東京-秋田

【東京-秋田】新幹線「往復割引」料金※もっと安い往復方法は?

東京 秋田 新幹線 往復割引

 

東京-秋田で「往復割引」の利用をお考えの方へ!

東京・上野-秋田では、新幹線は「往復割引」の利用で、乗車券が1割引。
しかし、この往復割引の料金は、決して安いとは言えない
では、この区間に、もっと格安な往復方法はないのか?

【東京-秋田】往復割引のポイント
  • 東京-秋田では、往復割引で片道1,010円、往復2,020円お得
  • 往復割引で、こまち指定席は片道17,110円
  • この区間には、往復割引より安い往復方法が4つある
  • その中でも、お先にトクだ値・新幹線パックが安い

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-秋田の往復&宿泊料金は、1人約8,400円、2人で24,400円お得
「こまち」指定席の片道料金は、実質12,000円~13,900と格安。
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

東京・上野-秋田の「往復割引」料金は?

東京-秋田の距離は662.6キロ、上野-新函館北斗は659.0キロ。
片道の距離が601キロ以上の区間では、条件を満たせば、往復割引が適用される。
同一区間で往復分の乗車券を同時に購入すると、往復割引で乗車券が1割引になる。
往復割引は年末年始なども有効で、当日にきっぷを購入しても割引。
では、「こまち」指定席・グリーン車に乗った時の、それぞれの料金は?

「指定席」の往復割引料金

「こまち」指定席の通常きっぷ料金は、東京-秋田が18,120円、上野-秋田が17,910円。
往復割引が適用されると、片道料金は東京-秋田17,110円、上野-秋田16,900円
往復割引は通年で利用でき、指定席は繁忙期は200円アップ、閑散期200円安くなる。

「グリーン車」の往復割引料金

グリーン車の通常きっぷ料金は、東京-秋田が21,400円、上野-秋田が21,190円。
往復割引が適用されると、片道料金は東京-秋田20,390円、上野-秋田20,180円

割引額はいくら?

東京-秋田では、指定席通常料金は18,120円、往復割引で17,110円。
グリーン車の通常料金は21,400円、往復割引で20,390円。
往復割引で安くなるのは、片道1,010円、往復で2,020円
乗車券の料金は全て同じなので、往復割引で安くなる料金は全座席同じ。

往復割引で安くなるのは往復2,020円…
しかし、新幹線ホテルパックでは、往復8,400円~12,200円安くなる

 

東京・上野-秋田では、往復割引を利用すれば、間違いなく新幹線の料金は安くなる。
しかし、この区間には、往復割引よりも安く新幹線に乗る方法が4つある
その4つの方法について、詳しくご紹介したい。

 

【東京-秋田】往復割引より安い往復方法は4つ

東京-新函館北斗では、往復割引で新幹線に乗ると、片道1,210円、往復2,420円の割引。
しかし、それよりも以下の4つの方法で往復した方が安い!

1.「トクだ値」の方が安い!

年会費無料で秋田新幹線の予約ができる「えきねっと」。
「えきねっと」で「トクだ値」を利用すると、10%または15%割引。
東京-秋田では「トクだ値10」は16,110円、「トクだ値15」は15,220円
チケットレスの「新幹線eチケット」を利用するため、交通系ICカードの登録が必要。
空席があれば、乗車当日の午前1時40分まで購入できる。

2.学生は「学割×往復割引」でさらに割引!

学生は学割で新幹線に乗ると、乗車券が2割引になり、往復割引と同時利用できる。
東京-秋田は学割で、こまち指定席が16,110円。
そして、学割と往復割引で、さらに乗車券は1割引になり、指定席は15,310円
なお、学割を利用するには、学校が発行する「学割証」が必要。

3.「お先にトクだ値」の方が安い!

えきねっと」で購入できる「お先にトクだ値」はさらに安い。
東京-秋田は、30%割引の「お先にトクだ値30」が12,530円、35%割引の「お先にトクだ値35」が11,630円
これを利用すると、往復割引より安く、片道料金は最も安くなる。
ただし、購入できるのは13日前の午前1時40分まで。
座席数は限定され、往復分が購入できないことも多い。

4.往復&宿泊なら「新幹線パック」も安い!

東京-秋田を往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックも安い
例えば、指定席で往復し1泊6,200円のホテルに泊まるパックの料金は1人34,000円。
ここから宿泊料金を引くと、新幹線の片道料金は実質13,900円と格安!
そして、このパックは2人で利用すると、1人30,200円とさらにお得!
この時、はやぶさ指定席の片道料金は、実質12,000円と格安!

通常きっぷで往復し、同じホテルに泊まると、往復&1泊で42,440円かかる。
これと比較すると、1人8,440円、2人なら合計24,480円お得

そして、これまでご紹介した他のチケットと「往復&1泊」で比較すると…

往復&6,200円の合計料金を比較
往復方法 往復+6,200円 差額
お先にトクだ値35 29,460円 ▲12,980円
新幹線パック(2人) 30,200円 12,240円
お先にトクだ値30 31,260円 ▲11,180円
新幹線パック(1人) 34,000円 8,440円
トクだ値15 36,640円 ▲5,800円
学割+往復割引指定席 36,820円 ▲5,620円
学割 指定席 38,420円 ▲4,020円
トクだ値10 38,420円 ▲4,020円
往復割引 指定席 40,420円 ▲2,020円
指定席通常料金 42,440円 0円

東京-秋田では、往復割引でも新幹線の料金は安くなる。
しかし、往復割引より学割・トクだ値・お先にトクだ値・新幹線パックが安い。
特に、往復&宿泊なら、新幹線ホテルパックは当日予約でも安い!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

【参考】往復割引のきっぷ購入方法と使い方

東京-秋田では、往復割引のチケットはどのように購入し、使えばいいのか?
往復割引でのチケットの購入方法と、使い方を確認しておこう!

購入は窓口・券売機・えきねっと

まず、往復割引のチケット購入は、駅の窓口や券売機で購入することができる。
往復割引は、同一区間で往復分の乗車券を同時に購入すると適用される。
また、特急券は割引対象外なので、特急券は必ずしも往復分を購入する必要はない。
往復分の乗車券と片道特急券のみ先に買い、帰りの特急券は後で購入することができる。
また、秋田新幹線は、「えきねっと」でも購入することができる。

往復割引は、新幹線の前後に利用する在来線も割引になる。
例えば、横浜から秋田駅まで往復するなら、東京から購入するよりも、「横浜」からの在来線も含めた区間で、乗車券を往復分購入した方が割引額は大きい。

 

使い方は他のチケットと同じ

使い方は 往復割引のチケットも、通常の新幹線チケットと同じ。
乗車券・特急券を一緒の改札に通し、指定席の場合は指定された座席に座る。

秋田新幹線を利用する場合、「こまち」は全席座席指定。
自由席がないため、必ず事前に座席を指定する必要がある。

 

まとめ
  • 東京-秋田では、往復割引は使えるが安くない。
  • この区間で、往復割引より安い方法が4つ。
  • 特に、往復&宿泊なら、新幹線ホテルパックが安い

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!