東京-神戸

東京・品川-新神戸「グリーン車」料金※往復13,300円安くなる!

東京 新神戸 グリーン車

 

東京・品川-新神戸では、グリーン車の料金も安くなる
では、どのような方法で、グリーン車料金は安くなるのか?

【東京-神戸】グリーン車格安のポイント
  • 東京-新神戸の料金は、のぞみ20,250円、ひかり19,820円。
  • このグリーン車料金が、これより安くなる方法は5つ
  • 往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い
  • 新幹線パックなら「のぞみ」往復で最大13,300円お得

のぞみグリーン車で往復し、1泊8,200円のホテルで泊まると48,700円。
しかし、新幹線パックは35,400円なので、往復&1泊で13,300円お得

この格安パックは
↓ ↓ ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京・品川-新神戸のグリーン車通常料金は?

まずは、東京・品川-新神戸の新幹線グリーン車の通常料金を確認。
「のぞみ」と「ひかり」では、以下のように料金が違う。

列車 片道料金 往復料金
のぞみ 20,250円 40,500円
ひかり・こだま 19,820円 39,640円

東京・品川-新神戸のグリーン車料金は、「のぞみ」で20,250円
「ひかり」のグリーン車は680円安く19,820円

これが、駅の窓口や券売機で切符を購入した時の片道料金。
そして、この東京・品川-新神戸の新幹線のグリーン車料金は、いくつかの方法で安くなる。

東京-新神戸のグリーン車「往復料金」を比較

東京・品川-新神戸のグリーン車料金は、全部で6つの方法で安くすることができる。
まずは、この6つの方法の片道・往復料金だけを比較したい。

グリーン車が安くなる8つの方法
チケット名 片道 往復
スマートEX(のぞみ) 20,050円 40,100円
回数券 19,810円 39,620円
スマートEX(ひかり) 19,620円 39,340円
エクスプレス予約 19,030円 38,060円
EXグリーン早特 14,970円 29,940円
EXのぞみファミリー早特 14,970円 29,940円
新幹線パック(のぞみ) 13,600円 往復で格安!

東京-新神戸で、グリーン車が通常料金より安くなるのは以上の方法。
この6つの方法について詳しくご紹介したい!

「のぞみ・ひかり」グリーン車が格安な方法6つ

東京-新神戸の移動は、本数が多く、所要時間が約2時間45分の「のぞみ」が便利。
直通「ひかり」も利用できるが、所要時間は約3時間15分。
まずは、「のぞみ・ひかり」のグリーン車に格安に乗る方法を6つご紹介したい。
それぞれ、利用できる条件が違うが、間違いなく料金は安くなる。

1.宿泊するなら「新幹線パック」が最も格安!

東京・品川-新神戸をグリーン車で往復&宿泊するなら、安いのは新幹線ホテルパック

例えば、東京からグリーン車往復の1泊2日で、1人35,400円というパックがある。
ここからホテルの1泊料金8,200円を引くと、実質の片道料金は13,600円と格安!
通常きっぷ往復&同じホテル1泊なら、合計48,700円なので1人13,300円お得
グリーン車で往復&宿泊する方は、新幹線ホテルパックを利用するのが安い。

グリーン車往復&1泊8,200円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
のぞみ通常料金 20,250円 48,700円
スマートEX(のぞみ) 20,050円 48,300円
回数券 19,810円 47,820円
エクスプレス予約 19,030円 46,260円
EXグリーン早特 14,970円 38,140円
EXのぞみファミリー早特 14,970円 38,140円
新幹線パック(のぞみ) 実質13,600円 35,400円

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

東京-新神戸は「のぞみ」グリーン車の片道料金が約13,600円と格安!
これを利用すると、往復&1泊で1人13,300円、2人で合計26,600円お得
出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

2.土休日・2人~は「EXのぞみファミリー早特」がお得

宿泊しない場合や、片道のみ新幹線に乗る場合には、新幹線パックが利用できない。
そのような時には、「EXのぞみファミリー早特」でグリーン車に乗るのが安い。
エクスプレス予約・スマートEX会員限定で、土休日に2人以上の利用が条件。
3日前までに予約すると、東京・品川-新神戸の「のぞみ」グリーン車は14,970円
2名~6名で利用可能で、子供料金の設定もあるが、GW、お盆、年末年始は使用不可。

3.「EXグリーン早特」は「ひかり」がお得

1人の場合や、平日の場合には、「EXのぞみファミリー早特」は利用できない。
しかし、そのような時でも、「EXグリーン早特」でグリーン車料金は安くなる。
東京-新神戸の料金は14,970円で、終日「ひかり」と朝6時台発の「のぞみ」限定。
エクスプレス予約・スマートEX会員限定で、乗車日の3日前までの予約が必要。
なお、このチケットも年末年始・GW・お盆は利用できない。

4.エクスプレス予約は当日購入もお得!

エクスプレス予約を利用すると、グリーン車の料金も安くなる。
東京・品川-新神戸は19,030円で、年末年始・GW・お盆も同じ料金。
当日に予約しても安く、新幹線パックや2つの早特が予約できない場合はこれが安い。
ただし、利用には年会費1,100円がかかり、登録後すぐには列車予約はできない。

5.回数券でもグリーン車料金は安くなる

東京・品川-新神戸では、グリーン車用の回数券も販売されている。
回数券の1枚あたりの価格は19,810円なので、片道440円、往復880円お得。
グリーン車なら「のぞみ・ひかり」とも利用できるが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

6.スマートEXで片道200円割引

スマートEXを利用すれば、グリーン車の料金も片道200円割引。
東京-新神戸では、のぞみ20,050円、ひかり・こだま19,620円
年会費無料で新幹線の予約ができるが、料金は早特以外は安くない。

 

まとめ
  • 東京-新神戸では6つの方法でグリーン車料金は安くなる。
  • その中でも、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い。