小田原-大阪

【小田原-大阪】新幹線料金格安ランキング⇒往復9,500円お得!

小田原 大阪 新幹線

 

小田原-大阪を新幹線で格安に往復したい方は必見!

ひかり指定席通常料金12,850円は⇒【最安値】約9,700円に!

【小田原-大阪】新幹線の最安値がわかる!
  • 小田原-新大阪の新幹線料金を安い順にランキングで紹介!
  • 「ひかり・こだま」の最安値チケットが簡単にわかる!
  • 「こだま」往復で9,500円安くなるランキング1位は?

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
小田原-大阪の往復&宿泊料金の合計はこれが一番安い
往復料金は、ひかり約6,300円、こだま約9,500円安くなる
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

小田原-大阪(指定席・自由席)の料金格安ランキング

小田原-新大阪の「ひかり・こだま」指定席・自由席が安くなる方法は?
この区間の新幹線チケット料金をランキングで紹介!

順位 指定席・自由席 片道料金
新幹線パック(こだま) 実質8,100円
新幹線パック(ひかり) 実質9,700円
学割×e特急券 10,730円
4 学割自由席 10,780円
5 学割指定席 11,310円
6 回数券(自由席) 11,330円
7 エクスプレス予約 12,070円
8 自由席通常料金 12,320円
9 スマートEX のぞみ指定席 12,650円
10 指定席通常料金 12,850円

小田原-新大阪の「ひかり・こだま」指定席の通常料金は12,850円。
この料金は、以上の方法で安くすることができる。

 

小田原-新大阪で「ひかり」に格安に乗る方法

ランキングの通り、小田原-新大阪の指定席・自由席料金はいくつかの方法で安くなる。
しかし、この区間は「ひかり」なら約2時間20分、「こだま」は約3時間20分。
列車の本数は少なくても、通常料金は同じなので、何とか「ひかり」に安く乗りたい

往復&宿泊なら絶対に「新幹線ホテルパック」安い!

小田原-新大阪を新幹線で往復し宿泊するなら、最も安いのは新幹線ホテルパック
例えば1泊7,200円のホテルに宿泊し、ひかり指定席で往復するパックは1人26,600円。
ここから宿泊費を引き新幹線料金を計算すると、片道料金は実質9,700円と格安
この料金は、小田原-大阪「ひかり」指定席の最安値で、これより安い方法はない

そして、もし「こだま」で往復するなら、パック料金はさらに安く1人23,400円。
ここから宿泊料金を引くと、「こだま」指定席片道料金は実質8,100円

指定席通常料金で往復し同じホテルに宿泊すると、合計で1人32,900円かかる。
この料金と比較すると、「ひかり」の往復なら1人6,300円、2人で12,600円お得
こだま」の往復なら、1人9,500円、2人で19,000円お得

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

小田原-大阪では「ひかり」約9,700円、「こだま」約8,100円と格安!
2人で利用すると、往復&宿泊で合計12,000円~19,000円以上安くなる
出発3日前までに予約すれば、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多く、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

小田原-新大阪で新幹線料金が安くなるのは新幹線ホテルパックで間違いない。
しかし、帰省や片道だけの利用など、これが利用できない時には以下の方法が安い。

学生は「学割」で安くなる!

中学生以上の学生に限っては、「学割」を利用すると安くなる。
事前に「学割証」を手に入れる必要があるが、学割で乗車券が2割引。
学割で「ひかり・こだま」指定席は11,310円、自由席は10,780円。
エクスプレス予約の会員なら「e特急券」を使うと、指定席・自由席とも10,730円。

自由席なら「回数券」も安い!

小田原-新大阪では、自由席用の回数券を利用することができる。
回数券は6枚で67,980円なので、片道11,330円で「ひかり」の自由席にも乗れる。
ただし、自由席は「こだま」10両、「ひかり」5両と「ひかり」の方が座席は少ない。
自由席回数券を利用すると、指定席通常料金より片道1,520円、往復で3,040円お得!
なお、回数券は年末年始・GW・お盆には使えないので注意したい。

エクスプレス予約なら片道780円お得!

6枚の回数券が使い切れない場合や、指定席に乗りたい場合はエクスプレス予約が安い。
エクスプレス予約の利用には年会費1,100円がかかるが、新幹線料金はお得!
小田原-新大阪は11,850円なので、指定席は片道780円、往復で1,560円安くなる。
年末年始・GW・お盆も料金は同じだが、この区間の普通車には「早特」がない。

スマートEXで片道200円割引

エクスプレス予約と同じく、東海道新幹線のチケットをネット予約できるスマートEX。
自由席は割引にならないが、指定席のチケットは片道200円、往復400円割引。
年会費は無料だが、割引額は大きくない。

 

以上のような方法で、小田原-新大阪の新幹線料金は安くなる。
では、これを使って往復&1泊すると、その差額はどれくらいになるのか?

小田原-大阪「ひかり・こだま」往復の1泊2日料金を比較

新幹線は片道だけでなく、往復で利用しさらに宿泊する方も多い。
そこで、同じホテルを利用した時の、小田原-大阪の往復&1泊の料金を比較したい!

往復&1泊7,200円の合計料金比較
往復方法 往復+7,200円 差額
新幹線パック(こだま) 22,800円 9,500円
新幹線パック(ひかり) 26,000円 6,300円
学割×e特急券 28,060円 ▲4,240円
学割自由席 28,160円 ▲4,140円
学割指定席 29,220円 ▲3,080円
回数券(自由席) 29,260円 ▲3,040円
エクスプレス予約 30,740円 ▲1,560円
自由席通常料金 31,240円 ▲1,060円
スマートEX のぞみ指定席 31,900円 ▲400円
指定席通常料金 32,300円 なし

往復&1泊料金を比較すると、当然「ひかり・こだま」とも新幹線パックが最も安い
新幹線パックで「ひかり」に乗ると、通常料金よりも往復で1人6,640円安くなる

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

小田原-新大阪の「グリーン車」料金ランキング

小田原-新大阪では、どんな方法でグリーン車に安く乗れるのか?
同じようにグリーン車料金をまとめてランキングでご紹介!

順位 グリーン車料金 片道料金
新幹線パック(こだま) 実質9,600円
EXこだまグリーン早特 11,000円
新幹線パック(ひかり) 実質12,100円
4 エクスプレス予約 16,930円
5 スマートEX 17,520円
6 グリーン車通常料金 17,720円

グリーン車のランキング1位・2位は「こだま」、「ひかり」に乗れるのは3~6位まで。
そして、「ひかり・こだま」とも新幹線ホテルパックが最も安い!

「グリーン車」に格安に乗る方法は?

まず、小田原-新大阪では「こだま」を利用するとグリーン車も安くなる。
片道料金が安いのは「EXこだまグリーン早特」の11,000円。
エクスプレス予約・スマートEXの会員なら、3日前まで予約・購入することができる。

しかし、これ以外の片道チケットは「こだま」に乗っても安くならない。
ところが、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックで安くすることができる

例えば、「ひかり」で往復し7,200円のホテルで1泊するプランは1人31,400円。
ここから宿泊料金を引くと、「ひかり」グリーン車料金は実質12,100円と格安!
そして、「こだま」往復のパックは25,000円なので、片道料金は実質9,600円と安い。

「ひかり・こだま」とも、宿泊するなら新幹線ホテルパックが最も安い
通常きっぷでの往復&1泊料金(42,640円)と比較すると、「ひかり」で1人11,240円、「こだま」なら16,240円お得

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

 

よくある質問(Q&A)

列車の違い・所要時間は?

小田原-新大阪を直通で運行する新幹線は「ひかり・こだま」のみ。
通常料金は同じだが、停車駅の数と所要時間が違う。
「ひかり」は約2時間20分で、名古屋・岐阜羽島・米原・京都と、列車により豊橋も停車。
「こだま」は約3時間20分で、途中の各駅に停車する。

新幹線を予約するには?

小田原-新大阪で新幹線の座席を予約できるのは、エクスプレス予約とスマートEX。
エクスプレス予約は年会費1,100円がかかるが、通常予約の料金は安く12,070円
スマートEXは年会費無料だが、料金は200円引きで12,650円、自由席は割引なし。

「往復割引」は使える?安い往復方法は?

往復割引が利用できるのは片道601キロ以上の区間。
距離が472.5キロしかない小田原-新大阪では、往復割引は利用できない。

なお、新幹線の往復&宿泊は、新幹線ホテルパックで安くすることができる。
小田原-大阪なら、1人約6,300円~9,500円安くなる

 

金券ショップの格安チケットはお得?

基本的に、金券ショップの格安チケットは特別安い方法ではなく、回数券と同じくらい。
小田原-新大阪の自由席回数券は1枚11,330円で、価格はこれと大きくは変わらない。
これよりも、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックを利用した方が安い。

「早割」は使える?

小田原-新大阪では、早めに予約すると安い方法がある。
しかし、それぞれ予約・購入期限が違う。

EXこだまグリーン早特 1ヶ月前~3日前まで
新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~3日前まで

 

年末年始・GW・お盆に安い方法は?

新幹線が安くなる「早特」や回数券は、年末年始等には利用できない。
小田原-新大阪で年末年始・GW・お盆などの期間でも利用できるのが、エクスプレス予約・学割・新幹線ホテルパック。
エクスプレス予約の料金は、年間通して変わらず12,070円
学割は指定席は200円アップ、自由席の料金は変わらない。
また、新幹線ホテルパックも早めに予約すると安い。

子供料金はいくら?安くなる?

小田原-新大阪の通常きっぷの子ども料金は、指定席6,420円、自由席6,160円
この子供料金が安くなるのは、スマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパック。

スマートEXは、指定席の子供料金は100円引きで6,320円。
エクスプレス予約の子供料金は、指定席・自由席とも6,030円。

そして、新幹線ホテルパックで子どものパック料金から宿泊料金を引くと、新幹線料金は「ひかり」実質4,900円、「こだま」なら実質4,100円と格安!
家族旅行で往復&宿泊する時も新幹線ホテルパックが安い

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
小田原-大阪なら、「ひかり」は大人約9,600円、子ども約4,900円
「こだま」なら大人約8,100円、子ども約4,100円と格安!