小田原-大阪

【小田原-新大阪】「ひかり」の料金は安くなる?最安値は?

小田原 新大阪 ひかり

 

小田原-新大阪で「ひかり」の料金は安くなるのか?

ここでは、小田原-新大阪でひかり」に安く乗る方法を全て紹介
「ひかり」の料金はどうすれば安くなるのか?最も安い方法は?

【小田原-新大阪】「ひかり」に安く乗るには?
  • 通常料金は「ひかり・こだま」とも同じ。
  • 小田原-新大阪は、指定席12,850円、自由席12,320円。
  • 「ひかり」指定席料金が安くなる方法は4つ。
  • 片道料金は学割・エクスプレス予約が安い。
  • 往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックの方が安い
  • 「ひかり」パックなら、片道料金は実質約9,700円とお得!

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
小田原-大阪の往復&宿泊料金は、「ひかり」で1人約6,300円お得
「ひかり」指定席の片道料金は約9,700円で、この区間の最安値
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

小田原-新大阪「ひかり」の時間・料金は?

小田原-新大阪で「ひかり」に乗ると、時間はどれくらいかかるのか?
「ひかり」利用時の指定席・自由席の料金は?

「ひかり」の所要時間・停車駅

小田原-新大阪は「こだま」に乗ると、所要時間は片道約3時間20分
「こだま」は各駅に停車し、「のぞみ・ひかり」の通過を待つため時間がかかる。
これに対して、「ひかり」は約2時間20分と、約1時間早く移動できる。
「ひかり」の停車駅は、名古屋・京都以外は、列車によって違い、岐阜羽島・米原・豊橋・浜松・静岡など、「こだま」より少ない。
なお、「のぞみ」は小田原駅には停車しないため、この区間では利用できない。

「ひかり」の通常料金(指定・自由・グリーン車)

小田原-新大阪の「ひかり」指定席料金は12,850円、自由席の料金は12,320円
グリーン車は17,720円で、全て「こだま」と同じ料金。
通常料金の他、スマートEX・EX予約・学割など、チケットの料金は同じ。

当然、同じ料金なら、1時間早く到着する「ひかり」に乗った方がいい。
では、「ひかり」の料金は、どのような方法で安くなるのか?

【小田原-新大阪】「ひかり」指定席の格安な方法4つ

小田原-新大阪で、「ひかり」指定席の料金が安くなる方法は次の4つ!

1.往復&宿泊なら「新幹線ホテルパック」が安い!

小田原-新大阪を「ひかり」で往復&宿泊するなら、安いのは新幹線ホテルパック
例えば、小田原発-大阪行きで、1泊7,200円のホテルに泊まるパックは1人26,000円。
ここから宿泊費を引いた「ひかり」指定席片道料金は、実質9,700円と格安!

「ひかり」で往復&宿泊する新幹線の旅行は、新幹線パックが最も安い
当然、次にご紹介する残りの3つの方法より安い!

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
小田原-新大阪の往復&宿泊料金は、「ひかり」で1人約6,300円お得
「ひかり」の片道料金は約9,700円で、この区間の最安値
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

2.学生は「学割」がお得

学生の方は、実家への帰省など、宿泊予約しない場合は「学割」がお得。
学割を利用すると、乗車券が2割引になり、指定席は11,310円、自由席10,780円
料金は「こだま」と同額だが、「ひかり」に乗っても安くなる。

3.片道料金は「エクスプレス予約」が安い

日帰りなど、宿泊予約の必要がない場合など、最も安い新幹線パックは使えない。
このような時、学割以外で、次に「ひかり」も安くなるのは「エクスプレス予約」。
利用には年会費が1,100円かかるが、指定席・自由席とも片道12,070円

4.「スマートEX」でも指定席は200円割引

学割・エクスプレス予約以外で、「ひかり」の片道料金が安くなるのは「スマートEX」。
指定席は片道200円割引になり、小田原-新大阪は片道12,650円

 

そして、「ひかり」片道料金と、往復&1泊の料金を比較してみると…

ひかり指定席往復&1泊7,200円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
指定席通常料金 12,850円 32,300円
自由席通常 12,320円 31,240円
エクスプレス予約 12,070円 30,740円
学割自由席 10,780円 28,160円
新幹線パック(ひかり) 実質9,700円 26,000円

「ひかり」で往復&宿泊するなら、最も安いのは「ひかり」往復の新幹線パック

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

「ひかり」グリーン車料金も安くなる!

小田原-新大阪では、「ひかり」グリーン車の料金も安くなる。
グリーン車の通常料金は17,720円だが、この料金は3つの方法で安くなる

まず、片道料金が安いのは「エクスプレス予約」で16,930円
また、「スマートEX」を利用すると、グリーン車も200円割引で17,520円

そして、「ひかり」グリーン車で往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが安い!

例えば、グリーン車往復&1泊7,200円のホテルに泊まるパック料金は31,400円。
このパック料金から宿泊費を引いた、「ひかり」グリーン車料金は片道12,100円
チケットを駅で受取るなら、前日まで予約することができる。

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

 

「ひかり」に乗るメリット・デメリットは?

小田原-新大阪で、「ひかり」に乗るメリット・デメリットは?

メリット

  • 1時間早く移動できる!
  • 料金は「こだま」と同じ

小田原-新大阪の所要時間は「ひかり」約2時間20分、「こだま」約3時間20分。
所要時間は1時間の差があるが、通常料金・学割・エクスプレス予約・スマートEXなど、片道料金は「こだま」と同じ。

デメリット

  • 自由席が少ない
  • 本数が少ない

「こだま」は自由席が多く、「ひかり」は5両に対し、「こだま」の自由席は10両。
そして、小田原-新大阪では、列車の本数が少なく、1日に7本程度。
「こだま」も名古屋までの本数は多いが、新大阪行きの本数は少ない。

「ひかり」に乗るメリットは、やはり早く到着すること。
基本的に片道の料金は「こだま」と同じだが、「ひかり」で往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが安く、往復約6,300円お得。

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!