横浜-京都

【横浜-京都】回数券・金券ショップの新幹線チケットは安い?

横浜 京都 新幹線 回数券

 

新横浜-京都では、回数券・新幹線格安チケットは本当に安いのか?

横浜-京都でも、新幹線の料金は回数券でも安くなる。
回数券は金券ショップへ行けば、1枚から購入することもできる。

では、この回数券や金券ショップの格安チケットは本当にお得なのか
これより、さらに新幹線に安く乗る方法はないのか?

 

【横浜-京都】回数券・格安チケットまとめ
  • 回数券は1枚12,660円、格安チケットは12,800円くらい。
  • 回数券の有効期間は3ヶ月で、年末年始等は利用不可。
  • 新横浜-京都では、回数券より安い方法が5つある
  • その中でも、特に、往復・宿泊するなら新幹線パックが安い

回数券や金券ショップの格安チケットで安くなるのは往復1,600円程度。
しかし、新幹線ホテルパックなら往復で1人8,600円お得

往復&宿泊するなら、回数券より安いのは…
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

横浜-京都の回数券・新幹線格安チケット料金は?

新横浜-京都の「のぞみ」指定席通常料金は13,500円。
では、回数券1枚の料金は?金券ショップで新幹線チケットを購入するといくらなのか?

回数券の料金

横浜市内-京都市内で、回数券の販売があるのは普通車指定席のみ。
東海道・山陽新幹線の回数券は6枚1セットで、横浜-京都は75,960円。
1枚あたり12,660円で、のぞみで840円、ひかり・こだまで320円しか安くならない
そして、この区間にはグリーン車用の回数券の販売はない。

列車 通常料金 回数券1枚 差額
のぞみ 13,500円 12,660円 ▲840円
ひかり・こだま 12,980円 12,660円 ▲320円

金券ショップの格安チケットの料金

横浜市内や京都市内の金券ショップへ行くと、新幹線の格安チケットを販売している。
金券ショップで売っている新幹線チケットは回数券で、1枚から購入することができる。
販売価格は店舗によって違うが、回数券より少し高く、通常料金より安いのが一般的
横浜-京都では、回数券が1枚12,660円なので、1枚12,700円~12,900円くらい
このような料金で買った新幹線チケットは、のぞみ指定席に乗るならお得感がある。

ところが、新横浜-京都では、回数券や金券ショップのチケットよりも安い方法がある

横浜-京都で回数券・格安チケットより安い方法5つ

横浜-京都では、回数券や格安チケットで安くなるのは、往復で1,600円程度。
それよりも、さらに新幹線に安く乗れる方法が5つあるのでご紹介したい

1.往復&宿泊なら「新幹線ホテルパック」が安い!

横浜-京都を新幹線で往復し、宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い
回数券で安くなるのは往復1,680円だが、新幹線ホテルパック1人約8,600円お得

例えば、のぞみ通常料金で往復し1泊7,300円のホテルに泊まると、1人34,300円かかる。
しかし、これをパックで予約すると、新幹線往復&宿泊の合計は1泊2日で25,700円。
ここから宿泊料金を引くと、新幹線「のぞみ」片道料金は実質9,200円と格安!
この区間で、のぞみ往復&宿泊の合計料金が、これ以上に安くなる方法はない。

 

往復&1泊7,300円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
のぞみ指定席 13,500円 34,300円
回数券 12,660円 32,620円
エクスプレス予約 12,400円 32,100円
学割のぞみ指定席 11,890円 31,080円
EXのぞみファミリー早特 11,680円 30,660円
EX早特21 10,900円 29,100円
新幹線パック(のぞみ) 実質9,200円 25,700円

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
のぞみ指定席は実質約9,200円で、当然、回数券より安い。
横浜-京都の往復&宿泊料金は1人約8,600円、2人で17,200円お得
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

2.片道料金が安いのは回数券より「早割」!

早めにチケットが購入できるなら、回数券よりも「早割=早特きっぷ」の方が安い。
新横浜-京都では、以下の2つの「早割」を利用することができる。
この2つは、エクスプレス予約・スマートEX会員のみ利用可能。

EX早特21

まず、片道料金が最も安いのが「EX早特21」 。
「のぞみ」指定席のみの設定で、新横浜-京都は片道10,900円と安い。
座席数が限定され、乗車日の21日前までの予約・購入が必要。
そして、列車は朝6時台、昼11~15時台出発の「のぞみ」に限定されている。
なお、年末年始・GW・お盆など、利用できない期間があるので注意したい。

EXのぞみファミリー早特

土休日に2人以上で「のぞみ」に乗るなら、「EXのぞみファミリー早特」も安い。
空席があれば3日前まで予約が可能で、新横浜-京都の「のぞみ」指定席は11,680円
2名以上の予約が条件で、年末年始・GW・お盆など、利用できない期間がある。

3.片道料金はエクスプレス予約の方が安い!

新横浜-京都では、回数券や格安チケットよりもエクスプレス予約の方が安い。
利用には年会費1,100円がかかるが、エクスプレス予約なら新横浜-京都は12,400円
通常料金より1,100円安く、回数券より260円お得。
なお、年末年始など回数券が使えない時期でも、エクスプレス予約の料金は変わらない。

4.学生は回数券より「学割」の方が安い!

学生は新幹線に学割で乗ることができ、「学割」で乗車券は2割引になる。
新横浜-京都で学割を使うと、「のぞみ」指定席11,890円、自由席11,570円
学生の場合は、回数券(12,660円)よりも学割の方が安い。

「こだま」なら安くなる!

新横浜-京都は、時間がかかっても「こだま」を利用すれば安くなる。
「こだま」の料金が特に安くなるのが次の2つ。

ぷらっとこだま

店頭で前日まで、ネットで5日前までチケットが買える「ぷらっとこだま」。
新横浜-京都は10,300円なので、当然、回数券よりも安い。
1人でも利用できるので、宿泊なしで1人で「こだま」に乗るならお得。

EXこだまファミリー早特

2名以上で「こだま」に乗るなら、「EXこだまファミリー早特」はさらに安い。
新横浜-京都は「こだま」指定席が9,880円と、回数券・ぷらっとこだまよりお得。
購入できるのはエクスプレス予約・スマートEX会員のみで、3日前までの予約が必要。

なお、「こだま」を利用する時も、往復&宿泊するなら新幹線ホテルパックの方が安い
「こだま」利用のパックなら、片道料金は実質約7,400円と最も安い!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

回数券の購入方法・使い方・注意点

エクスプレス予約の会員でなく、早割や新幹線パックも使えない場合、回数券はお得。
そのような方は、回数券はどこで購入し、どのように利用すればいいのか?
回数券の購入方法や使い方などを簡単に解説!

回数券の購入場所・使い方

新幹線の回数券を購入するのは、基本的には駅の窓口や旅行会社。
駅の窓口等で購入するなら、クレジットカードでの決済も可能。
購入した回数券で指定席に乗るには、乗車前に回数券を駅の窓口や券売機へ持っていき、利用する列車・座席を指定する手続きを行う必要がある。
座席を指定すると、チケットが発券されるので、それを一緒に改札へ通し指定席に乗る。

「回数券」の注意点

回数券には、通常のきっぷとは違うルールがあり、特に有効期間と除外日には注意したい。
まず、回数券には、購入してから3ヶ月の有効期間がある。
回数券はこの期間中に6枚全部を使う必要があり、それ以降は無効になってしまう。
そして、回数券には年末年始・GW・お盆など使えない時期があるので注意したい。
このように、回数券には通常きっぷと違うルールがあるので確認しておきたい。

金券ショップの格安チケットの購入方法・使い方

新幹線格安チケットは、横浜都内や京都市内の金券ショップ等で購入できる。
横浜-京都はグリーン車用回数券がないので、購入できるのは普通車指定席のみ。
金券ショップは、回数券と違い現金払いが原則で、クレジットカードは利用不可
購入した新幹線格安チケットの使い方は、基本的には回数券と同じ。
チケットを駅の窓口や券売機へ持って行き、座席指定手続きをすれば指定席に乗れる。
そして、有効期間があり、年末年始・GW・お盆は利用できない。

要点まとめ
  • 回数券は1枚12,660円、金券ショップで12,700円~12,900円くらい。
  • 横浜-京都では回数券より安い方法が6つある。
  • その中でも、往復&宿泊なら新幹線パックが安い。