東京-神戸

【東京・品川ー新神戸】新幹線「学割」は安い?料金を比較!

東京 新神戸 新幹線 学割

 

東京-神戸は、新幹線で「学割」を利用すると安いのか?
実際の料金を調べてみると、東京ー新神戸で学割より安い方法は3つ

まずは、東京-新神戸の「学割」についてポイントを確認!

東京-新神戸「学割」のポイント
  • 学割は101キロ以上の区間で利用でき、乗車券が2割引。
  • 対象は中学生以上の学生で「学割証」が必要。
  • 切符は駅の窓口で購入し、ネットでの購入は不可。
  • 東京-新神戸では、のぞみ指定席13,480円、ひかり13,050円、自由席12,520円
  • 東京-新神戸では、学割より格安な方法が3つある

 

【参考】指定席往復&1泊6,200円の合計料金
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
学割のぞみ指定席 13,480円 33,160円
学割ひかり指定席 13,050円 32,300円
EXのぞみファミリー早特 12,830円 31,860円
学割自由席 12,520円 31,240円
EX早特21 11,610円 29,420円
新幹線パック(のぞみ) 9,900円 26,000円

 

往復&宿泊するなら、学割より安い
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京-新神戸の新幹線「学割」料金は?

東京・品川‐新神戸で新幹線に乗る場合、「学割」で安くなるのは乗車券の2割。
特急券分は割引対象外なので、チケット代総額の2割引ではない。
では、東京‐新神戸での、新幹線「学割」の料金とは?
まずは、通常料金と、学割で切符を購入する料金を確認しておこう。

学割×指定席料金

東京・品川-新神戸の「のぞみ」指定席通常料金は、乗車券+特急券で合計15,380円。
そして、「のぞみ」指定席で学割を利用すると、乗車券が2割引になり合計13,480円

「ひかり・こだま」指定席は通常料金14,950円が、学割で13,050円になる。
いずれも通常料金と比較すると、片道で1,900円、往復で3,800円安くなる
なお、指定席の特急券は繁忙期は200円アップし、閑散期は200円安くなる。

学割×自由席料金

東京・品川-神戸では、自由席なら学割利用時の料金は片道12,520円
通常の自由席料金は14,420円なので、指定席同様に片道1,900円、往復3,800円安い。
学割は乗車券だけの割引なので、安くなる金額は指定席も自由席も同じ。

東京-神戸で学割より格安に新幹線に乗る方法3つ

東京-神戸の新幹線料金は「学割」でも安くなるが、学生でも「学割」は最安値ではない
そこで、学割よりさらに安く新幹線に乗る方法3つをご紹介したい。

「のぞみ」×2人なら「EXのぞみファミリー早特」

2人以上で東京‐神戸を移動するなら、「EXのぞみファミリー早特」が安い。
「EXのぞみファミリー早特」は、スマートEX会員とエクスプレス予約会員限定。
家族に限らず、友人2人以上でも利用することができる。
土休日の利用限定で、3日前までに予約すると、「のぞみ」指定席が12,830円
2人以上で土休日に指定席を利用するなら、学割よりも安い。

21日前予約なら「EX早特21」が安い

21日前までに予約ができるのであれば、さらに安いのは「EX早特21」。
こちらも、スマートEX会員とエクスプレス予約会員のみ利用可能。
東京・品川‐新神戸では、「EX早特21」は11,610円で、当然、学割を利用するより安い。
ただし、列車は早朝6時台・11時~15時台出発の「のぞみ」限定。

往復&宿泊なら「新幹線ホテルパック」が最安値!

東京・品川‐神戸を新幹線で往復し宿泊するなら、新幹線ホテルパックが1番安い
例えば、東京発で1泊6,200円のホテルに宿泊して1人26,000円というプランがある。
ここには、「のぞみ」指定席での東京‐神戸の往復チケットと、宿泊代が含まれてる。
パックの合計金額から宿泊料金を引くと、「のぞみ」指定席は片道で実質9,900円
もし、のぞみ通常料金で往復し、1泊6,200円で宿泊すると合計36,960円かかる。
しかし、新幹線パックは26,000円なので、1人10,960円、2人で21,920円お得
東京・品川-神戸の新幹線は、新幹線ホテルパックでここまで安くなる!

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-神戸「のぞみ」往復&宿泊料金は1人約10,960円、2人で21,920円お得
当然、学割を利用するより安く、この区間の最安値。
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

【参考】学割の切符購入方法と使い方

「学割」を新幹線で使用する際のチケットの購入方法や使い方とは?
間違いなく割引になるように、購入方法や使い方を知っておこう。

購入は「学割証」を持って駅の窓口へ

まず、東京-新神戸は、片道101キロ以上あるので、学割の利用が可能。
そして、新幹線の「学割」チケットを購入するには、「学割証」が必要。
学校で「学校学生生徒旅客運賃割引証」(学割証)を発行してもらい、JRの窓口へ。
これで、学割の適用を受けることができる。
学生証を見せても「学割」にはならないので要注意。
きっぷは当日購入も可能で、「学割」だからといって事前に購入する必要はない。

在来線の区間も学割適用

新幹線だけでなく、JRの在来線の区間も、乗車券に「学割」が適用される。
在来線と新幹線を利用する場合には、在来線の区間も含めて学割で切符を購入するとお得。
これで、新幹線の区間だけでなく、在来線区間も含めて乗車券が2割引になる。

例えば、千葉から新神戸へ行く時、全区間で学割を利用すると、自由席なら12,790円。
ところが、千葉-東京間の在来線区間を学割に含めないと、料金は650円+12,520円の13,170円なので、片道380円高くなってしまう。

乗車時には「学生証」が必要

学割を利用する場合、学生証をチェックする場合があるので、乗車時には学生証が必要。
他に注意点は特になく、通常の切符と同じように、指定席なら指定した座席に座るだけ。
特に提示を求められることがなければ学生証は使わないが、乗車時には携帯が必要。

 

まとめ
  • 東京-新神戸でも、学生は「学割」が使える。
  • この区間で、学割より安い方法は3つ。
  • そして、往復&宿泊なら、新幹線パック最も安い

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-新神戸では、のぞみ指定席が約9,900円と学割より安い!
往復&宿泊料金は1人約10,900円、2人で合計21,900円安くなる
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。