大阪-熊本

【新大阪-熊本】新幹線「早割」は本当に安い?料金を比較!

新大阪 熊本 新幹線 早割

 

新大阪-熊本で新幹線「早割」をお探しの方へ!

新大阪-熊本では、新幹線で5つの早割を利用することができる。
この5つの「早割」の料金は本当に安いのか?

【新大阪-熊本】早割のポイント
  • 新大阪-熊本で使える早割は5つ。
  • みずほ・さくらが安いのは「スーパー早特21」の12,220円
  • しかし、往復&宿泊なら、それ以上に新幹線ホテルパックが安い

 

往復&宿泊なら早割より安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約できる新幹線パック。
大阪-熊本では、往復&宿泊料金が1人約12,400円~16,800円お得
特に2人以上なら「みずほ・さくら」片道料金は実質10,800円早割より安い
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

新大阪-熊本で使える新幹線「早割」の料金は?

新大阪-熊本では、5つの早割を利用することができる。
まずは、この「早割」の料金をまとめて紹介!

チケット 指定席
WEB早特3 16,300円
e早特+指定席 16,170円
e早特+往復割引 15,080円
スーパー早特きっぷ 13,100円
スーパー早特21 12,220円
バリ得こだま・ひかり・つばめ 10,600円

購入方法や予約期限などの条件は違うが、新大阪-熊本間で利用できる。
そして、通常きっぷや往復割引を利用するよりも安い!

では、新大阪-熊本では、「早割」を使うと本当に安いのか?

 

大阪-熊本では「早割」は安い?料金を比較!

確かに、新幹線の片道料金は「早割」を利用すると安くなる。
しかし、新幹線で往復&宿泊する一般的な旅行なら、新幹線ホテルパックが安い!

例えば、大阪発-熊本行き1泊7,700円のホテルで泊まるパックは、往復&1泊33,700円。
この時、往復で利用する「みずほ・さくら」指定席の片道料金は、実質13,000円と安い!
そして、このパックは2人以上で利用すると、さらに安く1人29,300円。
この時の「みずほ・さくら」指定席の片道料金は実質10,800円と格安!

特に、2人以上で直通「みずほ・さくら」に乗るなら、「早割」よりも安い

 

では、5つの「早割」のチケットと実際の料金を比較してみよう!

のぞみ指定席往復&1泊7,000円の比較
往復方法 往復+7,700円 差額
バリ得こだま・つばめ 28,900円 ▲17,200円
新幹線パック(2人) 29,300円 16,800円
スーパー早特21 32,140円 ▲13,960円
新幹線パック(1人) 33,700円 ▲12,400円
スーパー早特きっぷ 33,900円 ▲12,200円
e早特+往復割引 37,860円 ▲8,240円
WEB早特3 40,300円 ▲5,800円
指定席通常料金 46,100円 0円

往復&1泊の料金は、「バリ得こだま・つばめ」が安い!
しかし、これを利用すると、片道の所要時間は5時間40分~6時間30分。
これに対して、新幹線パックなら直通「みずほ・さくら」で片道約3時間10分~20分。

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

【新大阪-熊本】で使える「早割」5つを解説!

では、新大阪-熊本で使える「早割」についてご紹介したい。
それぞれ購入方法や購入期限が違うので、注意が必要。

「WEB早特3」は3日前まで購入可

まず、3日前までに購入できるなら「WEB早特3」を購入しても安い。
JR九州インターネット列車予約に会員登録すれば、出発の3日前まで購入が可能。
新大阪-熊本は、みずほ・さくら指定席が16,300円
ただし、この区間で使える早割の中では、これが最も高い。

「e早特」は往復割引との同時利用がお得!

JQ CARD会員・J-WESTカード会員なら「e早特」を3日前までに購入すると安くなる。
「e早特」は特急券部分のみ安くなり、乗車券と合わせると、指定席は片道16,170円
そして、新大阪-熊本では、往復分の乗車券を同時に購入すると往復割引も適用される。
「e早特」+往復割引なら、みずほ・さくら指定席の片道料金は15,080円とお得!

「スーパー早特きっぷ」は14日前までに購入

「みずほ・さくら」の片道料金は「スーパー早特きっぷ」で13,100円になる。
購入できるのは、e5489またはJR九州インターネット列車予約の会員限定。
1ヶ月前から14日前までの購入が必要で、予約後の変更ができない。
次の「スーパー早特21」や新幹線パックが利用できない場合も、これを利用すると安い。

「スーパー早特21」は21日前までに購入

「みずほ・さくら」の片道料金が最も安いのは「スーパー早特21」の12,220円
購入できるのは、e5489またはJR九州インターネット列車予約の会員のみ。
1ヶ月前から21日前までの購入が必要で、予約後の変更ができない。
21日前までに予約ができるなら、みずほ・さくらの片道料金はこれが安い。

「バリ得こだま・つばめ」は3日前まで購入可

新大阪-熊本で、指定席の片道料金が最も安いのは「バリ得こだま・ひかり・つばめ」。
片道の指定席料金は、大人10,600円、子ども5,300円
旅行会社「日本旅行」が販売しており、3日前までネットでの予約・購入が可能。
列車は「こだま・ひかり」と「つばめ」に限定され、博多で乗換える必要がある。
列車は各駅に停車するため、片道5時間40分~6時間30分くらいかかる。

なお、往復&宿泊なら、みずほ・さくらは早割より新幹線ホテルパックが安い!
そして、新幹線パックも、3日前までなら予約が可能!

 

【参考】「早特」の予約・購入方法と使い方

新大阪-熊本では、5つの「早割」が購入できる。
では、どのように予約・購入し利用すればいいのか?

予約・購入方法

まず、「WEB早特3・スーパー早特きっぷ・スーパー早特21」は、「e5489」または「JR九州インターネット列車予約」で購入する。
無料で会員登録し、購入期間内であれば、ネット限定で購入することができる。
そして、「e早特」のみJQ CARD会員・J-WESTカード会員限定なので、他の会員は購入することができない。
なお、「バリ得こだま・ひかり・つばめ」は、ネットでのも購入することができる。

使い方

「WEB早特3・スーパー早特きっぷ・スーパー早特21」は券売機等でチケットを発券し、それで改札を通る。
「e早特」は乗車券の購入も必要で、両方を購入後、同じように改札を通ることができる。
また、「バリ得こだま・つばめ」は送られてきたチケットを、そのまま改札に通す。

 

まとめ
  • 新大阪-熊本で使える「早割」は5つ。
  • それぞれ購入方法や購入期限が違う。
  • 早割を使えば、片道料金は間違いなく安くなる。
  • ただし、往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックの方が安い!