東京-山形

【東京-山形】新幹線を予約する!格安な予約方法は?

東京 山形 新幹線 予約

 

これから東京-山形で、上越新幹線を予約したい方へ!

山形新幹線は「えきねっと」から予約することができる。

しかし、利用する方法(チケット)によって、新幹線料金が全く違う
では、東京-山形の新幹線は、どうすれば安く予約できるのか?

【東京-山形】格安予約のポイント
  • 新幹線の予約ができるのは「えきねっと」
  • 新幹線eチケットサービス」で指定席は200円割引
  • えきねっとトクだ値」は10%割引で予約できる
  • お先にトクだ値」での予約なら30%割引
  • 往復&宿泊なら、新幹線ホテルパックで予約すると安い!

 

往復&宿泊ならこれが安い!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約できる新幹線パック。
東京-山形なら、往復&1泊で1人約9,500円お得
お先にトクだ値が往復分購入できない時、これを利用すると安い。
座席表で空席を確認して予約できるので安心。
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで予約可能!

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

【東京-山形】新幹線の予約はいつからいつまで?

東京-山形の新幹線は、「えきねっと」から座席を予約することができる。
そして、これ以外に、新幹線ホテルパックも座席表を見ながら予約が可能。

ところが、利用する方法によって、以下の通り予約できる期間が違う。

予約方法 予約期間
通常予約 1ヶ月前10:00~6分前
新幹線eチケット 1ヶ月前10:00~4分前
えきねっとトクだ値 1ヶ月前10:00~当日1:50
お先にトクだ値 1ヶ月前10:00~13日前1:50
新幹線ホテルパック 1ヶ月以上前~当日出発6時間前

※なお「えきねっと」は、発売開始1週間前から「事前受付」にて申込み可。

東京-山形では、以上の方法で新幹線を予約することができる。
ところが、利用するチケットによって、料金が全く違うので詳しくご紹介したい。

山形新幹線の予約方法「指定席」料金が安い順!

東京-山形では、通常きっぷより安くなる新幹線の予約方法が4つある。
この新幹線予約方法を、「指定席」の料金が安い順にご紹介したい!

1.往復&宿泊の予約は「新幹線パック」が安い!

東京-山形を、新幹線で往復&宿泊するなら、「新幹線ホテルパック」が安い。
「お先にトクだ値」が片道でも買えなければ、新幹線パックを利用するのが安い。

例えば、指定席で往復し、1泊6,000円のホテルに泊まるパックは1人19,400円。
ここから宿泊費を引くと、「つばさ」指定席の片道料金は6,700円と安い!

新幹線ホテルパックでは、まず、宿泊するホテルを選択。
次に、往復で利用する新幹線の列車と座席を選択する。

このように、新幹線とホテルとセットで予約すると、格安料金で新幹線に乗れる。
新幹線パックが予約できるのは、2ヶ月以上前~当日の出発6時間前まで
利用日の1ヶ月前からは、座席表を見て座席を選択することができる

 

往復+1泊6,000円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
指定席通常料金 11,450円 28,900円
新幹線eチケット 11,250円 28,500円
えきねっとトクだ値10 10,110円 26,220円
お先にトクだ値30 7,860円 21,720円
新幹線パック 6,700円 19,400円

片道料金だけでなく、新幹線往復&1泊の合計料金を比較!
お先にトクだ値も安いが、現実的には、新幹線ホテルパックを利用すると安い。

 

この格安な新幹線ホテルパックはこれ!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルの同時予約で安くなる新幹線パック。
特に2人以上で利用すると、東京-山形の新幹線料金は格安!
通常きっぷでの往復&宿泊料金より1人約9,500円お得
座席はシートマップを確認しながら予約できる。
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで予約が可能。

 

 

2.片道が安いのは「お先にトクだ値」の30割引だが…

東京-山形では、片道の新幹線料金が最も安いのは「お先にトクだ値」。
13日前の午前1時50分までの予約なら、30%割引「お先にトクだ値」の7,860円が安い。
「新幹線eチケット」を利用して、チケットレスで新幹線に乗車する。
えきねっとに会員登録し、交通系ICカードと決済用クレジットカードの登録が必要。
最大6人分まで購入できるが、全員分の交通系ICカード登録が必要。
なお、安いので、特に週末利用分など、なかなか空席がないのが現実

3.「えきねっとトクだ値」も10%割引

出発の13日前を過ぎると「お先にトクだ値」は利用できない。
また、宿泊しない場合、片道のみの新幹線利用など、新幹線パックも利用できない。
このような時は、「えきねっとトクだ値」での予約が安い。
指定席は10割引で、東京-山形では指定席が10,110円。
空席がれば、1ヶ月前~当日の午前1時50分まで購入できる
「新幹線eチケット」で利用するため、利用者全員の交通系ICカードの登録が必要。

4.「新幹線eチケットサービス片道片道200円割引

お先にトクだ値・トクだ値が利用できない場合、「新幹線eチケット」でも予約できる。
安くなるのは、指定席・グリーン車で片道200円。
チケットレスで新幹線に乗るため、利用者全員の交通系ICカードの登録が必要。
1ヶ月前(事前受付でさらに1週間)から出発4分前まで予約できる。

東京-山形は、以上のような方法で新幹線の予約が可能。

グリーン車の予約が安いのは?

グリーン車を利用する時も、「えきねっと」で予約ができる。
ところが、片道料金が安くなるのは「新幹線eチケット」のみ。

東京-山形では、グリーン車に「トクだ値・お先にトクだ値」の設定がない

なお、往復&宿泊するなら、グリーン車も新幹線ホテルパックが安い。
実質の片道料金は、1人利用時約12,600円、2人以上で予約すると約12,300円と格安!

 

まとめ
  • 山形新幹線は「えきねっと」で予約できる。
  • しかし、利用する方法によって料金が違う。
  • 片道料金が安いのは「お先にトクだ値」。
  • 往復&宿泊なら、新幹線ホテルパックも安い。