横浜-名古屋

【新横浜-名古屋】新幹線「学割」は損?学割より安い方法は?

新横浜 名古屋 新幹線 学割

 

横浜-名古屋の新幹線で「学割」利用をお考えの方へ!

新横浜-名古屋は片道101キロ以上あり、学生は学割で新幹線に乗れる。
学割で乗車券は2割引になり、片道1,150円、往復2,300円安くなる。
しかし、横浜-名古屋では、学割より安い方法が3つある

【新横浜-名古屋】学割のポイント
  • 学割で新幹線に乗るには「学割証」を持って窓口で切符を購入。
  • 前後の在来線区間も含めて乗車券を買うのがお得。
  • 学割料金は、のぞみ9,490円、ひかり・こだま9,280円、自由席8,750円。
  • 学割より、早割こだま新幹線パックの3つが安い
  • 往復&宿泊するなら、新幹線パックが一番安い

往復&宿泊するなら、学割より安い
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

【参考】往復&1泊5,700円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
学割のぞみ指定席 9,490円 24,680円
EXのぞみファミリー早特 9,290円 24,280円
学割ひかり指定席 9,280円 24,260円
学割自由席 8,750円 23,200円
EX早特21 8,760円 23,220円
ぷらっとこだま 8,300円 22,300円
EXこだまファミリー早特 7,940円 21,580円
新幹線パック(のぞみ) 7,700円 21,100円
新幹線パック(こだま) 約6,600円 18,900円

 

新横浜-名古屋の新幹線「学割」料金は?

新横浜-名古屋の距離は約337キロで、101キロ以上なので学割が利用できる。
学割で新幹線に乗ると、乗車券部分が2割引になるのでお得!
では、新横浜-名古屋の学割利用時の新幹線料金は?

学割×のぞみ指定席

新横浜-名古屋の「のぞみ」指定席通常料金は10,640円。
このうち、乗車券5,720円が学割で2割引になると4,570円。(10円未満切り捨て)
のぞみ指定席特急券料金4,920円との合計は9,490円
これで、通常料金より片道1,150円、往復2,300円安くなる。
この料金は、繁忙期には200円アップの9,690円、閑散期は200円安い9,290円。

学割×ひかり・こだま指定席

新横浜-名古屋の「ひかり・こだま」指定席通常料金は10,430円。
「ひかり・こだま」の特急券料金は「のぞみ」より安く4,710円。
学割で2割引になった乗車券4,570円との合計は9,280円
繁忙期は200円アップの9,480円、閑散期は200円安い9,080円。
新横浜-名古屋なら「ひかり」に乗れば「のぞみ」と大して時間差はない。

学割×自由席

新横浜-名古屋の自由席通常料金は、全列車共通の9,900円。
学割で安くなった乗車券と特急券4,180円の合計は8,750円
この料金は年間通して同じで、繁忙期・閑散期も同額。

エクスプレス予約会員の方は、学割と「e特急券」を一緒に使うとお得。
学割×e特急券で新横浜-名古屋は指定席・自由席とも8,700円で乗れる。

 

新横浜-名古屋で学割より安く新幹線に乗る方法3つ

新横浜-名古屋で「のぞみ」指定席に学割で乗ると10,640円が9,490円になる。
この区間で学割を使うと、片道1,150円、往復2,300円お得。
しかし、新横浜-名古屋には、学割より安い方法が3つある。

1.宿泊するなら「新幹線パック」が安い!

横浜-名古屋は往復&宿泊するなら、新幹線パックが一番安い
例えば、通常きっぷで往復し5,700円のホテルで1泊すると、合計26,980円かかる。
ところが、これを新幹線パックで予約すると21,100円なので、1人5,880円お得!
この時の「のぞみ」指定席片道料金は実質7,600円と、この区間の最安値

さらに、「こだま」で往復するパックは往復&1泊で1人18,900円と安い。
「こだま」利用のパックなら、実質の片道料金は6,600円と格安。
宿泊するなら、これからご紹介する「早割・こだま」より新幹線パックが安い!

 

この格安な新幹線ホテルパックはこれ!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルの同時予約が可能。
これを利用すると、横浜-名古屋の新幹線料金は最安値に!
通常きっぷで往復&宿泊するより1人5,880円、2人で11,760円お得
3日前まで予約でき、チケットは自宅へ宅配。

 

2.学割より「早割」が安い!

新横浜-名古屋では、早めに購入すると安く新幹線に乗れる方法がある。
安くなるのは「EXのぞみファミリー早特」「EX早特21」の2つ。
いずれも、エクスプレス予約・スマートEXで購入することができる。

2人以上なら「EXのぞみファミリー早特」

新横浜-名古屋で「EXのぞみファミリー早特」を使うと「のぞみ」指定席は9,290円
学割の「のぞみ」指定席料金9,490円より200円安い。
3日前までの予約が必要で、利用できるのは2人以上で土休日のみ。
ただし、閑散期は学割が200円引きになるので9,290円と同額。
そして、学割で「ひかり」に乗ると9,280円なので、「ひかり」なら学割の方が安い。

早めの予約なら「EX早特21」

新横浜-名古屋で「EX早特21」を使うと8,760円で「のぞみ」指定席に乗れる。
21日前までの予約が必要で、朝6時台と11~15時台出発の「のぞみ」限定。
早めに予約できるなら、学割を利用するより安い。

「EXのぞみファミリー早特」「EX早特21」は以下の点に注意が必要。

  • 年末年始・GW・お盆は利用できない。
  • 新幹線の区間しか利用できず、前後の在来線は別途料金。

前後にJR在来線を利用する場合、その在来線料金によっては損することもある。

3.「こだま」なら学割より安い方法も!

新横浜-名古屋で学割を使って「こだま」指定席に乗ると9,280円。
しかし、「こだま」に限定すれば、これより安い方法がある。

「ぷらっとこだま」は1人ならお得!

「こだま」限定で1人でも安くなる「ぷらっとこだま」。
新横浜-名古屋の料金は、指定席通常期8,300円、繁忙期9,300円。
ネットで5日前、店頭でも前日までに購入する必要があるが安い。
ただし、座席数が限定で、利用できるのは新幹線の区間のみ。

2人以上は「EXこだまファミリー早特」

2人以上で「こだま」に乗るなら、安いのは「EXこだまファミリー早特」。
3日前までにエクスプレス予約・スマートEXで予約すると、指定席は7,940円
1人では利用できないが、2人以上ならぷらっとこだまより安い。
ただし、利用できるのは新幹線の区間のみで、年末年始・GW・お盆は利用不可。

横浜-名古屋で学割より安いのは以上の3つ。(正確には5つ)

  • 「のぞみ」は学割より、EXのぞみファミリー早特・EX早特21が安い。
  • 「こだま」は学割より、ぷらっとこだま・EXこだまファミリー早特が安い。
  • 往復&宿泊なら、それ以上に新幹線パックが安い

 

【参考】学割のきっぷ購入方法と注意点

新横浜-名古屋で学割を利用するとき、切符はどのように購入し利用すればいいのか?
いくつか注意したい点もあるので確認しておきたい。

学生証では学割にならない

学割できっぷを購入するには、学校が発行する「学割証」が必要。
この学割証を持って駅の窓口や旅行会社へ行くと、学割で新幹線の切符を購入できる。
新幹線に乗る時には「学生証」は必要だが、購入時に必要なのは「学割証」。
学生証を見せても学割で切符を購入することはできない。

指定席の料金は繁忙期・閑散期で違う

指定席の特急券料金は、繁忙期は200円アップ、閑散期は200円安くなる。
そして、指定席料金は「ひかり・こだま」より「のぞみ」が210円高い。
もし、2人以上で土休日に「EXのぞみファミリー早特」を使うと9,290円。
この料金は繁忙期・閑散期も同じだが、学割の料金は変動する。
閑散期なら「のぞみ」指定席は9,290円で同じ。
閑散期に「ひかり」指定席に乗ると9,080円とEXのぞみファミリー早特より安い。
新横浜-名古屋間では、のぞみ・ひかりの所要時間は大差ないので「ひかり」がお得。

前後の在来線区間も学割が適用

例えば、岐阜や三重から鎌倉へ行こうと思えば、利用する新幹線の区間は名古屋-新横浜。
しかし、その前後に在来線を利用しなければならない。
そんな時には、名古屋-新横浜間ではなく、在来線の区間も含めて学割で切符を購入する。
すると、新幹線だけでなく、在来線区間も含めて乗車券が2割引になるのでお得。