東京-新潟

【東京・上野-新潟】新幹線料金格安ランキング⇒往復8,500円お得!

東京 新潟 新幹線

 

東京-新潟を新幹線で格安に往復したい方必見!

指定席通常料金10,760円⇒【最安値】6,500円に!

【東京-新潟】新幹線の最安値がわかる!
  • 東京・上野-新潟の新幹線料金を安い順にランキングで紹介!
  • 「とき・Maxとき」の最安値チケットが簡単にわかる!
  • 往復で8,500円安くなるランキング1位」は?

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
東京-新潟の往復&宿泊料金は1人約4,400円~9,900円安くなる
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

【東京-新潟】新幹線料金ランキング(指定・自由席)

東京-新潟の新幹線料金(普通車指定席・自由席)を安い順にランキングで紹介!
「とき・Maxとき」の新幹線料金が安いのは?

順位 指定席・自由席 片道料金
新幹線ホテルパック(2人) 6,500円
お先にトクだ値35 6,850円
お先にトクだ値30 7,380円
4 新幹線ホテルパック(1人) 8,000円
5 トクだ値15 8,970円
6 学割 自由席 9,080円
7 トクだ値10 9,490円
8 学割 指定席 9,610円
9 回数券 9,950円
10 自由席 10,230円
11 新幹線eチケットサービス 10,560円
12 指定席 10,760円

東京-新潟の「とき・Maxとき」指定席通常料金は10,760円。
この新幹線料金は、以上12の方法で安くすることができる。

往復&宿泊なら「新幹線ホテルパック」が最も安い!

東京-新潟を、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックが最も安い
1人で利用しても安いが、特に2人以上で利用した時、新幹線料金はこの区間の最安値
例えば、指定席往復&1泊5,400円の1泊2日の合計料金は1人21,400円。
このパック料金から宿泊費を引くと、片道の新幹線料金は8,000円と安い!
そして、2人以上で利用する格安パックはさらに安く、1泊2日で1人18,400円。
この時、「とき・Maxとき」指定席の片道料金は実質6,500円と格安。

もし、指定席通常料金で往復し、同じホテルに泊まると、合計26,920円かかる。
この料金と比較すると、新幹線パックは1人5,520円、2人なら合計17,040円お得
「お先にトクだ値」も安いが、2人以上での往復は新幹線パックが安い!

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京-新潟は、指定席料金が片道約6,500円~8,000円と格安!
往復&1泊の合計料金は、1人5,500円、2人で合計17,000円以上お得
出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

片道料金は「お先にトクだ値」が安い

新幹線パックが利用できない場合や、1人での往復などは「お先にトクだ値」が安い!
えきねっと」から、13日前の午前1時40分まで購入でき、30%・35%の割引。
東京-新潟では、「お先にトクだ値30」が7,380円、「お先にトクだ値35」は6,850円
繁忙期・閑散期には料金の増減があるが、片道料金はこれが安い。
ただし、とにかく完売が早いため、簡単に購入できないのが実情。

「えきねっとトクだ値」で10・15%割引

えきねっと」で購入できる、もう一つの割引きっぷ「えきねっとトクだ値」。
座席数は限定され、割引率は列車によって10%または15%。
東京-新潟では「トクだ値10」は9,490円、「トクだ値15」は8,970円
購入は当日の午前1時40分までで、2人以上のチケットも購入可能。
「お先にトクだ値」ほどではないが、週末利用分のチケットは早めの購入が必須。
「トクだ値」でも安くはなるが、往復&宿泊するなら新幹線ホテルパックの方が安い!

回数券・新幹線eチケットサービスでも割引に

この他に東京-新潟の新幹線料金が安くなるのは、回数券・新幹線eチケットサービスなど。

回数券を使うと、指定席料金は片道810円安くなる。
6枚セットなので、3人での往復などに利用できるが、年末年始等は利用不可。

そして、新幹線eチケットサービスは指定席が片道200円割引。
年末年始・GW・お盆も利用できるが、繁忙期なので200円アップ。

 

このように、東京-新潟の新幹線料金もいくつかの方法で安くなる。
では、これらの方法で往復&1泊すると?

【東京-新潟】往復&1泊2日の合計料金を比較!

東京-新潟は日帰りできない距離ではないが、往復&宿泊する方も多い。
そこで、新幹線で往復し、同じホテルに1泊した時の合計料金を比較したい。

往復&1泊5,400円の合計料金比較
往復方法 往復+5,400円 差額
新幹線パック(2人) 18,400円 8,520円
お先にトクだ値35 19,100円 ▲7,820円
お先にトクだ値30 20,160円 ▲6,760円
新幹線パック(1人) 21,400円 5,520円
トクだ値15 23,340円 ▲3,580円
学割 自由席 23,560円 ▲3,360円
トクだ値10 24,380円 ▲2,540円
学割 指定席 24,620円 ▲2,300円
回数券 25,300円 ▲1,620円
自由席 25,860円 ▲1,060円
新幹線eチケットサービス 26,520円 ▲400円
指定席 26,920円 0

東京-新潟で往復&1泊の料金を比較すると、2人以上で利用する新幹線パックが最も安い
指定席通常料金での往復よりも、2人で合計17,040円お得

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

【上野-新潟】新幹線料金格安ランキング

東京-新潟と上野-新潟では、使える方法は同じでも、新幹線の料金は若干違う
そこで、「上野-新潟」の新幹線料金を同じようにランキングで紹介。

順位 指定席・自由席 片道料金
新幹線ホテルパック(2人) 6,300円
お先にトクだ値35 6,710円
お先にトクだ値30 7,240円
4 新幹線ホテルパック(1人) 8,000円
5 トクだ値15 8,790円
6 学割 自由席 8,870円
7 トクだ値10 9,300円
8 学割 指定席 9,400円
9 回数券 9,950円
10 自由席 10,020円
11 新幹線eチケットサービス 10,350円
12 指定席 10,550円

上野-新潟の新幹線料金は、通常料金や学割など東京-新潟より210円安い。
それ以外はチケットによって差額が違うが、ランキングの順位は変わらない。

片道料金は「お先にトクだ値」が安く、2人以上での往復は新幹線ホテルパックが安い。

 

東京-新潟の「グリーン車」料金ランキング

では、東京-新潟では、どのような方法でグリーン車には安く乗れるのか?
次に、グリーン車に限定して、新幹線料金をランキングで紹介。(学割除く)

順位 グリーン車 片道料金
新幹線ホテルパック(2人) 9,000円
お先にトクだ値35 9,230円
お先にトクだ値30 9,940円
4 新幹線ホテルパック(1人) 10,500円
5 トクだ値15 12,080円
6 トクだ値10 12,780円
7 新幹線eチケットサービス 14,220円
8 通常料金 14,420円

東京-新潟では、グリーン車もこのような方法で安くなる。

「グリーン車」に格安に乗る方法は?

東京-新潟で、グリーン車の料金が安くなるのは、えきねっと(新幹線eチケットサービス・トクだ値・お先にトクだ値)・新幹線ホテルパック。

このうち、グリーン車の片道料金が最も安いのは「お先にトクだ値」。
えきねっと」で購入することができ、35%割引で9,360円、30%割引で10,080円
ただし、13日前午前1時40分までの購入が必要で、完売が早いので早めの購入が困難。

片道料金が次に安いのは「えきねっとトクだ値」で、10%または15%割引。
新幹線eチケットサービスは、片道200円しか安くならない。

そして、往復&宿泊するなら、それ以上に新幹線ホテルパックが安い
例えば、グリーン車で往復し1泊5,400円のホテルに泊まるパック料金は1人26,400円。
ここから宿泊費を引いた、グリーン車の片道料金は10,500円と安い!
そして、このパックは2人で予約すると、往復&1泊料金で1人23,400円と安くなる。
この時の、片道のグリーン車料金は、実質9,000円と格安
「お先にトクだ値」が往復分購入できない時、安いのは新幹線パック!

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

 

よくある質問(Q&A)

列車・所要時間は?

上越新幹線の東京-新潟を運行するのは、「とき」と2階建ての「Maxとき」。
どちらも、通常料金に違いはない。
所要時間は約1時間40分~2時間20分と、列車によって違うが、2時間前後の列車が多い。

新幹線を予約するには?

東京-新潟で新幹線の予約ができるのは「えきねっと」。
通常きっぷでは割引にならないが、「新幹線eチケットサービス」で200円割引。
「えきねっとトクだ値」を当日1時40分、「お先にトクだ値」を13日前1時40分までに予約すると割引になり、同伴者の座席予約も可能。
そして、往復&宿泊する方は、新幹線ホテルパックで新幹線・ホテルの予約をすると安い。

「往復割引」は使える?安い往復方法は?

往復割引が利用できるのは、片道601キロ以上の区間の往復時のみ。
東京-新潟の距離は333.9キロなので、往復割引は利用できない

なお、新幹線で往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックで格安!
東京-新潟なら、1人約5,500円、2人なら合計で17,000円安くなる

 

「学割」を使うのはお得?

学生は「学割」で新幹線に乗ると、乗車券部分の2割が安くなる。
東京-新潟で学割を使うと、片道1,190円安くなり、指定席9,610円、自由席は9,080円
「えきねっとトクだ値10」よりは、指定席・自由席とも安い。
しかし、学割より、お先にトクだ値・新幹線ホテルパックの方が安い。

金券ショップの格安チケットはお得?

金券ショップへ行くと、新幹線の格安チケットを購入することができる。
このチケットは回数券で、セットではなく1枚から販売している。
東京-新潟は回数券が1枚9,950円なので、格安チケットは10,000円~10,500円くらい。
この回数券・格安チケットの価格は、東京-新潟、上野-新潟とも同じ。
多少は安くなるが、ランキングでご紹介した他の方法の方が安い。

「早割」はいつからいつまで予約できる?

東京-新潟では、早めに予約すると安い方法がいくつかある。
しかし、それぞれ予約・購入期限が違う。

お先にトクだ値 1ヶ月前~13日前午前1時40分
新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~3日前まで

 

年末年始・GW・お盆に安い方法は?

まず、年末年始・GW・お盆は、「回数券」や金券ショップの格安チケットは使えない。
また、「お先にトクだ値」は帰省時期は設定が除外されることも。
利用できるのは、学割・えきねっとトクだ値・新幹線eチケットサービスなど。
そして、往復&宿泊する方は、新幹線ホテルパックで早めに予約すると安い。

子供料金はいくら?安くなる?

東京-新潟では、新幹線の通常きっぷの子供料金は、指定席5,380円、自由席は5,110円
この料金が安くなるのは、えきねっとトクだ値・お先にトクだ値・新幹線ホテルパック。

えきねっとトクだ値」は、10%割引で4,740円、15%割引で4,480円。
お先にトクだ値」は、30%割引で3,690円、35%割引で3,420円。

そして、新幹線ホテルパックで子どものパック料金から宿泊費を引くと実質3,250円
家族旅行で往復&宿泊する時も新幹線ホテルパックが安い

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

東京-新潟なら、指定席片道が大人約6,500円、子ども約3,250円と格安!
大人2人で利用すれば、往復&1泊で合計17,000円以上お得
出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。
コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。