東京-富山

東京-富山「グリーン車」料金※往復6,700円安くなる!

東京 富山 グリーン車

 

東京・上野-富山では、新幹線のグリーン車の料金も安くなる
では、どのような方法で、グリーン車料金は安くなるのか?

【東京-富山】グリーン車の格安ポイント
  • 東京-富山でグリーン車に安く乗る方法は3つ。
  • 片道料金は、モバトク・eきっぷで安くなる。
  • 往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパック最も安い
  • 新幹線パックなら往復で最大1人6,700円お得

グリーン車往復&1泊41,420円が、1人35,600円37,200円に。
新幹線パックなら、往復&1泊で1人5,100円、2人なら合計13,400円お得

この料金の格安パックはこれ!
↓ ↓ ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京-富山の新幹線「グリーン車料金」を確認!

まずは、東京・上野-富山の新幹線のグリーン車の通常料金を確認しておこう。
東京-金沢と上野-金沢の料金の差額は片道210円。

区間 片道料金 往復料金
東京-金沢 17,360円 34,720円
上野-金沢 17,150円 34,300円

この区間を直通で運行する「かがやき・はくたか」のグリーン車料金は同じ。
東京-金沢は、片道17,360円、往復34,720円。
上野-金沢は、片道17,150円、往復34,300円。
駅の窓口や券売機、「えきねっと」で通常きっぷを購入するとこの料金。

では、このグリーン車の料金は、どのような方法で安くなるのか?

グリーン車の「往復料金」を比較!

学割を除くと、東京-富山のグリーン車料金は、3つの方法でしか安くならない。
まずは、これらの片道・往復料金を全部まとめて比較したい。

【東京-富山】グリーン車料金を比較
チケット名 片道 往復
グリーン車通常料金 17,360円 34,720円
eきっぷ 17,260円 34,520円
モバトク 17,140円 34,280円
新幹線パック(1人) 実質14,800円 往復で格安
新幹線パック(2人) 実質14,000円 往復で格安

東京-富山で、グリーン車が通常料金より安くなるのは以上の方法。
では、これら3つの方法について詳しくご紹介したい。

【東京-富山】グリーン車に格安に乗る方法3つ

東京-富山では、新幹線のグリーン車に通常料金より安く乗る方法は3つ
この区間で、グリーン車料金が最も安くなるのは?

1.e5489「eきっぷ」で片道100円の割引

北陸新幹線のグリーン車も、e5489の「eきっぷ」で安くなる。
この「eきっぷ」を購入できるのはJ-WESTカード会員のみ。
別途購入する乗車券と合わせたグリーン車料金は、東京-富山では17,260円
割引にはなるが、片道100円、往復で200円しか安くならない

2.「モバトク」で片道220円の割引

モバイルSuicaを利用すると、北陸新幹線のグリーン車料金も割引になる。
東京-富山のグリーン車で使えるのは「モバトク」のみで、料金は17,140円
当日の予約も可能だが、安くなるのは片道220円、往復440円のみ
年末年始・GW・お盆も利用できるが、利用できるのは会員本人のみ。

3.「新幹線パック」なら往復最大1人6,700円お得!

東京-富山を新幹線で往復&宿泊するなら、グリーン車も新幹線ホテルパックが安い
新幹線パックを利用した時、グリーン車料金はこの区間の最安値

例えば、通常きっぷ往復&1泊7,600円の宿泊なら、合計で42,320円かかる。
ところが、これを新幹線パックで予約すると、往復&1泊で1人37,200円。
「かがやき」グリーン車も選択可能で、合計料金は1人5,120円お得
このパック料金から宿泊費を引いた、グリーン車の片道料金は実質14,800円と安い。

しかも、このパックは2人以上で予約すると、1人35,600円とさらに安くなる。
そして、この時の片道料金は実質14,000円と、この区間の最安値!
2人以上で新幹線パックを利用すると、1人6,720円、2人で13,440円お得

そして、他のグリーン車料金と往復&1泊で比較すると…

グリーン車往復&1泊7,600円の合計料金を比較
チケット名 往復+7,600円 差額
通常料金 42,320円 0
eきっぷ 42,120円 ▲200円
モバトク 41,880円 ▲440円
新幹線パック(1人) 37,200円 5,120円
新幹線パック(2人) 35,600円 6,720円

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

東京-富山なら、グリーン車料金は約14,000円~14,800円と格安!
これを利用すると、1人約5,100円、2人なら合計13,400円お得
出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。

 

まとめ
  • 東京-富山では3つの方法でグリーン車に安く乗れる。
  • そのうち片道料金が安くなるのは「eきっぷ・モバトク」。
  • そして、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い。