東京-岡山 PR

【東京・品川-岡山】新幹線「往復割引」は損?格安な往復方法は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

東京 岡山 新幹線 往復割引

 

【東京-岡山】新幹線で「往復割引」をご検討中の方へ!

東京-岡山では、新幹線は「往復割引」で、乗車券が1割引になる。
しかし、往復割引は決して安くはない…。
では、この区間に、もっと格安な往復方法はないのか?

【東京-岡山】往復割引のポイント
  • 東京-岡山では、往復分の乗車券同時購入で往復割引が適用
  • しかし、往復割引で安くなるのは乗車券の1割のみ
  • 往復割引で「のぞみ」指定席片道16,700円、自由席15,530円
  • そして、東京-岡山では、往復割引より安い方法が5つ
  • 往復&宿泊するなら新幹線パックが最も安い

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-岡山の往復&宿泊料金は、1人約10,600円、2人で21,200円安くなる
「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。

 

東京-岡山の新幹線「往復割引」料金は?

片道の距離が601キロ以上の区間で、乗車券を往復分同時に購入すると、往復割引が適用される。
東京‐岡山は732.9キロなので、この往復割引で乗車券が1割引きになる
では、往復割引で指定席・自由席・グリーン車に乗った時の料金は?

列車・座席 通常料金 往復割引
のぞみ指定席 17,770円 16,700円
ひかり指定席 17,130円 16,060円
自由席 16,600円 16,630円
のぞみグリーン車 23,840円 22,770円
ひかりグリーン車 23,200円 22,130円

「指定席」往復割引の料金

東京・品川‐岡山の「のぞみ」指定席通常料金は17,770円。
往復割引を利用すれば乗車券が1割引きになり、「のぞみ」指定席が16,700円
そして、繁忙期は200円、最繁忙期は400アップ、閑散期は200円安くなる。
なお、「ひかり」は「のぞみ」より安く、通常料金が17,130円。
往復割引が適用されると、通常期の片道料金は16,060円。

「自由席」往復割引の料金

東京・品川‐岡山の新幹線の自由席通常料金は16,600円。
往復割引を使って自由席に乗ると、片道料金は15,530円
自由席の料金は、時期によっての変動はなく、年間通して同じ料金。

「グリーン車」の往復割引料金

東京・品川‐岡山のグリーン車料金は、通常きっぷが片道23,840円。
これが、往復割引で乗車券が1割引になると、「のぞみ」片道22,770円
「ひかり」は通常料金23,200円が、往復割引で22,130円になる。

割引額はいくら?

東京・品川‐岡山での「のぞみ」指定席は17,770円、往復割引で16,700円。
自由席は通常16,600円が、往復割引で15,530円。
グリーン車は通常料金23,840円が、往復割引で22,770円。

どの切符も、乗車券の料金は全て同じなので、往復割引で安くなる金額は同じ。
この区間では、往復割引で安くなるのは片道1,070円、往復で2,140円

そして、東京-岡山では、往復割引より安く新幹線に乗る方法が5つある
その5つの方法について詳しくご紹介したい。

往復割引で安くなるのは往復で2,140円…
新幹線ホテルパックでは往復11,300円~12,900円安くなる

 

東京-岡山で往復割引より安い往復方法5つ

東京-岡山では、往復割引で新幹線に乗ると、片道1,070円、往復2,140円安くなる。
しかし、それよりも以下の5つの方法で往復した方が安い!

1.「スマートEX」で往復予約が400円お得

東海道・山陽新幹線をネット予約できるのが「スマートEX」。
年会費は無料で、会員登録すれば誰でも利用できる。
往復割引乗車券で「のぞみ」指定席に乗ると片道料金は16,700円。
しかし、「スマートEXサービス(往復割引)」なら片道16,500円
通常の往復割引よりもスマートEXの往復割引の方が、指定席は200円安くなる。

2.「エクスプレス予約」×往復割引でお得!

年会費1,100円で利用できる、新幹線割引予約サービス「エクスプレス予約」。
年末年始・GW・お盆も新幹線料金が安く、スマートEXより安いなどメリットは多い。
まず、エクスプレス予約は通常予約でも16,300円と、往復割引を使うより安い。
そして、「EX予約サービス(往復割引)」を利用すると、片道15,020円とさらに安い。
エクスプレス予約で往復分を予約すると、片道2,640円、往復で5,280円安くなる。

3.21日前までは早割「EX早特21ワイド」が安い

スマートEX・エクスプレス予約会員は、東京-岡山では「早割」を利用するのがお得!
この区間で使えるのは、「EX早特21ワイド」「EX早特7」の2つ。

21日前までに予約が可能なら、「EX早特21ワイド」で「のぞみ」指定席が安くなる。
「EX早特21ワイド」は、東京‐岡山は13,900円なので、往復割引より断然安い。
列車は「のぞみ」指定席に限定され、年末年始等は利用不可。

4.7日前までは「EX早特7」での往復も安い

「EX早特21ワイド」が購入できない場合、7日前までの予約なら「EX早特7」が安い。
東京‐岡山では、「EX早特」は平日14,670円、土休日14,260円
当然、往復割引で新幹線に乗るよりも安い。
通常料金と比較すると、平日なら往復5,980円、土休日なら6,800円お得。
ただし、「EX早特21ワイド」と同じく、年末年始・GW・お盆は利用できない。

4.往復&宿泊なら「新幹線パック」が安い!

東京・品川‐岡山を新幹線で往復し、さらに宿泊するなら新幹線ホテルパックが安い
例えば、新幹線往復&1泊7,600円のホテル宿泊で、合計32,500円というプランがある。
ここから宿泊代を引くと、片道の「のぞみ」指定席料金は実質12,450円と格安!
新幹線パックで予約すると、1人9,540円、2人なら合計19,080円お得!

そして、これまでご紹介した他のチケットと「往復&1泊」で比較すると…

【東京-岡山】往復+1泊7,600円の合計料金比較
往復方法 往復+1泊7,600円 通常料金との差額
のぞみ指定席通常料金 43,140円 0円
ひかり指定席通常料金 41,860円 ▲1,280円
往復割引(のぞみ指定席) 41,000円 ▲2,140円
スマートEX 往復割引(のぞみ指定席) 40,600円 ▲2,540円
エクスプレス予約(往復割引のぞみ) 39,900円 ▲3,240円
往復割引 ひかり指定席 39,720円 ▲3,420円
スマートEX 往復割引(ひかり指定席) 39,300円 ▲3,840円
往復割引自由席 38,660円 ▲4,480円
エクスプレス予約(往復割引ひかり) 38,620円 ▲4,520円
エクスプレス予約(往復割引自由席) 37,660円 ▲5,480円
EX早特7(平日) 36,940円 ▲6,200円
EX早特7(土休日) 36,120円 ▲7,020円
EX早特21ワイド 35,400円 ▲7,740円
新幹線パック(のぞみ) 32,500円 10,640円

東京・品川-岡山では、往復割引で新幹線料金は安くなる。

しかし、これより安い方法が使える時、往復割引を利用するのは損。
ご紹介した通り、往復割引より早割・新幹線ホテルパックの方が安い。

特に、往復&宿泊するなら、間違いなく新幹線ホテルパックが格安

 

【参考】往復割引のきっぷ購入方法と使い方

東京-岡山で、往復割引を利用するには、どのようにきっぷを購入し使えばいいのか?

購入は窓口・券売機

往復割引のチケットは、通常チケットと同じように窓口や券売機での購入が可能。
ただし、往復分の乗車券を同時に購入しないと割引にはならない。
特急券は割引対象外なので、特急券は必ずしも往復分を購入する必要はない。
往復分の乗車券と片道特急券のみ先に買い、帰りの特急券は後で買っても往復割引は適用。

ネット予約の方がお得!

ご紹介した通り、エクスプレス予約・スマートEXならネットで往復割引の予約も可能。
「スマートEXサービス(往復割引)」「EX予約サービス(往復割引)」は往復分を同時に予約すると、往復割引と同じ効果で安くなる。
そして、「EX予約サービス(往復割引)」は往復割引乗車券より安い。
なお、ここで注意したいのは、「スマートEXサービス(往復割引)」。
スマートEXの場合、往復割引乗車券との差額は片道200円。
しかし、新幹線の区間しか利用できず、前後に在来線を利用する場合は別途料金が発生。
この在来線の料金が200円を超えるなら、スマートEXより往復割引乗車券の方がお得。

使い方は他のチケットと同じ

往復割引のチケットも、通常の新幹線チケットと使い方は同じ。
乗車券・特急券を一緒の改札に通し、指定席の場合は指定された座席に座る。
乗車券を往復分同時に購入するという点以外は、同じと考えていい。
そして、エクスプレス予約・スマートEXの場合、1人ならIC乗車も可能。
2人以上なら券売機できっぷを発券して乗車する。

  • 東京-岡山では、往復割引は使えるが安くない
  • この区間で、往復割引より安い方法は5つ
  • 片道で安いのは「EX早特21ワイド」など早割
  • 往復&宿泊なら、それ以上に新幹線ホテルパックが安い!