東京-長野

【東京-長野】回数券・金券ショップの新幹線チケットはお得?

東京 長野 新幹線 回数券

 

東京-長野では、回数券や金券ショップのチケットは本当にお得か?

新幹線には、回数券や金券ショップの格安チケットでも、安く乗ることができる。
では、これを東京-長野で使うと本当に安いのか?料金を比較してみた

【東京-長野】回数券・格安チケットのポイント
  • 東京-長野では、指定席回数券は1枚7,800円
  • 金券ショップの格安チケットは7,900円くらい
  • この区間で、回数券・格安チケットより安い方法は4つある!
  • その中でも、往復・宿泊するなら新幹線パックが安い

 

往復&宿泊するならこれが安い!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-長野で利用すると、往復&1泊で1人約3,200円~5,000円お得
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

東京-長野の回数券・格安チケットの料金は?

まずは、東京-長野の新幹線回数券と、金券ショップの格安チケット料金を確認しよう。

指定席「回数券」は1枚あたり7,800円

東京-長野では、普通車指定席の回数券を購入することができる。
価格は6枚1セットで46,800円、1枚あたりの価格は7,800円
普通車指定席なら「かがやき・はくたか・あさま」のどの列車でも利用可。
座席を指定しなければ、自由席に乗ることもできる。
回数券には3ヶ月の有効期間があり、年末年始・GW・お盆は利用不可。
駅の窓口や旅行会社等で購入することができる。

金券ショップの「格安チケット」料金は?

この回数券をセットではなく、1枚でも購入できるのが金券ショップ。
販売価格は店舗によって違うが、回数券1枚の価格より少し高いのが一般的。
東京-長野では新幹線チケットは、1枚7,800円~7,900円前後での販売が多い。
それでも、指定席の通常きっぷ(8,340円)よりは安くなる。

【東京-長野】回数券・金券ショップより安い方法4つ

東京-長野は、指定席通常料金が片道8,340円、回数券は1枚7,800円。
そして、この区間では、これより安く新幹線に乗る方法が4つある

1.学生は「学割」の方が安い!

東京-長野では、学生は回数券よりも学割で新幹線に乗った方が安い
学割が適用されると、乗車券が2割引になる。(特急券は割引対象外)
東京-長野で学割を使うと、指定席が7,520円、自由席6,990円
指定席でも自由席でも、回数券や金券ショップの格安チケットより安い。

2.回数券より「えきねっとトクだ値」が安い!

えきねっと」に無料で会員登録すると利用できる「えきねっとトクだ値」。
東京-長野で安くなるのは「あさま」のみで、10%または15%の割引。
「あさま」指定席は、「トクだ値10」で7,320円、「トクだ値15」で6,900円
回数券や金券ショップの格安チケットより安く、
当日1時40分まで予約・購入が可能。
列車によって設定の有無や割引率に違いはあるが、この料金で新幹線に乗れる。

3.片道は「お先にトクだ値」が安いが…

東京-長野の片道料金は、早割の「お先にトクだ値」が最も安い。
この区間で安くなるのは「あさま」のみで、30%または35%の割引。
「お先にトクだ値30」は5,680円、「お先にトクだ値35」は5,280円
当然、回数券より安く、「えきねっと」で13日前の午前1時40分まで購入可能。
ただし、特に週末の普通車指定席は、売り切れが早く、簡単には購入できない
空席があり、往復分を購入できれば、この区間で片道料金は最も安い。

4.往復&宿泊なら「新幹線パック」が安い!

東京-長野を往復&宿泊するなら、安いのは回数券より新幹線ホテルパック
回数券で通常きっぷより安くなるのは、片道540円、往復1,080円。
しかし、新幹線ホテルパックなら、往復&1泊で1人約3,200円~5,800円お得

例えば、指定席通常きっぷで往復し、1泊5,700円で泊まると22,380円かかる。
ところが、これを新幹線パックで予約すると19,100円なので、1人3,280円お得

そして、このパックは2人以上で予約するとさらに安く、往復&1泊で1人17,300円。
新幹線パックを2人で利用すれば、1人5,080円、2人で合計10,160円お得
この時、指定席片道料金は実質5,800円で、「あさま」以外に「はくたか」も利用可能!

 

新幹線往復&1泊5,700円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
指定席通常料金 8,340円 22,380円
金券ショップのチケット 約7,900円 21,500円
回数券 7,800円 21,300円
トクだ値10 7,320円 20,340円
学割自由席 6,990円 19,680円
新幹線パック(1人) 6,700円 19,100円
新幹線パック(2人) 5,800円 17,300円
お先にトクだ値30 5,680円 17,060円

特に、お先にトクだ値・新幹線パックは、回数券や金券ショップのチケットより安い。
しかし、「お先にトクだ値」は往復分は簡単に購入できないので、実際には新幹線ホテルパックが一番安いと考えていい。

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-長野では、往復&宿泊料金は1人約3,200円~5,000円安くなる
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

回数券・格安チケットの購入方法・使い方・注意点

東京-長野の往復は、回数券よりも、ご紹介した4つの方法が安い。
それでも、金券ショップの格安チケットは買いやすく、利用する方も多い。
では、回数券等はどこでどのように購入し、どのように使えばいいのか?

購入方法・使い方

新幹線の回数券が購入できるのは、駅の窓口や主要な旅行会社の窓口。
6枚1セットでの購入が条件だが、クレジットカードでの決済も可能。

それに対して、金券ショップへ行けば、回数券(格安チケット)を1枚で購入できる。
ただし、金券ショップは現金払いが原則で、クレジットカードでは買えない。

購入した指定席回数券や格安チケットは、駅の窓口や券売機で座席指定手続きを行う。
これで、新幹線の列車・座席が決まり、受取ったチケットで改札を通ることができる。
事前に座席指定の手続きを行わないと、指定席には乗ることができない。

東京-長野の回数券は、東京都区内-長野で利用することができる。
新幹線の前後に東京都内で在来線を利用する場合、範囲内の駅で乗車・降車するなら、そのまま回数券で在来線に乗ることができる。

注意点

回数券には3ヶ月の有効期間があり、期間中に全てを使い切らないと無効になる。
特に金券ショップで購入するチケットは、3ヶ月ない場合もあり、有効期限に注意したい。
また、回数券は年末年始・GW・お盆には利用できない。
当然、金券ショップの格安チケットも利用できないので、その期間中の旅行や帰省には他の方法を選択しなければならない。

東京-長野の格安チケットは、どこの金券ショップでも買えるわけではない。
この区間のチケットが購入できるのは、東京近郊や長野県内など。
大阪や福岡市内の金券ショップでは、基本的には販売されていない。

 

要点まとめ
  • 回数券は1枚7,800円、金券ショップで7,900円くらい。
  • 東京-長野では、回数券より安い方法が4つある。
  • その中でも、往復&宿泊なら新幹線パックが安い。