横浜-大阪

新横浜-新大阪「こだま」料金※こだま限定で格安な方法3つ!

新横浜 新大阪 こだま

 

新横浜-新大阪では「こだま」に乗ると安い方法が3つ!

しかし、確かに「こだま」には安く乗れるが、「のぞみ」の方が安い場合も!

【横浜-大阪】こだま料金のポイント
  • 新横浜-新大阪は、指定席14,070円、自由席13,540円
  • 「こだま」料金は、特に3つの方法で安くなる!
  • そして、往復&宿泊なら、新幹線パックが最も安い

 

新横浜-新大阪で「こだま」に特に格安に乗る方法は3つ。

ぷらっとこだま 片道3,470円お得。1人利用OK。
EXこだまファミリー早特 片道4,090円お得。2人以上で利用可。
新幹線パック 往復で約12,340円お得

往復&宿泊するなら、新幹線パックが安い!
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

新横浜-新大阪で「こだま」を利用すると…

まずは、新横浜-新大阪の「こだま」について確認しておきたい。

新横浜-新大阪は、「のぞみ・ひかり・こだま」の全列車が利用できる。
3つの列車の違いと、「こだま」の所要時間・停車駅・料金は?

所要時間・停車駅・列車の本数

新横浜-新大阪で、最も時間が早いのは「のぞみ」の約2時間10分~20分。
「ひかり」は2時間35分前後、「こだま」は約3時間30分~40分
「こだま」と「のぞみ」では所要時間の差は1時間以上。
「のぞみ」は名古屋・京都以外の駅には停車しないが、「こだま」は各駅に停車する。

そして、列車の本数も大きく違い、「こだま」は1時間に約1本。
「のぞみ」は少ない時間帯でも4本、多い時間帯は7~8本の運行がある。

「のぞみ」が停車する新横浜-新大阪の移動に便利なのは「のぞみ」。
しかし、「こだま」には料金が安くなるというメリットがある。

「こだま」の通常料金

新横浜-新大阪の「こだま」の指定席通常料金は14,070円
この料金は「ひかり」と同額で、「のぞみ」よりは320円安い。
そして、自由席は13,540円で乗れるが、のぞみ・ひかりの自由席も同額。

この差額で、所要時間に1時間の差があっては、あまり「こだま」に乗るメリットはない。
しかし、「こだま」の料金は、これ以上に安くなるというメリットがある!

新横浜-新大阪「こだま」限定の格安な方法3つ

新横浜-新大阪では、特に3つの方法で「こだま」指定席に安く乗れる。
まずは、この3つの片道・往復料金を確認しておこう。

往復方法 片道 往復
ぷらっとこだま 10,600円 21,200円
EXこだまファミリー早特 9,980円 19,960円
新幹線パック 7,900円 16,800円

では、この3つの方法について詳しくご紹介したい!

1.「ぷらっとこだま」が安い!

東海道新幹線「こだま」は「ぷらっとこだま」で安く乗れる。
新横浜ー新大阪の通常期の料金は、指定席が10,600円、グリーン車でも12,100円。
JR東海ツアーズ・JTBの店頭で前日まで、ネットで5日前まで、1人でも購入可能。
事前にチケットが購入できるなら「ぷらっとこだま」はお得。
ただし、2人以上なら、次に紹介する「EXこだまファミリー早特」が安い。

2.「EXこだまファミリー早特」は2人以上でお得!

エクスプレス予約・スマートEXで「こだま」を予約するならこれが安い。
EXこだまファミリー早特」は、2人以上で3日前まで予約が可能。
新横浜-新大阪は、指定席が9,980円で、「こだま」片道料金としては最安値。
まだ、会員になっていない方も、スマートEXなら、登録後すぐに購入が可能。

3.宿泊するなら「新幹線パック」が安い!

横浜-大阪を往復し宿泊する場合、安いのは新幹線パック
「のぞみ・ひかり」でも安いが、「こだま」で往復するパックは特に安い
例えば、横浜から大阪へ行き1泊8,000円のホテルのパックは、往復&1泊23,800円。
ここから宿泊費を引いた「こだま」片道料金は7,900円
通常きっぷでの往復&1泊料金36,140円と比較すると、1人12,340円お得
往復グリーン車を利用しても「こだま」なら片道9,400円と格安!
3日前までに予約すると、チケットは指定場所に送ってくれる。

新幹線パックで「のぞみ」を利用した場合、往復&1泊27,000円。
この時の「のぞみ」片道料金は9,500円なので、「ぷらっとこだま」や「EXこだまファミリー早特」で「こだま」に乗るより格安

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
横浜-大阪の「こだま」往復&宿泊料金は1人約12,340円お得
「のぞみ」パックも、ぷらっとこだま・早特より安い!
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

「ひかり」と同額!メリットがないのはこの4つ

新横浜-新大阪で「こだま」の料金が特に安いのは以上の3つ。

これ以外に、「こだまも安くなる」方法が4つある。
しかし、以下の4つは片道約2時間30分の「ひかり」も同額なので、あえて3時間30分以上かかる「こだま」に乗る必要はない。

スマートEXで200円割引

スマートEXで「こだま」を予約すると、通常きっぷより200円安い。
新横浜-新大阪は「こだま」指定席の通常料金が14,070円、スマートEXは13,870円
これと同じ料金で「ひかり」にも乗れるので、「こだま」に乗る必要はない。

回数券は全列車料金は同じ

横浜-大阪では、指定席回数券を利用することもできる。
回数券は6枚セットだが、1枚の料金は13,540円と「こだま」も530円お得。
しかし、この回数券で「のぞみ・ひかり」の指定席に乗ることもできる。
回数券で「こだま」に乗る理由はない。

エクスプレス予約は「のぞみ」も同額

エクスプレス予約で「こだま」を予約すると、新横浜-新大阪は13,290円
確かに通常きっぷ14,070円と比べると780円安くなる。
しかし、エクスプレス予約の場合は、同じ料金で「のぞみ・ひかり」に乗れる。
通常予約の場合、エクスプレス予約で「こだま」に乗るメリットはない。
ただし、「EXこだまファミリー早特」を利用するなら話は別。

学割でも「こだま」にメリットはない!

学割を使うと、乗車券が2割引になり、「こだま」の料金も安くなる。
新横浜-新大阪で学割を使うと、「こだま」指定席は12,350円
しかし、これと同じ料金で「ひかり」に乗れるのであまりメリットはない。
自由席も学割で安くなり11,820円だが、「のぞみ」自由席も同じ料金。

「こだま」グリーン車も安くなる!

新横浜-新大阪では、「こだま」のグリーン車にも安く乗ることができる。
特に安いのは、ぷらっとこだま・EXこだまグリーン早特・新幹線ホテルパックの3つ。

往復方法 片道 往復
ぷらっとこだま 12,100円 24,200円
EXこだまグリーン早特 11,310円 22,620円
新幹線パック 10,300円 20,600円

「ぷらっとこだま」は、基本的に条件も指定席と同じ。
EXこだまグリーン早特」も、3日前までの予約が必要だが、1人でも利用できる。

 

横浜-大阪で「ぷらっとこだま」はお得か?

東海道新幹線の「こだま」が格安に乗れることで知られる「ぷらっとこだま」。
安いのは間違いないが、横浜-大阪で料金を比べると一番安いわけではない
では、「ぷらっとこだま」はどんな時に利用するとお得なのか?

宿泊なし・1人で「こだま」なら一番安い

「こだま」で往復&宿泊する場合、横浜-大阪は新幹線パックが一番安い。
宿泊しない場合、2人以上であれば「EXこだまファミリー早特」が一番安い。
しかし、この2つが利用できない「1人×宿泊なし」の場合は「ぷらっとこだま」が安い。
日帰りでの往復でも、実家への帰省など宿泊先が決まっている場合などはお得!

前日・2日前の購入なら「ぷらっとこだま」は最安値

「こだま」指定席が最も安い新幹線ホテルパックの予約は、出発の3日前まで。
「EXこだまファミリー早特」の予約期限も3日前まで。
この期限を過ぎた場合、横浜-大阪で最も安いのは「ぷらっとこだま」。
ネットでは5日前までしか予約できないが、JR東海ツアーズなどの店頭で前日購入も可。
出発前日~2日前なら「ぷらっとこだま」を購入するとお得。
ただし、「ぷらっとこだま」は当日には購入できないので注意が必要。

 

まとめ
  • 新横浜-新大阪では「こだま」は3つの方法が安い!
  • グリーン車も3つの方法で安くなる。
  • 往復&宿泊するなら、新幹線パックが最も安い!