名古屋-大阪

【名古屋-大阪】新幹線「学割」料金&さらに安い方法3つ

名古屋 大阪 新幹線 学割

 

名古屋-新大阪の新幹線は「学割」よりもっと安くなる!

片道101キロ以上の区間では、「学割」で新幹線料金は安くなる。
しかし、名古屋-新大阪では「学割」より安い方法が3つある

【名古屋-新大阪】学割のポイント
  • 名古屋-新大阪では、学生は学割で新幹線に乗れる。
  • 学割で乗車券が2割引になり、片道690円お得。
  • 名古屋-新大阪では、学割より安い方法が3つある
  • その中でも、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い

「学割」で安くなるのは往復で1,380円。
しかし、新幹線パックなら往復&1泊で1人5,360円お得

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
名古屋-大阪なら、往復&1泊で1人約2,300円~5,300円お得
学割や他のチケットより安く、この区間の最安値
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

名古屋-大阪の新幹線「学割」料金は?

片道の距離が101キロ以上の区間では、学生は「学割」で新幹線に乗ることができる。
乗車券が2割引になる「学割」を使うと、名古屋-大阪の新幹線料金は?

学割「指定席」料金

学割で新幹線に乗ると、乗車券のみ2割引。(特急券は割引対象外)
名古屋-大阪は、のぞみ指定席通常料金が乗車券3,410円+特急券3,270円の6,680円
学割利用で乗車券が2割引になり2,720円、特急券を合計すると5,990円
また、「ひかり・こだま」指定席は、通常6,470円だが、学割で5,780円になる。
通常料金と比較すると、片道で690円、往復で1,380円安くなる

学割「自由席」料金

自由席の特急券料金は指定席より安く、名古屋-新大阪では2,530円。
2割引きの乗車券2,720円+特急券で、学割で自由席に乗ると片道料金は5,250円
自由席通常料金5,940円と比較すると、片道で690円、往復で1,380円安くなる

座席 通常料金 学割の料金
のぞみ指定 6,680円 5,990円
ひかり・こだま指定 6,470円 5,780円
自由席 5,940円 5,250円

 

【名古屋-新大阪】学割より安く新幹線に乗る方法3つ

学生は「学割」で自由席に乗れば、新幹線料金は安くなる。
しかし、名古屋-新大阪では、それより安く新幹線に乗れる方法が3つある。
特に、この区間では、所要時間も大きく変わらない「こだま」がお得!

1.往復&宿泊するなら「新幹線パック」が安い

名古屋-大阪を往復&宿泊するなら、最も安く新幹線に乗れるのは新幹線ホテルパック
宿泊する時しか使えないが、学割より安く、他の方法よりも安い。

例えば、学割×のぞみ指定席で往復し1泊8,000円のホテルに泊まると21,360円かかる。
しかし、「こだま」利用の新幹線パックで予約すると、往復&1泊で1人19,000円。
ここから宿泊料金を除いた「こだま」指定席の片道料金は、実質5,500円と格安!

さらに、「こだま」で往復するパックは16,000円と安く、片道料金は実質4,000円
もし、往復&宿泊するなら、最も格安に新幹線に乗れるのは新幹線ホテルパック!

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
名古屋-大阪なら、こだま往復&1泊で1人約5,300円お得
学割やぷらっとこだまより安く、この区間の最安値
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

2.2人以上なら「EXこだまファミリー早特」が安い

宿泊しない日帰りの旅行など、新幹線パックは使えない。
そのような時、2人以上なら「こだま」限定の「EXこだまファミリー早特」が安い。
購入できるのは、エクスプレス予約・スマートEX会員のみで、3日前までの予約が必要。
名古屋-新大阪は「こだま」指定席が4,280円と安い。
なお、年末年始・GW・お盆など利用できない日があるので注意したい。
また、このチケットは新幹線区間でしか利用できないので、前後にJR在来線を利用する時には別途料金が発生することも知っておきたい。

3.1人なら「ぷらっとこだま」が安い

宿泊なしで1人の場合、新幹線パック・EXこだまファミリー早特は使えない。
そのような時には、「ぷらっとこだま」が安い!
JR東海ツアーズの店頭で1ヶ月前~前日まで、ネットで5日前まで購入できる。
名古屋-新大阪は1ドリンク引換券付きで、「こだま」指定席が片道4,500円
空席があれば年末年始・お盆の帰省にも利用できるが、料金はアップする。
なお、ぷらっとこだまも新幹線区間でしか利用できないので注意したい。

指定席ならエクスプレス予約・回数券も学割より安い!

学割「自由席」より安いのは、ご紹介した3つの方法。
しかし、学割「指定席」料金と比較すると、エクスプレス予約・回数券も安い。
名古屋-新大阪の学割指定席料金は、のぞみ5,990円、ひかり・こだま5,870円。
これに対して、エクスプレス予約は5,680円、回数券は5,760円
指定席料金と比較すると、この2つも学割より安い!

 

以上が、名古屋-新大阪で、学割より安く新幹線に乗る方法。
では、これらの料金を、片道と往復&1泊で比較してみると…

往復&1泊8,000円合計で比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
のぞみ指定席通常 6,680円 21,360円
学割のぞみ指定席 5,990円 19,980円
学割ひかり指定席 5,780円 19,560円
エクスプレス予約 5,680円 19,360円
新幹線パック(のぞみ) 実質5,500円 19,000円
学割自由席 5,250円 18,500円
ぷらっとこだま 4,500円 17,000円
EXこだまファミリー早特 4,280円 16,560円
新幹線パック(こだま) 実質4,000円 16,000円

往復&宿泊なら「こだま」利用の新幹線パックが安い。

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

【参考】学割のきっぷ購入方法・使い方

ご紹介した通り、名古屋-大阪では、学割より安く新幹線に乗れる方法がある。
しかし、途中下車する時など、学割を利用した方が便利な時もある。
そこで、新幹線で「学割」を利用する前に知っておきたい、購入方法や使い方を紹介。
特に、購入時には注意点があるので、確認しておきたい。

学割でのきっぷ購入方法

学割で新幹線のきっぷ(学生割引乗車券)を購入するには、「学割証」が必要。
まずは「学校学生生徒旅客運賃割引証」(学割証)を学校で申請し入手する。
そして、
学割証を持ってJRの窓口へ行くと、学割で2割引で乗車券を購入できる。
学割証の提示が必要なので、券売機やネットでのきっぷ購入はできない。
学割証があれば、きっぷは当日に購入すればよく、事前に購入する必要はない。

学割は新幹線の前後に利用する在来線の乗車券も2割引になる。
例えば、岐阜の多治見からUSJへ行く時も、新幹線に乗るのは名古屋-新大阪。
この場合、多治見から学割で乗車券を購入した方がお得。
このように購入すると、多治見-名古屋、大阪市内の在来線区間を含めて乗車券が2割引になる。

使い方

学割で購入したきっぷも、使い方は通常きっぷと同じ。
乗車券・特急券を重ねて改札を通り、指定席なら指定した列車・座席に座る。
なお、指定席を利用するなら、事前に座席指定手続きが必要。
そして、学割で新幹線に乗る際には「学生証」の携帯が必要。

 

まとめ
  • 名古屋-新大阪で学割を使うと、片道690円お得。
  • この区間には、学割より安く新幹線に乗る方法が3つ。
  • その中でも、往復&宿泊するなら新幹線パックが最も安い。