東京-金沢 PR

【東京・上野-金沢】新幹線料金格安ランキング⇒往復8,200円お得!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

東京 金沢 新幹線

 

東京-金沢を新幹線で格安に往復したい方必見!

指定席通常料金14,380円が⇒約10,250円に!

【東京-金沢】新幹線の最安値がわかる!
  • 東京・上野-金沢の新幹線料金を安い順にランキングで紹介!
  • 「かがやき・はくたか」の最安値チケットが簡単にわかる!
  • 「かがやき」往復で約8,200円安くなるランキング3位に注目!

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-金沢の往復&宿泊料金は、1人約6,600円~8,200円安くなる
「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。

 

【東京-金沢】新幹線料金格安ランキング(普通車)

東京-金沢の新幹線料金(普通車指定席・自由席)をランキングで紹介!
この区間で「かがやき・はくたか」の料金が安いのは?

順位 指定席・自由席 片道料金
1 トクだ値14 9,920円
1 eチケット早特14 9,920円
3 新幹線ホテルパック 実質10,250円
4 eきっぷ+学割 12,230円
5 学割 自由席 12,350円
6 eチケット早特1 12,760円
6 トクだ値1 12,760円
8 学割 指定席 12,880円
9 eきっぷ(IC用) 13,630円
10 eきっぷ 13,730円
11 自由席 13,850円
12 新幹線eチケット 14,180円
13 指定席 14,380円

東京-金沢の指定席の通常料金は14,380円。
この新幹線の料金は、以上の方法で安くすることができる。(期間限定商品は除く)

東京-金沢で新幹線「指定席」に格安に乗るには?

東京-金沢は「かがやき」で約2時間30分~35分、「はくたか」で約3時間~3時間10分。
「はくたか」には自由席もあるが、「かがやき」は全車指定席。
そして、ランキングの通り、新幹線の料金はいくつかの方法で安くなる。

往復&宿泊なら「新幹線パック」が安い!

東京-金沢は、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックを利用すると安い
トクだ値14・eチケット早特14が購入できない時、この区間の最安値
例えば、指定席往復&1泊6,400円のホテル1泊2日の合計料金は1人26,900円。
ここから宿泊費を引くと、片道の新幹線料金は実質10,250円と格安!
この料金で「はくたか」だけではなく、「かがやき」の指定席も利用できる。

もし、指定席通常料金で往復し、同じホテルに泊まると、合計35,160円かかる。
この料金と比較すると、新幹線パックは1人8,260円、2人なら合計16,520円お得
本来は「トクだ値14・eチケット早特14」の方が安いが、完売が早く簡単に購入できないので、現実的にはこのパックを利用するのがお得

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

東京-金沢は、指定席料金が片道約10,250円と格安!
往復&1泊の合計料金は、1人8,200円、2人で合計16,500円以上お得
「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。
列車の空席照会と、シートマップからの座席指定も簡単。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

片道料金は「トクだ値14」が安い

東京-金沢の片道料金は、「トクだ値14」が安い。
「トクだ値14」は「えきねっと」で13日前まで購入でき、東京-金沢は9,920円
この区間の片道料金としては最も安いが、売り切れるのが早く、週末利用分など、往復分を購入するのは極めて難しい

e5489「eチケット早特」も安い!

e5489」で購入できる「eチケット早特14」も東京-金沢は9,920円と安い。
また、先日まで購入できる「eチケット早特1」を利用すると片道12,760円
チケットレスで利用するため、交通系ICカードの登録が必要。

「えきねっとトクだ値1」で10%割引

えきねっと」で購入できる割引チケット「トクだ値1」。
東京-金沢で使えるのは、10%割引の「トクだ値1」のみで、指定席料金は12,760円
えきねっとは年会費無料で登録でき、トクだ値は当日1時40分まで購入可能。

新幹線eチケットサービス・eきっぷでも割引に

ご紹介した片道チケット以外で安いのは、「新幹線eチケットサービス」「eきっぷ」「J-WEST eチケット」など。
「eきっぷ」はJ-WESTカード会員しか利用できないが、片道料金は13,730円、IC用の片道料金が13,630円
そして、「新幹線eチケットサービス」は片道200円安くなり14,180円

 

このように、東京-金沢でも新幹線の料金は、いくつかの方法で安くなる。
では、これらの方法で往復&1泊すると?

【東京-金沢】往復&1泊2日の料金を比較!

東京-金沢は日帰りも不可能ではないが、往復&宿泊する方が多い。
そこで、新幹線で往復し、1泊した時の合計料金を比較したい。

往復&1泊6,400円の合計料金比較
往復方法 往復+6,400円 差額
トクだ値14 26,240円 ▲8,920円
eチケット早特14 26,240円 ▲8,920円
新幹線ホテルパック 26,900円 8,260円
eきっぷ+学割 30,860円 ▲4,300円
学割 自由席 31,100円 ▲4,060円
eチケット早特1 31,920円 ▲3,240円
トクだ値1 31,920円 ▲3,240円
学割 指定席 32,160円 ▲3,000円
eきっぷ(IC用) 33,660円 ▲1,500円
eきっぷ 33,860円 ▲1,300円
自由席 34,100円 ▲1,060円
新幹線eチケット 34,760円 ▲400円
指定席 35,160円 なし

東京-金沢では、トクだ値14・eチケット早特14が安い。
しかし、どちらも完売が早いため、現実的には新幹線パックを利用するのが安い。
指定席通常料金での往復・1泊よりも、1人8,260円、2人で合計16,520円お得

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

【上野-金沢】新幹線料金格安ランキング

東京-金沢と上野-金沢では、使える方法は同じでも、新幹線料金が若干違う
そこで、「上野-金沢」の新幹線料金を同じようにランキングで紹介。

順位 指定席・自由席 片道料金
1 トクだ値14 9,770円
1 eチケット早特14 9,770円
3 新幹線パック(2人) 10,050円
4 eきっぷ+学割 12,020円
5 学割 自由席 12,140円
6 eチケット早特1 12,570円
6 トクだ値1 12,570円
8 学割 指定席 12,670円
9 eきっぷ(IC用) 13,420円
10 eきっぷ 13,520円
11 自由席 13,640円
12 新幹線eチケットサービス 13,970円
13 指定席 14,170円

上野-金沢の通常きっぷ・学割などは、東京-金沢より210円安い。
それ以外の方法も料金は若干安くなるが、順位は特に変わらない。
そして、東京発と同じく、トクだ値14・eチケット早特14・新幹線パックなどが安い。

東京-金沢の「グリーン車」料金ランキング

次に、グリーン車に限定して、同じく新幹線料金をランキングで紹介。(学割除く)
東京-金沢で、グリーン車に最も格安に乗れる方法は?

順位 グリーン車 片道料金
1 新幹線ホテルパック 16,150円
2 eきっぷ(IC用) 20,410円
3 新幹線eチケット 20,640円
4 eきっぷ 20,720円
5 グリーン車通常料金 20,840円

東京-金沢で、グリーン車に安く乗る方法は、上記の通りごくわずか。

「グリーン車」に格安に乗る方法は?

東京-金沢でグリーン車に安く乗れるのは、J-WEST eチケット・新幹線eチケットサービス・eきっぷ・新幹線パックの4つ。

片道の料金は、3つの方法で安くなる。
まず、「新幹線eチケット」は200円安くなり20,640円。
「eきっぷ」は、J-WESTカード会員限定で20,720円、IC用は20,410円。
片道・往復のみのグリーン車料金は、これ以外の方法では安くならない。

しかし、グリーン車で往復&宿泊するなら、それ以上に新幹線ホテルパックが安い
例えば、グリーン車往復&1泊6,000円で泊まるパック料金は、1泊2日で1人38,300円。
ここから宿泊費を引いたグリーン車の片道料金は、実質16,150円と格安!

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

 

よくある質問(Q&A)

列車の違い・所要時間は?

東京-金沢で利用できる列車は、「かがやき・はくたか」の2つ。
列車の違いは、停車駅と所要時間。
「かがやき」の途中の停車駅は、上野・大宮・長野・富山で、約2時間30分~35分。
「はくたか」はこれ以外に、高崎・軽井沢~金沢間のほぼ全てに停車し、所要時間は3時間~3時間10分程度。
「はくたか」は基本的に毎時間1本以上の運行がある。

新幹線を予約するには?

東京-金沢で新幹線の予約ができるのは、えきねっと・e5489の2つ。
そして、「えきねっと」では、「新幹線eチケットサービス」で200円割引、「えきねっとトクだ値1」を利用するとさらにお得。
e5489」では「新幹線eチケット」以外に、「eチケット早特・J-WEST eチケット・eきっぷ」で安くなる。

「往復割引」は使える?安い往復方法は?

片道601キロ以上の区間で、往復分の乗車券を購入すると往復割引が適用される。
しかし、東京-金沢の距離は446.9キロなので、往復割引は利用できない

なお、新幹線で往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが格安!
東京-金沢なら、1人約8,200円、2人で16,500円安くなる

 

「学割」を使うのはお得?

学生は「学割」で新幹線に乗ると、乗車券の2割が安くなる。
東京-金沢では、学割で片道1,500円安くなり、指定席12,880円、自由席12,350円
なお、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックを利用した方が安い。

回数券・金券ショップの格安チケットは使える?

金券ショップへ行くと、回数券を1枚から購入することができ、通常きっぷより安い。
しかし、東京・上野-金沢には回数券の販売がない。
したがって、金券ショップへ行っても格安チケットは購入できない。

「早割」はいつからいつまで予約できる?

東京-金沢では、早めに予約すると安い方法がいくつかある。
しかし、それぞれ予約・購入期限が違う。

eチケット早特1 1ヶ月前~前日
えきねっとトクだ値1 1ヶ月前~前日の1時40分まで
新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~前日の16時まで

 

年末年始・GW・お盆に安い方法は?

年末年始・GW・お盆も利用できるのは、学割・えきねっとトクだ値・eチケット早特・J-WEST eチケット・eきっぷなど。
トクだ値14など安いチケットも、この期間中は除外される。
そして、この期間も往復&宿泊する方は、新幹線ホテルパックで早めに予約すると安い。

子供料金はいくら?安くなる?

東京-金沢の新幹線の子供料金は、指定席7,190円、自由席6,920円
この料金が安くなるのは、e5489・えきねっと・新幹線ホテルパックの3つ。

まず、「新幹線eチケットサービス」では100円安くなり7,090円
e5489では、「eきっぷ」6,860円、IC用が6,810円、「eチケット早特1」6,370円、「eチケット早特14」が4,950円
えきねっと」は、「トクだ値1」で6,370円、「トクだ値14」が4,950円

そして、新幹線パックは、子どものパック料金から宿泊費を引くと実質5,300円
家族旅行で往復&宿泊する時も新幹線ホテルパックが安い

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。
列車の空席照会と、シートマップからの座席指定も簡単。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
東京-金沢なら指定席片道料金が、大人約10,250円、子ども約5,300円と格安!
大人2人で利用すれば、往復&1泊で合計16,000円以上お得

 

ABOUT ME
日高陽一
「新幹線には一番安く乗りたい!」と常に思っています。 エクスプレス予約で新幹線料金が安くなると知ったのが2005年。 それ以降、全国の区間で「新幹線の料金が安い方法はどれか?」を調査・研究しています。