横浜-広島

新横浜-広島で新幹線「往復割引」は損?料金が格安な往復方法は?

新横浜 広島 新幹線 往復割引

 

新横浜-広島で「往復割引」で新幹線に乗りたい方へ!

新横浜-広島では「往復割引」で新幹線に乗ることができる。
しかし、往復割引の料金はそれほど安くはない…。
では、もっと格安な新幹線の往復方法はないのか?

新横浜-広島 往復割引のポイント
  • 新横浜-広島では、往復分の乗車券同時購入で往復割引が適用
  • 往復割引で安くなるのは乗車券の1割のみ
  • 往復割引で「のぞみ」指定席片道17,950円、自由席16,890円
  • 新横浜-広島には往復割引より安い方法が4つある
  • その中でも、往復&宿泊するなら新幹線パックが最も安い!

 

※のぞみ往復&1泊6,800円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
往復割引のぞみ指定席 17,950円 42,700円
EX予約(往復割引) 16,300円 39,400円
EX早特(土休日) 15,790円 38,380円
EX早特21 14,260円 35,320円
新幹線パック(1人) 約13,100円 33,000円
新幹線パック(2人) 約11,100円 29,000円

往復&宿泊するなら、新横浜-広島で往復割引より安いのは…
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

新横浜-広島の新幹線「往復割引」料金は?

片道601キロ以上の区間を往復する時、往復乗車券を同時購入すると往復割引が適用。
新横浜-広島は865.4キロなので、往復割引で新幹線に乗ることができる。
では、往復割引を利用した時の料金は?

指定席×往復割引の料金

新横浜-広島の「のぞみ」指定席通常料金は19,110円。
このうち、往復割引で割引になるのは乗車券部分のみで、特急券は割引対象外。
往復分の乗車券を同時に購入すると、乗車券11,550円が1割引で10,390円。
往復割引利用時の「のぞみ」指定席の料金は片道17,950円
そして、繁忙期は200円アップの18,150円、閑散期は17,750円。

自由席×往復割引の料金

新横浜-広島で新幹線は自由席に乗ると、通常料金18,050円。
同じく往復分の乗車券を同時に購入すると、乗車券が1割引になる。
新横浜-広島で往復割引で自由席に乗ると片道料金は16,890円
この自由席の料金は時期によって変わることはない。

通常料金よりいくら安い?

新横浜-広島で「のぞみ」指定席通常料金は19,110円、往復割引で17,950円。
自由席は通常料金18,050円が往復割引で16,890円に。
どの座席も往復割引で安くなるのは、片道1,160円、往復で2,320円。

 

そして、新横浜-広島では、往復割引より安く新幹線に乗る方法が5つある
その5つの方法について詳しくご紹介したい。

往復&宿泊するなら、これが安い!
↓   ↓   ↓
日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

新横浜-広島で往復割引より安い方法4つ

新横浜-広島では、往復割引で新幹線に乗ると、片道1,140円、往復2,280円お得!
しかし、それよりも以下の方法で往復した方が安い!

1.スマートEXで片道200円、往復400円お得

東海道・山陽新幹線のチケットはスマートEXでネット予約することができる。
スマートEXは年会費が無料で、登録後すぐに列車の予約が可能。
往復分を同時予約する「スマートEXサービス(往復割引)」は往復割引乗車券よりお得。
これを利用すると、往復割引乗車券より片道200円、往復で400円安くなる。
当日に予約しても安くなるが、自由席は割引にはならない。
そして、指定席料金は繁忙期・閑散期には通常料金に合わせて増減する。

2.エクスプレス予約×往復割引でお得!

会員制の新幹線割引予約サービス「エクスプレス予約」。
年会費1,080円がかかるが、新幹線の料金はスマートEXよりお得!
片道ずつの予約でも17,340円なので往復割引よりはお得。
そして、往復分を「EX予約サービス(往復割引)」で予約すると安く片道16,000円
エクスプレス予約で往復割引を利用すると、片道2,760円、往復5,520円お得。
年末年始・GW・お盆も料金は同じだが、登録後すぐには予約が開始できない。

3.「早割」で往復した方が安い!

新横浜-広島では早割で新幹線に乗るとお得!(詳しくは⇒新横浜-広島の早割
この区間で使えるのは、「EX早特21」「EX早特」の2つ。
いずれも、エクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入できる。

3日前までは「EX早特」が安い

「のぞみ」指定席・グリーン車を3日前までに予約すると安い「EX早特」。
新横浜-広島の指定席料金は、平日16,190円、土休日15,750円
通常料金と比較すると、平日なら往復5,840円、土休日なら6,720円お得。
当然、「EX早特」で往復した方が往復割引より安いが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

21日前までは「EX早特21」が安い

「のぞみ」指定席には21日前までに「EX早特21」で予約すると安い。
列車が朝6時台と11~15時台出発に限定されるが、料金は14,260円と格安。
通常料金と比較すると、新横浜-広島では片道4,850円、往復9,700円お得。
当然、往復割引より安いが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

もし、早割を片道しか利用できない場合は?

往復割引での往復は17,950円×2=35,900円
EX早特21+通常料金=33,370円
EX早特(平日)+通常料金=35,300円

片道でも早割が利用できれば、往復割引での往復より安い。

 4.往復&宿泊なら新幹線パックでの往復が安い!

往復&宿泊するなら、往復割引よりも、早割よりも新幹線ホテルパックが安い
新横浜-広島を往復割引を使って新幹線で往復すると35,900円。
そして、1泊6,800円のホテルで宿泊すると、往復&1泊の合計は42,700円かかる。
ところが、これを新幹線パックで予約すると、往復&1泊で1人33,000円
2人で利用するパックはさらに安く1人29,000円
新幹線パックで予約すると、1人12,020円、2人なら合計32,040円お得

 

そして、これまでご紹介した他のチケットと「往復&1泊」で比較すると…

新横浜-広島往復+1泊6,800円の合計料金比較
往復方法 往復+1泊6,800円 通常料金との差額
のぞみ指定席 45,020円 なし
往復割引のぞみ指定席 42,700円 ▲2,320円
EX予約(往復割引) 39,400円 ▲5,620円
EX早特(平日) 39,180円 ▲5,840円
EX早特(土休日) 38,380円 ▲6,640円
EX早特21 35,320円 ▲9,700円
新幹線パック(1人) 33,000円 12,020円
新幹線パック(2人) 29,000円 16,020円

新横浜-広島では往復割引で確かに新幹線料金は安くなる。
しかし、これより安いチケットが使える時、往復割引を利用するのは損。
ご紹介した通り、往復割引より早割や新幹線ホテルパックの方が安い。
特に、往復&宿泊するなら、間違いなく新幹線ホテルパックが格安

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
横浜-広島では「のぞみ」指定席が片道約11,100円~13,100円と格安!

 

 

【参考】往復割引のきっぷ購入方法と使い方

新横浜-広島で往復割引を利用するには、どのようにきっぷを買って使えばいいのか?

購入は窓口・券売機

往復割引は往復分の乗車券を同時に購入することが条件。
横浜-広島では往復分を買えば、駅の窓口でも券売機でも割引になる。
この時、特急券は割引対象外なので、必ずしも往復分を購入する必要はない。
行きの特急券だけを同時に買い、帰りの特急券は帰りに買っても問題はない。

ネットでも購入できる

ご紹介した通り、エクスプレス予約・スマートEXならネットでの予約が可能。
スマートEXサービス(往復割引)」「EX予約サービス(往復割引)」は往復分を同時に予約すると往復割引と同じ効果。
そして、「EX予約サービス(往復割引)」は往復割引乗車券より片道1,650円安い。
ここで注意したいのは、スマートEXの方で「スマートEXサービス(往復割引)」。
スマートEXの場合、往復割引乗車券との差額は片道200円。
しかし、新幹線の駅の区間しか利用できず、前後に在来線を利用する場合は別途料金。
この在来線の料金が200円を超えるなら、スマートEXより往復割引乗車券がお得。

使い方は他のチケットと同じ

往復割引のチケットも通常きっぷと使い方は同じ。
購入時に帰りの分の乗車券を先に購入しているだけで、乗車券・特急券の使い方は変わらず、一緒に改札へ通し、特急券で指定されている座席に乗る。(自由席の場合は自由)
そして、エクスプレス予約・スマートEXの場合、1人ならIC乗車も利用でき、2人以上なら券売機できっぷを発券して乗車する。

 

まとめ
  • 横浜-広島では、往復割引は使えるが安くない
  • 往復割引より安い方法は4つ
  • 片道で安いのは「EX早特21」など早割
  • 往復&宿泊なら、それ以上に新幹線ホテルパックが安い!