東京-山形

【東京-山形】新幹線の「学割」料金※学割って本当にお得?

東京 山形 新幹線 学割

 

東京‐山形では新幹線の「学割」は本当にお得か?

東京‐山形でも、学生は「学割」を利用すると新幹線料金は安くなる。
しかし、この区間には、学割より安く新幹線に乗る方法が2つある

【東京‐山形】学割のポイント
  • 学割の料金は、指定席で10,240円。
  • 東京‐山形では、学割より安く新幹線に乗る方法が2つある。
  • その中でも、往復&宿泊するなら、新幹線パックが安い

学割で新幹線に乗って安くなるのは、片道1,210円、往復で2,420円。
しかし、新幹線パックなら、往復で1人9,500円お得

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-山形なら、往復&1泊で1人約9,500円お得
学割や他のチケットより安く、この区間の最安値
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

東京‐山形の新幹線「学割」指定席の料金は?

片道101キロ以上の区間では、学生は「学割」で新幹線に乗ることができる。
「学割」を利用すると、乗車券が2割引になる。(特急券は割引対象外)
では、東京‐山形で学割を利用すると、山形新幹線「つばさ」の料金は?

東京‐山形の指定席通常料金は、乗車券6,050円+特急券5,400円の合計11,450円
学割で乗車券が2割引になり、特急券料金との合計は10,240円
これが通常期の料金で、繁忙期は200円高く、閑散期は200円安くなる。

 

【東京‐山形】学割より安い方法は2つ!

学生は「学割」で新幹線に乗ると安くなるが、学割よりさらに安い方法がある。
東京‐山形で、学割より安く新幹線に乗れるのは、次の2つの方法

1.片道料金は「お先にトクだ値」が安い!

えきねっと」で13日前の午前1時50分まで予約できる「お先にトクだ値」。
乗車券と特急券の両方が割引になり、割引率は30%
東京-山形では、「お先にトクだ値30」で指定席が7,860円
学割よりも安く、片道の料金は、この区間で最も安い。
ただし、売り切れが早く、往復分の購入が困難なので、他の方法も知っておきたい。

2.往復&宿泊なら「新幹線パック」が安い!

東京-山形を往復&宿泊するなら、格安に新幹線に乗れるのは新幹線ホテルパック
宿泊するなら学割より安く、「お先にトクだ値」より安い!

例えば、学割×指定席往復で1泊6,000円で泊まると、1人合計26,480円かかる。
しかし、これを新幹線パックで予約すると、往復&1泊で1人19,400円。
ここから宿泊料金を除いた指定席の片道料金は、実質6,700円と安い!
往復&宿泊するなら、最も格安に新幹線に乗れるのは新幹線ホテルパック

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-山形なら、往復&1泊で1人約9,500円、2人で約19,000円お得
学割で新幹線に乗るより安く、実際にはこれが最も安い!
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

以上が、東京-山形で、学割より安く新幹線に乗る2つの方法。
では、これらの料金を、片道と往復&1泊で比較してみると…

 

往復&1泊6,000円の合計で比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
指定席通常料金 11,450円 28,900円
学割指定席 10,240円 26,480円
トクだ値10+30 平均8,985円 23,970円
お先にトクだ値30 7,860円 21,720円
新幹線パック 実質6,700円 19,400円

片道料金は「お先にトクだ値30」が最も安い。
しかし、往復&宿泊するなら、新幹線パックが安い。

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

【参考】学割のきっぷ購入方法・使い方

新幹線で「学割」を利用するには、どのようにきっぷを購入し利用すればいいのか?
学割の購入方法・使い方を、注意点も合わせてご紹介したい。

購入は「学割証」を持って駅の窓口へ

新幹線に学割で乗るには、まず、学校で「学割証」を発行してもらう必要がある。
学割証があって初めて学割が適用され、これを持ってJRの窓口できっぷを購入。
これで、学割の適用を受けることができるが、切符の購入は事前でも当日でも可能。

乗車券は在来線を含く区間の購入がお得!

「学割」では乗車券が割引になるが、前後に利用する在来線区間も割引になる。
新幹線と在来線を利用するなら、在来線の区間も含めて学割で乗車券を購入するとお得
例えば、横浜から山形へ行く時も、山形新幹線の乗車区間は東京-山形。
それでも、乗車券は横浜-山形で購入すれば、在来線区間も割引になるのでお得。

東京駅より「上野駅」の方がお得

もし、東京駅より上野駅の方が利用しやすい場合、上野-山形で新幹線に乗った方がお得。
乗車券の料金は同じだが、特急券の料金は210円安くなる。
学割指定席の料金は、東京-山形は10,240円、上野-郡山は10,030円とお得。

指定席は座席指定手続きが必要

学割で購入したチケットも、使い方は通常のきっぷと同じ。
乗車券・特急券を同時に改札に通し、指定席に乗る。
なお、指定席は、窓口等で事前に座席指定の手続きをする必要がある

乗車には「学生証」の携帯を!

学割でのチケット購入時には「学割証」が必要だが、乗車時には「学生証」が必要。
学割を利用する際にはチケットや学生証の確認もある。

 

まとめ
  • 学割は「学割証」を持って駅の窓口で切符を購入
  • 東京-山形で、学割より安く新幹線に乗る方法は2つ。
  • 往復&宿泊なら、実際は新幹線ホテルパックが安い!