東京-名古屋

往復割引がない!新幹線【東京-名古屋】格安な往復方法は?

東京 名古屋 新幹線 往復割引

 

これから東京-名古屋を新幹線で往復する方へ!

JR・新幹線で「往復割引」が使えるのは、片道601キロ以上の区間。
しかし、東京-名古屋は366.0キロで、往復割引の適用はない

では、他に新幹線で格安に往復するには、どんな方法があるのか?
往復割引の代わりに、この区間で使える格安な往復方法をご紹介したい!

【東京-名古屋】格安な往復方法まとめ
  • 東京-名古屋は、往復割引の適用区間ではない
  • 往復料金は、宿泊しないなら「片道の早割」×往復が安い。
  • 往復&宿泊するなら新幹線パック最も格安

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-名古屋では「のぞみ」指定席片道11,300円が約8,100円に!
往復&宿泊料金は1人約6,400円、2人で12,800円安くなる
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

東京・品川-名古屋は往復割引は適用なし!

新幹線の往復割引は、往復分の乗車券を同時購入することで、乗車券が1割引きになる。
移動距離が601キロ以上の区間で適用され、年末年始などにも利用できる。
しかし、東京・品川‐名古屋は366.0キロしかないので、往復割引を使うことができない
では、往復割引が使えない、東京・品川‐名古屋を格安に往復する方法とは

東京-名古屋の格安な新幹線「往復方法」は?

東京・品川‐名古屋では往復割引は使えないが、新幹線料金を安くする方法はある。
しかし、往復新幹線のみを安くしたい場合、往復&宿泊で安くしたい場合で方法が違う。

往復&宿泊は絶対に「新幹線パック」が安い!

東京-名古屋を新幹線で往復し宿泊するなら、絶対に安いのは新幹線ホテルパック
例えば、1泊7,500円のホテル&「のぞみ」指定席で往復するパック料金は1人23,700円。
ここから宿泊費を引くと、「のぞみ」片道料金は実質8,100円と格安。
通常きっぷで往復&1泊した料金30,100円よりも、新幹線パックは1人6,400円お得!
(新幹線パックでは「ひかり」は「のぞみ」と同じ料金。)

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

「こだま」なら往復料金もお得!

東京‐名古屋は、「こだま」で往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが安い!
例えば、1泊7,500円のホテルを利用するパックは1泊2日で21,500円。
ここから宿泊費を引いた、実質の「こだま」指定席料金は片道7,000円と格安!
このパックを利用すると、「のぞみ」通常料金の往復時より1人8,600円お得

そして、新幹線パックでは以外では、「こだま」は以下の方法が安い。

ぷらっとこだま

ぷらっとこだま」は1人からでも利用が可能な「こだま」限定チケット。
ネットで5日前、店頭で前日まで購入することができ、東京-名古屋は指定席が8,500円
片道利用が可能なので、宿泊予定がないときや、片道のみの利用時にお得に。
年末年始・GW・お盆など繁忙期には料金がアップし9,700円。

EXこだまファミリー早特

そして、「EXこだまファミリー早特」は、スマートEX・エクスプレス予約会員限定。
2人以上での利用が条件で、3日前までに予約すると東京‐名古屋の「こだま」指定席は大人8,050円、子供4,020円。
「こだま」の片道料金としては、「EXこだまファミリー早特」が最安値。

「のぞみ」片道料金が安い2つの「早割」

東京・品川‐名古屋は「のぞみ」で往復&宿泊するなら新幹線ホテルパックが安い
しかし、片道のみの利用や宿泊の必要がない場合には、新幹線パックが利用できない。
そのような時、東京・品川‐名古屋では「のぞみ」の片道料金は以下の方法で安くなる。

EX早特21

EX早特21」はエクスプレス予約・スマートEX会員のみ予約・購入が可能。
21日前までの予約で、「のぞみ」指定席は東京‐名古屋では最安値の8,960円。
ただし、利用できる列車が朝6時台と11~15時台出発の「のぞみ」限定。
通常料金と比較すると、片道2,340円安くなるが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

EXのぞみファミリー早特

エクスプレス予約・スマートEX会員限定の「EXのぞみファミリー早特」。
2人以上で3日前までの予約で、土休日の「のぞみ」のみ利用できる。
東京-名古屋の指定席料金は大人9,950円なので、通常きっぷとの差額は1,350円。
子供料金は4,970円で、年末年始・GW・お盆は利用不可。

学生なら学割での往復もお得!

中学生以上の学生なら、「学割」を使うと、新幹線も乗車券が2割引きになる。
東京‐名古屋は、のぞみ指定席10,020円、ひかり・こだま9,810円、自由席9,280円。
指定席料金は繁忙期・閑散期の変動はあるものの、年中利用が可能。
また、エクスプレス予約会員なら「e特急券」と学割を利用するさらにお得。

ネット予約「エクスプレス予約・スマートEX」でお得

新幹線をネット予約できる「エクスプレス予約・スマートEX」も片道料金が割引に。
エクスプレス予約」は年会費1,100円で、会員登録が必要だが新幹線料金は安くなる。
当日でも予約可能で、東京‐名古屋は指定席・自由席とも10,310円
「のぞみ」指定席料金より片道で990円安く、年末年始・GW・お盆も同じ料金。

スマートEX」は無料で会員登録をすれば、指定席は片道200円、往復400円割引に。
通常予約で、東京‐名古屋の「のぞみ」指定席が11,100円、「ひかり・こだま」指定席は10,890円、自由席に割引はなく10,560円

 

このように、東京・品川-名古屋でも、新幹線の往復料金はいくつかの方法で安くなる。
では、これらのチケットの片道・往復料金を比較すると?

東京-名古屋の新幹線「往復料金」を比較

東京‐名古屋では往復割引は使えないが、料金を安くする方法はいくつかあった。
まずは、この区間で利用できる「のぞみ・ひかり・こだま」の片道・往復料金だけを比較。

往復方法 片道 往復
のぞみ指定席通常料金 11,300円 22,600円
のぞみスマートEX 指定席 11,100円 22,200円
ひかり・こだま指定席通常料金 11,090円 22,180円
ひかり・こだまスマートEX 指定席 10,890円 21,780円
自由席 10,560円 21,120円
回数券 10,550円 21,100円
エクスプレス予約 10,310円 20,620円
学割指定席 10,020円 20,040円
EXのぞみファミリー早特 9,950円 19,900円
学割ひかり・こだま指定席 9,810円 19,620円
学割自由席 9,280円 18,560円
学割+e特急券 9,230円 18,460円
EX早特21 8,960円 17,920円
ぷらっとこだま 8,500円 17,000円
EXこだまファミリー早特 8,050円 16,100円

東京‐名古屋の片道・往復の料金は以上の通り。
特に安い「ぷらっとこだま」と「EXこだまファミリー早特」は「こだま」限定。
「のぞみ」は「EX早特21」や「EXのぞみファミリー早特」で安くなる。

この通り、片道・往復のチケット料金を比較するのは簡単。
しかし、宿泊する場合、新幹線ホテルパックという格安な方法を利用することができる
そして、往復&宿泊する場合、新幹線パックを入れて比較すると次のような順になる。

往復&1泊7,500円の合計料金比較
往復方法 往復&1泊 差額
のぞみ指定席 30,100円 0
スマートEX のぞみ指定席 29,700円 ▲400円
ひかり・こだま指定席 29,680円 ▲420円
スマートEX ひかり・こだま指定席 29,280円 ▲820円
自由席 28,620円 ▲1,480円
回数券 28,600円 ▲1,500円
エクスプレス予約 28,120円 ▲1,980円
学割指定席 27,540円 ▲2,560円
EXのぞみファミリー早特 27,400円 ▲2,700円
学割ひかり・こだま指定席 27,120円 ▲2,980円
学割自由席 26,060円 ▲4,040円
学割+e特急券 25,960円 ▲4,410円
EX早特21 25,420円 ▲4,680円
ぷらっとこだま 24,500円 ▲5,600円
新幹線パック(のぞみ) 23,700円 6,400円
EXこだまファミリー早特 23,600円 ▲6,500円
新幹線パック(こだま) 21,500円 8,600円

「こだま」でも「のぞみ」でも、1番安いのは新幹線ホテルパック
この通り、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックを利用するのが安い

  • 往復割引が使えない東京・品川-名古屋も、新幹線の往復料金は安くなる。
  • 片道「こだま」は「EXこだまファミリー早特」を使うのが安い。
  • 片道「のぞみ」なら料金は「EX早特21」が安い。
  • そして、それ以上に往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが安い!