米原-東京

【米原-東京】新幹線料金格安ランキング⇒往復9,800円お得!

米原 東京 新幹線

 

米原-東京・品川で新幹線に格安に乗りたい方へ!

指定席料金12,630円⇒【最安値】約7,700円に!

【米原-東京】新幹線の最安値がわかる!
  • 米原-東京・品川の新幹線料金の格安ランキングを紹介!
  • 「ひかり・こだま」の最安値チケットが簡単にわかる!
  • この区間の「ひかり」の最安値は?
  • 「こだま」往復で9,800円安くなるランキング1位は?

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
米原-東京では、往復&宿泊料金の合計はこれが一番安い
往復料金は、ひかりで約6,800円、こだま約9,800円安くなる
「チケット駅受取」なら、前日の17時30分まで格安料金で予約可能!

 

米原-東京・品川の新幹線料金ランキング(普通車)

米原-東京・品川では、新幹線の料金はどのような方法で安くなるのか?
「ひかり・こだま」普通車指定席・自由席の料金を、安い順にランキングで紹介。

順位 指定席・自由席チケット 片道料金
新幹線ホテルパック(こだま) 7,700円
新幹線ホテルパック(ひかり) 9,200円
学割×e特急券 10,130円
4 学割自由席 10,600円
5 回数券(自由席) 11,090円
6 学割指定席 11,130円
7 エクスプレス予約 11,430円
8 回数券(指定席) 11,640円
9 自由席通常料金 12,100円
10 スマートEX 指定席 12,430円
11 指定席通常料金 12,630円

米原-東京の「ひかり・こだま」指定席通常料金は、片道12,630円
この料金よりも、安く新幹線に乗る方法は10通りある。

 

米原-東京で「ひかり」指定席に格安に乗る方法

ランキングの通り、米原-東京の指定席・自由席料金はいくつかの方法で安くなる。
しかし、この区間は「ひかり」なら約2時間15分~30分、「こだま」は約3時間15分。
列車の本数も、ひかり・こだまとも1時間に約1本で、基本的に料金は同じ。

同じ料金でも、時間の差は約1時間なので、「ひかり」に安く乗りたい!
では、「ひかり」指定席で、最も安く往復するには?

往復&宿泊なら「新幹線ホテルパック」が最も安い!

米原-東京を新幹線で往復&宿泊するなら、最も安いのは新幹線ホテルパック
例えば、1泊8,300円のホテルに宿泊し、ひかり指定席で往復するパックは1人26,700円。
ここから宿泊料金を引くと、「ひかり」指定席の片道料金は実質9,200円と安い!
この料金は、米原-東京「ひかり」指定席の最安値

そして、もし「こだま」で往復するなら、パック料金はさらに安く1人23,700円。
ここから宿泊料金を引くと、「こだま」指定席片道料金は実質7,700円

指定席通常料金で往復し同じホテルに宿泊すると、合計で1人32,560円かかる。
この料金と比較すると、「ひかり」の往復なら1人6,860円、2人で13,720円お得
「こだま」の往復なら、1人9,860円、2人で19,720円お得

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

米原-東京では「ひかり」約9,200円、「こだま」約7,700円と格安!
2人で利用すると、往復&宿泊で合計約13,700円~19,700円安くなる
「チケット駅受取」なら、前日の17時30分まで格安料金で予約可能!
列車の空席照会と、シートマップからの座席指定も簡単。
ホテル・列車の選択肢が多く、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

米原-東京では、新幹線ホテルパックを利用した時、新幹線の料金は最安値
しかし、日帰り旅行など、パックが利用できない時には、以下の方法が安い。

学生は「学割」の利用が安い!

新幹線パックが利用できない時、学生は「学割」を利用するのがお得。
学生は「学割」で新幹線に乗ると、乗車券が2割引になる。
米原-東京は学割利用で、指定席11,130円、自由席10,600円
この区間で学割を使うと、通常料金より片道1,500円、往復3,000円お得。
EX予約会員なら、学割と「e特急券」を使うと、指定席も10,130円

自由席の「回数券」も安い!

米原-東京は、指定席・自由席で回数券を利用することもできる。
回数券は6枚1セットで、指定席69,840円、自由席は66,540円。
1枚あたりの料金は、指定席11,130円、自由席10,600円
この料金で、「ひかり・こだま」のどちらでも乗車可能。
名古屋で乗換えれば、名古屋‐東京は「のぞみ」の自由席も利用できる。
なお、回数券は年末年始・GW・お盆には使えないので注意したい。

指定席の片道料金は「エクスプレス予約」が安い!

新幹線パック・学割を除いて、指定席の片道料金が最も安いのは「エクスプレス予約」。
年会費1,100円が必要で、ネットで指定席を予約することができる。
米原-東京は、エクスプレス予約で新幹線料金が片道11,430円
この価格は、指定席・自由席とも同じで、繁忙期も変わらない。
エクスプレス予約を利用すると、指定席は片道1,200円、往復で2,400円安くなる。

スマートEXは片道200円割引

エクスプレス予約と同じく、東海道新幹線のチケットをネット予約できるスマートEX
自由席は安くならないが、指定席のチケットは片道200円、往復400円割引。
年会費は無料だが、米原-東京には指定席に「早特」もなく、割引額は大きくない。

 

以上のような方法で、米原-東京の新幹線料金は安くなる。
では、これを使って往復&1泊すると、その差額は?

新幹線往復&1泊2日の料金を比較

新幹線は片道だけでなく、往復で利用しさらに宿泊する方も多い。
そこで、同じホテルを利用した時の、米原-東京の往復&1泊の料金を比較したい!

往復&1泊8,300円の合計料金比較
往復方法 往復+8,300円 差額
新幹線パック(こだま) 23,700円 9,860円
新幹線パック(ひかり) 26,700円 6,860円
学割×e特急券 28,560円 ▲5,000円
学割自由席 29,500円 ▲4,060円
回数券(自由席) 30,480円 ▲3,080円
学割指定席 30,560円 ▲3,000円
エクスプレス予約 31,160円 ▲2,400円
回数券(指定席) 31,580円 ▲1,580円
自由席通常料金 32,500円 ▲1,060円
スマートEX 指定席 33,160円 ▲400円
指定席通常料金 33,560円 なし

往復&1泊料金を比較すると、当然「ひかり・こだま」とも新幹線パックが最も安い!
新幹線パックなら「ひかり」の往復でも、通常料金より往復で1人約6,800円安くなる!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

米原-東京・品川の「グリーン車」料金ランキング

次に、米原-東京・品川の「グリーン車」料金も、同じようにランキングでご紹介したい。

順位 グリーン車料金 片道料金
新幹線パック(こだま) 実質9,600円
EXこだまグリーン早特 10,800円
新幹線パック(ひかり) 実質11,800円
4 エクスプレス予約 16,290円
5 スマートEX 17,300円
6 グリーン車通常料金 17,500円

グリーン車のランキング1位・2位は、新幹線は「こだま」限定。
「ひかり」に乗れるのは3~6位まで。
そして、「ひかり・こだま」とも新幹線ホテルパックが最も安い

「グリーン車」に格安に乗る方法は?

ランキングの通り、米原-東京でグリーン車料金が安くなるのは「こだま」。
片道料金が安いのは「EXこだまグリーン早特」の10,800円
エクスプレス予約・スマートEXの会員のみ、3日前まで購入が可能。
利用する列車は「こだま」限定で、「ひかり」は利用不可。

そして、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが安い
例えば、「ひかり」で往復し8,300円のホテルで1泊するプランは、1人30,700円。
ここから宿泊料金を引くと、「ひかり」グリーン車料金は実質11,200円と格安!
また、「こだま」往復のパックを利用した時、片道料金は実質9,600円と安い。

「ひかり・こだま」とも、宿泊するなら最も安いのは新幹線ホテルパック!
通常きっぷ往復&1泊料金(43,300円)よりも、「ひかり」往復で1人12,600円お得!

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

 

よくある質問(Q&A)

列車の違い・所要時間は?

米原-東京を、直通で運行する新幹線は「ひかり・こだま」のみ。
通常料金は同じだが、停車駅の数と所要時間が違う。
「ひかり」は約2時間20分で、名古屋・新横浜以外に、列車によって岐阜羽島・豊橋・小田原などにも停車。
「こだま」は約3時間15分で、途中の各駅に停車し、「のぞみ・ひかり」の通過を待つ。

新幹線を予約するには?

米原-東京で新幹線の座席を予約できるのは、エクスプレス予約とスマートEX。
エクスプレス予約は年会費1,100円がかかるが、通常予約の料金は安く11,430円。
スマートEXは年会費無料だが、料金は200円引きで12,430円、自由席は割引なし。
どちらも、この区間では、普通車指定席には「早特」がない。

「往復割引」は使える?安い往復方法は?

往復割引が利用できるのは片道601キロ以上の区間。
距離が445.9キロの米原-東京では、往復割引は利用できない。

なお、新幹線の往復&宿泊は、新幹線ホテルパックで安くすることができる。
米原-東京なら、1人約6,800円~9,800円安くなる

 

金券ショップの格安チケットはお得?

金券ショップの格安チケットは特に安くはなく、価格は回数券と同じくらい。
米原-東京の回数券料金は、指定席が1枚11,640円、自由席は1枚11,090円。
金券ショップの販売価格は、回数券と同じくらいか、少し高いくらい。
これよりも、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックを利用した方が安い。

「早割」は使える?

米原-東京では、早めに予約すると安い方法がある。
しかし、それぞれ予約・購入期限が違う。

EXこだまグリーン早特 1ヶ月前~3日前まで
新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~前日まで

 

年末年始・GW・お盆でも安い方法は?

新幹線が安くなる「早特」や回数券は、年末年始等には利用できない。
米原-東京で、年末年始・GW・お盆などの期間でも利用できるのは、エクスプレス予約・学割・新幹線ホテルパック。
エクスプレス予約の料金は、年間通して変わらず11,430円。
学割指定席は繁忙期には200円アップの11,330円、自由席の料金は変わらない。
また、新幹線ホテルパックも早めに予約すると安い。

子供料金はいくら?安くなる?

小学生の子どもは新幹線に乗ると子供料金がかかり、大人の半額(グリーン車除く)。
米原-東京の通常きっぷの子ども料金は、指定席6,310円、自由席6,050円
この子供料金が安くなるのは、スマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパック。

スマートEXは、指定席の子供料金は100円引きで6,210円
エクスプレス予約の子供料金は、指定席・自由席とも5,710円
そして、新幹線ホテルパックで子どものパック料金から宿泊料金を引くと、新幹線料金は「ひかり」実質4,700円、「こだま」なら実質3,950円と格安!
米原-東京では、家族旅行で往復&宿泊する時も新幹線ホテルパックが安い

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

「チケット駅受取」なら、前日の17時30分まで格安料金で予約可能!
列車の空席照会と、シートマップからの座席指定も簡単。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
米原-東京なら、「ひかり」は大人約9,200円、子ども約4,700円
「こだま」なら大人約7,700円、子ども約3,950円と格安!

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓