東京-福岡

【東京・品川-博多】新幹線「往復割引」料金※格安な往復方法は?

東京 博多 新幹線 往復割引

 

【東京-博多】新幹線で「往復割引」の利用をお考えの方へ!

東京-博多の新幹線は、「往復割引」で乗車券が1割引になる。
しかし、この往復割引は決して安くはない…。
では、この区間に、もっと格安な往復方法はないのか?

【東京-博多】往復割引のポイント
  • 東京-博多では、往復分の乗車券を同時に買うと往復割引が適用
  • しかし、往復割引で安くなるのは乗車券の1割のみ
  • 往復割引で「のぞみ」指定席片道21,980円、自由席20,810円
  • 東京-博多では、往復割引より安い方法が5つ
  • その中でも、往復&宿泊するなら、新幹線パックが最も安い

 

【参考】往復&1泊7,600円の料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊
往復割引のぞみ指定席 21,980円 51,560円
EX予約(往復割引) 21,780円 47,820円
EX早特(土休日) 17,310円 42,220円
新幹線パック(1人) 約14,550円 36,700円
新幹線パック(2人) 約13,350円 34,300円

往復&宿泊するなら、これが安い
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京・品川-博多の新幹線「往復割引」料金は?

JRの片道601キロ以上の区間では、条件を満たせば「往復割引」が適用される。
このような区間では、乗車券を往復分同時購入すると、乗車券が1割引きになる
東京‐博多は片道の距離が1174.9キロなので、往復割引で新幹線の料金も安くなる。
では、往復割引で指定席・自由席・グリーン車に乗った時の料金は?

指定席×往復割引の料金

東京・品川‐博多の「のぞみ」指定席の通常料金は23,390円。
往復割引で乗車券が1割引きになり、「のぞみ」指定席は21,980円
年末年始などの繁忙期も往復割引は適用されるが、料金は200円アップの22,180円。
閑散期は200円安く21,780円。

自由席×往復割引の料金

東京・品川‐博多の新幹線の自由席通常料金は22,220円。
往復割引を使って自由席に乗ると、片道料金は20,810円
自由席の料金は、時期による変動はなく、年間通して同じ料金。

グリーン車×往復割引の料金

東京・品川‐博多のグリーン車料金は、通常きっぷが片道30,650円。
これが、往復割引で乗車券が1割引になると、片道29,240円

割引額はいくら?

東京・品川‐博多の「のぞみ」指定席は、通常料金が23,390円、往復割引で21,980円。
自由席は通常22,220円が、往復割引で20,810円。
グリーン車は通常料金30,650円が、往復割引で29,240円。

どの座席も、乗車券の料金は全て同じなので、往復割引で安くなる金額も同じ。
この区間では、往復割引で安くなるのは片道1,410円、往復で2,820円割引

そして、東京-博多では、往復割引より安く新幹線に乗る方法が5つある。
その5つの方法について詳しくご紹介したい。

往復割引で安くなるのは往復2,820円…
新幹線ホテルパックでは往復1人17,680円~20,080円安くなる

 

東京-福岡で往復割引より安い往復方法5つ

東京‐福岡では往復割引を利用すると、片道1,410円、往復で2,820円安くなる。
しかし、この往復割引よりも安い方法が5つあるのでご紹介したい!

1.「スマートEX」で往復予約が400円お得

「スマートEX」とは、東海道・山陽新幹線のチケットをネット予約できるサービス。
年会費は無料で、会員登録すれば誰でも利用でき、指定席の料金は200円引き。
東京‐博多で往復割引乗車券を使うと、「のぞみ」指定席は21,980円だが、「スマートEXサービス(往復割引)」なら、さらに200円引きで片道21,780円となる。

2.指定席は「回数券」の方が安い!

自由席ではなく指定席を選ぶなら、往復割引より回数券の方がお得
東京‐博多の指定席回数券は6枚1セットで130,560円なので、1枚あたり21,760円
「のぞみ」指定席は往復割引で21,980円なので、回数券の方が200円安い。
ただし、往復割引は通年で利用できるが、回数券は年末年始・GW・お盆は利用不可。
回数券を金券ショップで購入しても、価格は往復割引と同じくらい。

3.「エクスプレス予約」×往復割引でお得!

新幹線割引予約サービス「エクスプレス予約」は、年会費1,100円がかかるが、新幹線料金はスマートEXよりも安く、繁忙期も料金は同じなどメリットは多い。
エクスプレス予約は通常予約でも21,720円と、往復割引を使うより安い。
そして、「EX予約サービス(往復割引)」を利用すると、片道20,110円とさらに安い。
エクスプレス予約で往復分を予約すると、片道3,280円、往復で6,560円安くなる。

4.早割「EX早特」で往復した方が安い!

スマートEX・エクスプレス予約会員なら「早割」を利用するのがお得!
東京‐博多で利用できる早割は、3日前までに予約する「EX早特」。
「EX早特」を利用すると、平日17,720円土休日17,310円
年末年始・GW・お盆は利用できないが、当然、往復割引で新幹線に乗るよりも安い。
通常料金と比較すると、平日なら往復5,670円、土休日なら6,080円お得。

もし、「早特」が片道しか購入できない場合は?
往復割引での往復は、のぞみ指定席23,390円×2=46,780円
EX予約サービス往復割引20,110円×2=40,220円
EX早特(平日)17,720円+スマートEX23,190円=40,910円
片道でも早割が利用できれば、往復割引での往復より安い。

 

5.往復&宿泊なら「新幹線パック」が安い!

東京・品川‐博多を新幹線で往復し、宿泊するなら新幹線ホテルパックが安い
例えば、東京‐博多を「のぞみ」指定席で往復し、1泊するプランは1人36,700円。
このプランには、のぞみ指定席往復と1泊7,600円のホテル宿泊代が含まれる。
パック料金からホテルの宿泊代金を引くと、片道の新幹線料金は実質14,550円と格安!

そして、東京-博多ではパックを2人以上で予約すると、1人の料金もさらに安くなる。
2人で予約すると、同じ内容のパックが1人34,300円に。
ここから宿泊費を引いた新幹線料金は、実質13,350円と抜群に安い!

そして、これまでご紹介した他のチケットと「往復&1泊」で比較すると…

【東京-福岡】往復+1泊7,600円の合計料金比較
往復方法 往復+1泊7,600円 通常料金との差額
のぞみ指定席 54,380円 なし
往復割引のぞみ指定席 51,560円 ▲2,820円
回数券 51,120円 ▲3,260円
EX予約(往復割引) 47,820円 ▲6,560円
EX早特(平日) 43,040円 ▲11,340円
EX早特(土休日) 42,220円 ▲12,160円
新幹線パック(1人) 36,700円 17,680円
新幹線パック(2人) 34,300円 20,080円

東京・品川-博多では、往復割引で新幹線料金は安くなる。
しかし、これより安い方法が使える時、往復割引を利用するのは損。
ご紹介した通り、往復割引より早割・新幹線ホテルパックの方が安い。
特に、往復&宿泊するなら、間違いなく新幹線ホテルパックが格安

 

【参考】往復割引のきっぷ購入方法と使い方

東京-博多で、往復割引を利用する際の、購入方法と使い方をご説明。

購入は窓口・券売機が基本

往復割引のチケットの購入は、通常チケットと同じように駅の窓口や券売機。
この時重要なのは、往復分の乗車券を同時に購入するということ。
特急券は割引対象外なので、特急券は必ずしも往復分を購入する必要はない。
往復分の乗車券と片道特急券のみ先に買い、帰りの特急券は後で買っても往復割引は適用される。

東京-博多はネット予約の方がお得!

往復で新幹線チケットを購入するのであれば、窓口・券売機よりネット予約がお得!
ご紹介した通り、エクスプレス予約・スマートEXで新幹線はネット予約が可能。
往復分を同時に購入するのであれば「スマートEXサービス(往復割引)」「EX予約サービス(往復割引)」は、往復割引と同じ効果で安くなる。
「EX予約サービス(往復割引)」なら、往復割引乗車券よりさらに片道1,870円安い。

なお、ここで注意したいのは、「スマートEXサービス(往復割引)」。
スマートEXの場合、往復割引乗車券との差額は片道200円。
しかし、新幹線の区間しか利用できず、前後に在来線を利用する場合は別途料金が発生。
この在来線の料金が200円を超えるなら、スマートEXより往復割引乗車券の方がお得。

使い方は他のチケットと同じ

往復割引のチケットも、通常の新幹線チケットと使い方は同じ。
乗車券・特急券を一緒の改札に通し、指定席の場合は指定された座席に座る。
乗車券を往復分同時に購入していれば、使い方に特別な注意点はない。
そして、エクスプレス予約・スマートEXの場合、1人ならIC乗車も可能。
2人以上なら券売機できっぷを発券して乗車する。
往復割引の適用に必要なのは、往復分を購入するということ。

まとめ
  • 東京-福岡では、往復割引は使えるが安くない
  • この区間で、往復割引より安い方法は5つ
  • 片道だけなら、安いのは早割の「EX早特21」
  • 往復&宿泊なら、それ以上に新幹線ホテルパックが安い!