金

名古屋‐博多で新幹線は自由席に乗ると、通常料金で17,830円。
同じく往復分の乗車券を同時に購入すると、乗車券が1割引になる。
往復割引で自由席に乗ると片道料金は16,690円で、時期によっても変わることはない。

割引額は片道・往復でいくら?

名古屋‐福岡で「のぞみ」指定席通常料金は18,890円、往復割引で17,750円。
自由席は通常料金17,830円が往復割引で16,690円に。
指定席・自由席とも往復割引で安くなるのは、片道1,140円、往復で2,280円

 

そして、名古屋‐博多では、往復割引より安く新幹線に乗る方法が5つある
その5つの方法について詳しくご紹介したい。

名古屋-博多で往復割引より格安な方法5つ

名古屋‐福岡では、往復割引で新幹線に乗ると、片道1,140円、往復で2,280円お得!
しかし、それよりも以下の5つの方法で往復した方が安い!

1.スマートEX「往復割引」で往復400円お得

東海道・山陽新幹線のチケットをネット予約することができる「スマートEX」。
スマートEXは年会費が無料で、登録後すぐに列車の予約が可能。
往復分を同時予約する「スマートEXサービス(往復割引)」は往復割引乗車券よりお得。
これで指定席は17,550円になり、往復割引乗車券より片道200円、往復400円安い。
当日に予約しても安くなるが、自由席は割引にはならない。
そして、指定席料金は繁忙期・閑散期には通常料金に合わせて増減する。

2.指定席は回数券の方がお得

名古屋‐博多では回数券を利用しても安くなる。
指定席回数券の料金は1枚あたり17,010円なので、往復割引の17,750円より安い。
回数券を利用すると、名古屋‐博多では通常料金より片道1,880円、往復3,760円お得。
ただし、自由席に乗るなら回数券よりも往復割引(16,690円)の方が安い。
また、回数券は金券ショップで1枚から購入できるが、価格は往復割引と同じくらい。
なお、回数券は年末年始・GW・お盆は使えないので注意したい。

3.エクスプレス予約の往復割引でお得!

「エクスプレス予約」とは、東海道・山陽新幹線の会員制新幹線割引予約サービス。
年会費1,100円がかかるが年中割引料金で、新幹線料金はスマートEXよりお得!
片道ずつの予約でも16,960円なので往復割引よりはお得。
さらに、往復分を「EX予約サービス(往復割引)」で予約すると安く片道15,620円
エクスプレス予約で往復割引を利用すると、片道3,270円、往復6,540円お得。

4.「早割」の往復はさらに安い!

名古屋‐博多では早割で新幹線に乗るとお得!(詳しくは⇒名古屋‐博多の早割)
この区間で使えるのは、「EX早特21」「EX早特」の2つ。
いずれも、エクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入できる。
「早割」だけの利用が目的なら、年会費0円のスマートEX会員がお得。

21日前までは「EX早特21」が安い

「のぞみ」指定席は21日前までに「EX早特21」で予約すると安い。
列車が朝6時台と11~15時台出発に限定されるが、名古屋-博多は13,240円と格安。
通常料金18,890円と比較すると、片道5,650円、往復11,300円お得。
当然、往復割引より安いが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

3日前までは「EX早特」が安い

「EX早特」で「のぞみ」指定席・グリーン車を3日前までに予約すると安い。
名古屋‐博多の指定席料金は、平日14,460円、土休日14,260円
通常料金と比較すると、平日なら往復8,860円、土休日なら9,260円お得。
当然、「EX早特」で往復した方が往復割引より安いが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

もし、早割を片道しか利用できない場合は?
往復割引での往復は17,750円×2=35,500円
EX早特21(13,240円)+スマートEX(18,690円)=31,930円
EX早特(平日14,460円)+スマートEX(18,690円)=33,150円
片道でも早割が利用できれば、往復割引での往復より安い。

 

5.往復&宿泊なら「新幹線パック」が絶対安い!

名古屋‐福岡を往復割引を使って新幹線で往復すると35,500円。
それに、1泊7,600円のホテルで宿泊すると、往復&1泊の合計は43,100円かかる。
ところが、これを新幹線パックで予約すると、往復&1泊で1人32,000円。
2人で利用するパックはさらに安く1人28,000円。
「のぞみ」指定席料金は、1人なら実質12,200円、2人利用時は10,200と安い!
新幹線パックで予約すると、1人12,980円、2人なら合計15,260円お得!

そして、これまでご紹介した他のチケットと「往復&1泊」で比較すると…

名古屋‐福岡 往復+1泊7,600円の合計料金比較
往復方法 往復+1泊7,600円 通常料金との差額
のぞみ指定席 45,380円 なし
往復割引のぞみ指定席 43,100円 ▲2,280円
回数券 41,620円 ▲3,760円
EX予約(往復割引) 38,840円 ▲6,540円
EX早特(平日) 36,520円 ▲8,860円
EX早特(土休日) 36,120円 ▲9,260円
EX早特21 34,080円 ▲11,300円
新幹線パック(1人) 32,000円 12,980円
新幹線パック(2人) 28,000円 15,260円

名古屋‐博多では往復割引で確かに新幹線料金は安くなる。
しかし、これより安いチケットが使える時、往復割引を利用するのは損。
ご紹介した通り、往復割引より早割や新幹線ホテルパックの方が安い。
特に、往復&宿泊するなら、間違いなく新幹線ホテルパックが格安

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

名古屋-博多では「のぞみ」指定席が約10,200円~12,200円と格安!
これを2人で利用すると、往復&宿泊で合計34,000円以上安くなる
出発3日前までに予約すれば、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多く、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

【参考】往復割引のきっぷ購入方法・使い方・期間

名古屋‐博多で往復割引を利用するには、どのようにきっぷを買って使えばいいのか?

購入は窓口・券売機・ネット

往復割引は往復分の乗車券を同時に購入しなければならない。
名古屋‐博多では乗車券を往復分を買えば、駅の窓口でも券売機でも割引になる。
この時、特急券は割引対象外なので、必ずしも往復分を購入する必要はない。
行きの特急券だけを同時に買い、帰りの特急券は帰りに買っても問題はない。

使い方は他のチケットと同じ

往復割引のチケットも通常きっぷと使い方は同じ。
購入時に往復の乗車券を先に購入しているだけで、乗車券・特急券の使い方は変わらない。
2枚一緒に改札へ通し、特急券で指定されている座席に乗る。(自由席の場合は自由席へ)
そして、エクスプレス予約・スマートEXの場合、1人ならIC乗車も利用でき、2人以上なら専用券売機できっぷを発券して乗車する。

有効期間は片道きっぷの2倍

乗車券の有効期間は距離によって決められている。
そして、往復乗車券の有効期間は、原則は片道乗車券の2倍。
名古屋-博多は808.9キロで、乗車券の有効期間は6日間。
往復乗車券の有効期間は、その2倍の12日間。

 

まとめ
  • 名古屋-博多では、往復割引で乗車券は1割引になる。
  • 割引額は指定席・自由席・グリーン車とも往復で2,280円。
  • この区間では、往復割引より安い方法は5つ。
  • その中でも、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが安い!