名古屋-京都

【名古屋-京都】新幹線の「早割」は安い?料金を比較!

名古屋 京都 新幹線 早割

 

名古屋-京都で新幹線「早割」をお探しの方へ!

名古屋-京都では、新幹線で2つの早割チケットが使える。
では、この「早割」の料金は本当に安いのか?

【名古屋-京都】早割のポイント
  • 名古屋-京都で使える早割は3つ。
  • 指定席「EXこだまファミリー早特」は4,180円
  • グリーン車「EXこだまグリーン早特」は5,320円
  • そして、往復&宿泊なら、それ以上に新幹線パックが安い

 

往復&宿泊なら早割より安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約できる新幹線パック。
名古屋-京都では、指定席往復&宿泊で1人約2,100円~4,900円お得
「こだま」での片道料金は、実質3,450円早割より安い
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

名古屋-京都の新幹線「早割」の料金は?

名古屋-京都では、2つの「早割」を利用することができる。
まずは、この「早割」の料金をまとめて紹介!

チケット 片道料金 座席
EXこだまファミリー早特 4,180円 普通車指定席
EXこだまグリーン早特 5,320円 グリーン車

この2つを利用できるのは、エクスプレス予約・スマートEX会員のみ
座席・購入期限・購入方法・利用条件は違うが、名古屋-京都間で利用することができる。
そして、料金は、通常きっぷよりも、エクスプレス予約の通常予約よりも安い!

この他に「ぷらっとこだま」も前日までの購入が必要。
通常期の料金は、指定席4,400円、グリーン車6,200円と安い。

では、名古屋-京都で「早割」を使うのは、本当に安いのか?
実際の料金を比較してみよう!

名古屋-京都で「早割」は安い?料金を比較!

片道のみの料金を比較すると、名古屋-京都でも「早割」を利用するのはお得。
しかし、新幹線で往復&宿泊する一般的な旅行なら、新幹線ホテルパックの方が安い!

それぞれ、実際の料金を比較してご紹介したい。

こだま指定席の料金で比較!

名古屋-京都では、普通車指定席の早割「EXこだまファミリー早特」は片道4,180円。
これで往復すると8,360円、1泊6,600円で泊まると合計14,960円。

これに対し、名古屋発で6,600円のホテルに泊まる、1泊2日パックは1人13,500円。
ここから宿泊料金を引いた、「こだま」指定席の片道料金は実質3,450円と格安!

 

指定席往復&1泊6,600円の比較
往復方法 往復+6,600円 差額
新幹線パック(こだま) 13,500円 4,920円
EXこだまファミリー早特 14,960円 ▲3,460円
ぷらっとこだま 15,400円 ▲3,020円
学割 自由席 15,880円 ▲2,540円
新幹線パック(のぞみ) 16,300円 2,120円
エクスプレス予約 16,420円 ▲2,000円
回数券 16,920円 ▲1,500円
自由席通常料金 16,940円 ▲1,480円
のぞみ指定席通常料金 18,420円 なし

このように、往復&1泊で比較しても、学割・エクスプレス予約よりも早割が安い。
しかし、「こだま」での往復なら、早割よりも新幹線パックを利用するのが安い

なお、「EXこだまファミリー早特」は2人以上でしか利用できないので注意したい。

こだまグリーン車の料金で比較

名古屋-京都では、グリーン車で「EXこだまグリーン早特」を利用することができる。
片道料金は5,320円、往復で10,640円、1泊6,600円で泊まると合計17,240円。

これに対して、同じホテルに泊まる新幹線パックは、グリーン車往復で1人17,100円。
ここから宿泊費を引くと、「こだま」グリーン車の片道料金は実質5,250円と安い!

 

指定席往復&1泊6,600円の比較
往復方法 往復+6,600円 差額
新幹線パック(こだま) 17,000円 5,960円
EXこだまグリーン早特 17,240円 ▲5,720円
ぷらっとこだま 19,000円 ▲3,960円
新幹線パック(のぞみ) 20,900円 2,060円
エクスプレス予約 20,940円 ▲2,020円
のぞみ指定席通常料金 22,960円 なし

片道料金は「EXこだまグリーン早特」が安いが、往復&1泊の合計は新幹線パックが安い!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

名古屋-京都で使える「早特」の解説!

名古屋-京都では、「こだま」限定で2つの「早特」を利用することができる。
では、この2つ早割はどんな特徴があるのか?簡単にご紹介したい。

「EXこだまファミリー早特」は2人以上が利用条件

「EXこだまファミリー早特」を利用すれば、「こだま」に格安に乗ることができる。
しかし、利用できるのは2人以上での乗車で、3日前までの予約が必要。
それでも、名古屋-京都で使うと、「こだま」指定席は片道4,180円と安い!
購入できるのは、エクスプレス予約・スマートEX会員のみで、年末年始・GW・お盆など一部利用できない期間がある。

「EXこだまグリーン早特」は1人でも利用できる

「EXこだまグリーン早特」を使うと、「こだま」グリーン車の料金が安くなる。
3日前まで予約することができ、1人でも購入することができる。
名古屋-京都で利用すると、「こだま」グリーン車は片道5,320円と安い。
同じく購入できるのは、エクスプレス予約・スマートEX会員のみで、年末年始・GW・お盆など一部利用できない期間がある。

 

【参考】「早特」の予約・購入方法と使い方

名古屋-京都で使える「早特」は、エクスプレス予約・スマートEXで購入できる。
では、どのように予約・購入し、それを利用すればいいのか?簡単にご紹介したい。

予約・購入方法

まず、エクスプレス予約またはスマートEXに会員登録をしなければならない。
会員登録後、会員専用アプリなどで、利用する列車を検索する。
もし、「早特」が利用できる条件なら、対象となる列車には「割引」と表示がされる。
その「早特」を選択して予約するだけで、購入は完了。
購入期限以内であれば、変更しても再度「早特」で予約することができる。
ただし、列車・座席数が限定され、年末年始など設定除外日もあるので注意したい。

なお、エクスプレス予約は登録してから列車の予約開始までに時間がかかる。
すぐ購入したい方は、スマートEXに登録すると購入することができる。

使い方

まず、1人で利用する時には、エクスプレス予約なら専用ICカード、スマートEXなら登録した交通系ICカードで、そのまま改札タッチで通る。
すると、改札から予約した内容の乗車票が出てくるのでそれを受取る。
2人以上で利用する場合、専用発券機等できっぷを発券、または全員分の交通系ICカードを登録してから乗車する。

 

まとめ
  • 名古屋-京都で使える「早割」は2つ。
  • エクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入できる
  • 往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックの方が安い!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!