名古屋-福岡

【名古屋-福岡(博多)】回数券・金券ショップの新幹線チケットはお得?

名古屋 福岡 新幹線 回数券

 

名古屋-博多で、回数券・金券ショップのチケットをお考えの方へ!

名古屋-博多でも、回数券で新幹線には割引料金で乗ることができる。
そして、金券ショップへ行けば、回数券は1枚から購入可能。

では、この回数券や金券ショップの格安チケットは本当にお得なのか
名古屋-博多では、もっと安く新幹線に乗る方法はないのか?

【名古屋-福岡】回数券・格安チケットのポイント
  • 回数券は1枚17,010円、格安チケットは17,500円くらい。
  • 回数券の有効期間は3ヶ月で、年末年始等は利用不可。
  • 名古屋-博多では、回数券より安い往復方法が4つある
  • その中でも、特に、往復・宿泊するなら新幹線パックが安い

回数券や金券ショップの格安チケットで安くなるのは往復3,700円程度。
しかし、新幹線ホテルパックなら往復で1人13,000円~17,000円お得

往復&宿泊するなら、回数券よりこれが安い
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

名古屋-福岡の回数券・新幹線格安チケット料金は?

まずは、回数券や金券ショップの格安チケットの価格を確認しておきたい。
名古屋-福岡で新幹線の回数券を購入すると、1枚あたりの価格は?
そして、回数券を金券ショップで購入するといくらなのか?

回数券の料金

名古屋-福岡で使える回数券は、普通車指定席用のみ。
普通車指定席用は6枚で102,060円なので、1枚の価格は17,010円
のぞみ指定席通常料金と比較すると、回数券は片道1,880円お得。
これで、名古屋(市内)-博多(市内)のJR在来線も含めて利用することができる。

座席 通常料金 回数券1枚 差額
普通車指定席 18,890円 17,010円 ▲1,880円

金券ショップの格安チケットの料金

名古屋・福岡市内の金券ショップでは、名古屋-博多の新幹線チケットを販売している。
この金券ショップの新幹線チケットは、基本的には回数券で、1枚から購入が可能。
販売価格は、回数券より高く、通常料金より安いというのが一般的
名古屋-博多では、回数券が1枚17,010円なので、1枚17,300円~17,600円くらい
販売価格は店舗によって違うが、通常料金より新幹線に安く乗ることができる。

ところが、この回数券や金券ショップのチケットよりも安い方法がある

名古屋-博多で回数券・格安チケットより安い方法4つ

ご紹介した通り、名古屋-博多で回数券を利用すれば、片道料金は1,880円安くなる。
しかし、この区間には、回数券や金券ショップの格安チケットより安い方法が4つある

1.往復&宿泊なら「新幹線ホテルパック」が安い!

名古屋-博多を新幹線で往復し、宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い
回数券では往復3,760円しか安くならないが、新幹線ホテルパックなら1人13,000円~17,000円以上安くなる

例えば、名古屋から博多へ行き1泊7,600円のホテルに泊まると、1人45,380円かかる。
ところが、これをパックで予約すると32,000円なので、1人13,380円お得
そして、パックは2人以上で利用すると1人28,000円なので、1人17,380円お得
宿泊代を引いた、新幹線「のぞみ」片道料金は実質10,200円~12,200円と格安!
往復&宿泊の合計料金が、これより安くなる方法はない。

 

新幹線往復&1泊7,600円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
のぞみ指定席通常 18,890 45,380円
回数券 17,010 41,620円
EX予約サービス往復割引 15,620 38,840円
EX早特(土休日) 14,260 36,120円
EX早特21 13,240 34,080円
新幹線パック(1人) 実質12,200円 32,000円
新幹線パック(2人) 実質10,200円 28,000円

回数券や金券ショップのチケットより安く、「早割」より安いのが新幹線パック!

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
のぞみ指定席は実質約10,200円~12,200円で、当然、回数券より安い。
名古屋-博多の往復&宿泊料金は1人約13,380円、2人で34,760円お得
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

2.片道料金は回数券より「早割」が安い!

宿泊しない場合や、片道しか新幹線を利用しない場合、新幹線パックは使えない。
このような時には、早割=「早特」を利用した方が回数券より安く新幹線に乗れる。
「早特きっぷ」が購入できるのは、エクスプレス予約・スマートEX会員。
そして、名古屋-博多の「のぞみ」指定席で利用できる「早特」は次の2つ。

EX早特21

新幹線パックを除けば、名古屋-博多で片道料金が最も安いのは「EX早特21」。
乗車日の21日前までの予約が条件で、「のぞみ」普通車指定席が安くなる。
列車は乗車駅を朝6時台、昼11時~15時台に出発する「のぞみ」限定。
「EX早特21」では13,240円と通常料金より片道5,650円安く、当然、回数券より安い。
ただし、年末年始・GW・お盆など、利用できない期間がある。

EX早特

「EX早特21」が利用できなくても、3日前までなら「EX早特」を使うと安い。
平日と土休日で料金が違い、名古屋-博多は平日14,460円、土休日14,260円
通常料金と比べると、平日で片道4,430円安く、土休日なら片道4,630円お得。
空席があれば、3日前まで予約することができ、子供料金やグリーン車の設定もある。
ただし、年末年始・GW・お盆など、利用できない期間がある。

3.エクスプレス予約の往復の方が安い!

東海道・山陽新幹線に割引料金で乗れる、ネット予約サービス「エクスプレス予約」。
名古屋-博多では、回数券よりエクスプレス予約の料金の方が安い
エクスプレス予約を利用すると、指定席・自由席とも料金は16,960円
のぞみ指定席通常きっぷの18,890円よりも、片道1,930円、往復3,860円安い。
さらに、往復分を同時予約する「EX予約サービス往復割引」は片道15,620円
通常料金より片道3,270円安く、回数券より1,390円安い。
そして、年末年始・GW・お盆も料金は変わらず、6人分までの予約が可能。
エクスプレス予約の会員の方は、回数券・新幹線格安チケットを利用する理由はない。

4.学生は回数券より「学割」の方が安い!

学生であれば、新幹線には学割で乗ることができ、乗車券が2割引になる。
名古屋-博多で学割を使うと、「のぞみ」指定席16,620円、自由席15,560円
学割だけでも回数券(17,010円)より安いが、往復割引の適用でさらに安くなる。
往復分の乗車券を同時に購入すると、指定席は15,710円、自由席は14,650円
学生の場合、回数券よりも学割・往復割引の利用がお得。

なお、学生であっても、往復&宿泊するなら新幹線ホテルパックの方が安い

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

回数券の購入方法・使い方・注意点

では、次に、回数券はどこでどのように購入し、どのように使えばいいのかを解説!

回数券の購入場所・使い方

新幹線の回数券を購入できるのは、駅の窓口や扱っている旅行会社。
駅の窓口等で購入するなら、クレジットカードでの決済も可能。
購入した回数券を持って駅の窓口や券売機で、列車と座席を指定する手続きを行う。
座席を指定すると、チケットが発券されるので、それを一緒に改札へ通せば、指定席やグリーン車に乗ることができる。

「回数券」購入前の注意点

回数券には、通常のきっぷとは違うルールがあり、有効期間と除外日には注意したい。
まず、回数券には、購入してから3ヶ月の有効期間がある。
回数券はこの期間中に6枚全部を使う必要があり、それ以降は利用できない。
そして、回数券には使えない時期があるので注意したい。
利用できないのは、年末年始・GW・お盆の期間中。
このように、回数券には通常きっぷと違うルールがあるので確認しておきたい。

金券ショップの格安チケットの購入方法・使い方

金券ショップの新幹線格安チケットは、出発地の店舗で購入することができる。
名古屋-博多のチケットは、名古屋市内や福岡市内の店舗で購入する。

金券ショップでは誰でも購入できるが、現金払いが原則で、クレジットカードは利用不可。
購入した新幹線格安チケットの使い方は、基本的には回数券と同じ。
駅の窓口や券売機で座席指定手続きを行い、指定した列車に乗車する。
そして、有効期間もあり、年末年始・GW・お盆は利用できない。

要点まとめ
  • 回数券は1枚17,010円、金券ショップで17,300円~17,600円くらい。
  • 名古屋-博多では回数券より安い方法が4つある。
  • その中でも、往復&宿泊なら新幹線パックが安い。