東京-金沢 PR

往復割引がない!新幹線【東京‐金沢】の格安な往復方法は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

東京 金沢 新幹線 往復割引

 

東京‐金沢を新幹線で「往復」する方へ!

JR・新幹線では片道601キロ以上の区間で、「往復割引」が利用できる。
しかし、東京‐金沢は片道446.9キロなので、往復割引は適用されない

では、往復割引以外で、新幹線で格安に往復する方法はあるのか?
往復割引の代わりに、この区間で使える格安な往復方法をご紹介したい!

【東京‐金沢】格安な往復方法まとめ
  • 東京‐金沢では、新幹線で往復割引は利用できない
  • 往復のみは「トクだ値14・eチケット早特14」が安い。
  • そして、往復&宿泊するなら新幹線パック格安

 

往復&宿泊ならこれが安い!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約すると安い新幹線パック。
東京‐金沢では指定席料金14,380円が、約10,250円に!
往復&宿泊料金は1人約8,200円、2人で合計16,500円安くなる
「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。

 

東京-金沢では往復割引は使えない!

JR・新幹線には「往復割引」という制度があり、片道601キロ以上の区間に適用される。
このような区間で、往復分の乗車券を同時に購入すると、乗車券は1割引になる。
年末年始など年間通して利用でき、当日にきっぷ購入しても割引になる。

しかし、東京‐金沢では距離が足りないため、往復割引は利用できない
往復割引には新幹線の前後の在来線の距離も含むが、東京-金沢駅間では利用できない。

では、このような往復割引が使えない区間では、どのような方法で往復すると安いのか?

東京-金沢の新幹線「往復料金」を比較

東京‐金沢では往復割引は使えないが、他の方法で新幹線の往復料金は安くなる。
まずは、この区間で利用できる方法の、片道・往復料金を比較してみよう。

【東京-金沢】新幹線片道・往復料金一覧
往復方法 片道 往復
指定席 14,380円 28,760円
新幹線eチケット 14,180円 28,360円
自由席 13,850円 27,700円
eきっぷ 13,730円 27,460円
IC用eきっぷ 13,630円 27,260円
学割 指定席 12,880円 25,760円
eチケット早特1 12,760円 25,520円
トクだ値1 12,760円 25,520円
学割 自由席 12,350円 24,700円
eきっぷ+学割 12,230円 24,460円
新幹線ホテルパック 10,250円 往復で格安
eチケット早特14 9,920円 19,840円
トクだ値14 9,920円 19,840円

これが東京‐金沢で使える、指定席・自由席の安いチケットの片道・往復料金。
料金には若干の違いがあるが、上野-金沢でも使える方法は同じ。
どの方法も、基本的には「かがやき・はくたか」とも利用できる。
そして、その中でも、実際には、往復&宿泊する場合は、新幹線パックが最も安い

東京-金沢の格安な新幹線「往復方法」は?

新幹線で往復する時、宿泊予約の有無によって使える方法が違う!
宿泊する場合、宿泊しない場合に分けて、安い往復方法をご紹介したい。

往復&宿泊するなら「新幹線パック」が安い!

東京-金沢を新幹線で往復し宿泊するなら、安いのは新幹線ホテルパック
もし、通常きっぷで往復し1泊6,400円のホテルに泊まると、合計35,160円かかる。
しかし、これを新幹線パックで予約すると、往復&1泊で1人28,500円。
新幹線とホテルをパックで予約すると、往復&1泊で1人8,260円安くなる
この時の片道料金は実質10,250円で、現実はこれが東京-金沢の最も安い往復方法

 

往復&1泊6,400円の合計料金比較
往復方法 往復&1泊 差額
指定席 35,160円 0円
新幹線eチケットサービス 34,760円 ▲400円
自由席 34,100円 ▲1,060円
eきっぷ 33,860円 ▲1,300円
IC用eきっぷ 33,660円 ▲1,500円
学割 指定席 32,160円 ▲3,000円
eチケット早特1 31,920円 ▲3,240円
トクだ値1 31,920円 ▲3,240円
学割 自由席 31,100円 ▲4,060円
eきっぷ+学割 30,860円 ▲4,300円
新幹線ホテルパック 26,900円 8,260円
eチケット早特14 26,240円 ▲8,920円
トクだ値14 26,240円 ▲8,920円

東京‐金沢の新幹線往復料金は、このような方法で安くなる。
往復&宿泊するなら、現実的には新幹線ホテルパックを利用するのが安い!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

「トクだ値14・eチケット早特14」は完売が早い

東京-金沢を新幹線で往復するなら、安いのは「トクだ値14・eチケット早特14」。
「トクだ値14」は14日前の23時50分、「eチケット早特14」は14日前までに購入が必要だが、東京-金沢の指定席料金は9,920円と安い。
特に週末の分など、完売が早いため、往復分を購入するのは難しい

e5489は「eチケット早特1」がお得!

新幹線パックが利用できない場合、次に安いのは「eチケット早特1」。
e5489から前日まで購入でき、東京-金沢は12,760円
チケットレスで利用するため、交通系ICカードの登録が必要。

えきねっとは「トクだ値1」で10%割引

えきねっと」で購入できる割引チケット「えきねっとトクだ値」。
東京-金沢で使える「トクだ値1」は10%割引になり、指定席料金は12,760円
前日23時50分までに購入すると、往復で2,880円安くなる。

学生は「学割」での往復もお得!

学生は、学割で新幹線に乗ると、乗車券が2割引になる。
学割利用時の料金は、指定席12,880円、自由席12,350円
通常料金より、それぞれ往復で3,000円安くなる。
もし、J-WESTカード会員なら「eきっぷ」と学割を利用すると、往復料金は最も安い。
しかし、それでも、往復&宿泊するなら、新幹線パックを利用した方が安い。

 

往復で利用するなら、東京-金沢は、以上のような方法が安い。

 

まとめ
  • 往復割引が使えない東京-金沢でも、往復料金は安くなる。
  • そして、往復&宿泊なら、新幹線パックが安い

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-金沢では指定席14,380円が約10,250円に!
往復&宿泊料金は1人約8,200円、2人で合計17,000円安くなる
「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。

 

ABOUT ME
日高陽一
「新幹線には一番安く乗りたい!」と常に思っています。 エクスプレス予約で新幹線料金が安くなると知ったのが2005年。 それ以降、全国の区間で「新幹線の料金が安い方法はどれか?」を調査・研究しています。