区間別ランキング(西) PR

【三原-新大阪】新幹線料金格安ランキング⇒往復6,300円お得!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

三原 新大阪 新幹線

 

三原-新大阪で新幹線に格安に乗りたい方へ!

「こだま」指定席料金8,770円⇒【最安値】約5,600円に!

【三原-新大阪】新幹線の最安値がわかる!
  • 三原-新大阪の新幹線料金の格安ランキングを紹介!
  • 「こだま」の最安値チケットが簡単にわかる!
  • 往復で1人約6,300円以上安くなるランキング1位は

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
三原-新大阪の「こだま」指定席料金は、これが最もお得!
新幹線往復&宿泊で、1人約6,300円、2人で12,600円安くなる
「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。

 

【三原-新大阪】新幹線料金格安ランキング(普通車)

三原-新大阪の新幹線料金を、安い順にランキングで紹介!
この区間で、新幹線「ひかり・こだま」の指定席・自由席料金が安いチケットは?

順位 指定席・自由席 片道料金
新幹線パック(こだま) 実質5,600円
2 バリ得こだま 5,900円
3 こだま指定席きっぷ 6,570円
4 学割自由席 7,270円
5 学割指定席 7,800円
6 エクスプレス予約(自由席) 8,140円
7 e特急券+乗車券(自由席) 8,240円
8 スマートEX(自由席) 8,240円
9 自由席通常料金 8,240円
10 エクスプレス予約(指定席) 8,440円
11 e特急券+乗車券(指定席) 8,440円
12 スマートEX(指定席) 8,570円
13 指定席通常料金 8,770円

三原-新大阪の「こだま」指定席通常料金は8,770円。
これより安くなる新幹線のチケットは以上の通り。

三原-新大阪で「こだま」指定席に格安に乗る方法

三原-新大阪は、「こだま」と一部の「ひかり」で約2時間~2時間30分。
そして、ランキングでご紹介した通り、新幹線の料金はいくつかのチケットで安くなる。

往復&宿泊するなら「新幹線パック」が最も安い!

三原-新大阪を、新幹線で往復し宿泊するなら、最も安いのは新幹線ホテルパック
例えば、指定席で往復し1泊6,000円のホテルで泊まるパックは1人17,200円。
ここから宿泊料金を引くと、「こだま」指定席の実質の片道料金は5,600円と安い。

指定席通常きっぷで往復し、同じホテルに泊まると往復&1泊で23,540円。
これと比較すると、1人6,340円、2人なら合計12,680円安くなる。

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

三原-新大阪では、こだま指定席が片道約5,600円と格安!
2人で利用すると、往復&宿泊で合計12,600円以上安くなる
「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。
列車の空席照会と、シートマップからの座席指定も簡単。
ホテル・列車の選択肢が多く、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

大阪行きの日帰りは「日帰りツアー」が安い!

三原から大阪へ、日帰りで往復するなら「日帰り大阪・神戸」が安い!
往復とも「こだま」指定席で、1人11,000円~とお得。
新幹線のみの利用でも、指定席は片道約5,500円
新大阪発では利用できず、利用できるのは三原発で、予約期限は前日16時まで。

片道料金が安いのは「バリ得こだま」

日帰りでの往復など、宿泊しない場合には、安い新幹線パックは利用できない。
このような時、片道の料金は、「バリ得こだま」が安い。
三原-新大阪の料金は、時期によって料金は変わるが約5,900円
片道単位で購入することができ、前日まで購入できる。

2人以上なら「こだま指定席きっぷ」もお得!

2人以上で新幹線に乗るなら、「こだま指定席きっぷ」も安い。
e5489から前日まで購入することができ、三原-新大阪は指定席が6,570円
子供料金が全区間一律1,500円と安く、家族で利用するのがお得。

当日なら「エクスプレス予約」がお得

学割を除き、次に片道料金が安いのは「エクスプレス予約」。
三原-新大阪では、指定席8,440円、自由席8,140円
利用には年会費1,100円がかかり、指定席の料金は時期によって変わる。
この区間には「早特」がなく、利用できるのは通常予約のみ。

「eきっぷ」でも安くなる!

J-WESTカード会員とJQカード会員のみ購入できる「eきっぷ」。
「eきっぷ」+乗車券で、三原-新大阪は指定席8,640円、自由席8,240円
そして、指定席の料金は時期によって変わる。

「スマートEX」でも片道200円割引

山陽新幹線のチケットを予約できる、年会費無料のスマートEX。
自由席には割引はないが、指定席の料金は片道200円割引。
三原-新大阪は、「こだま」指定席が8,570円

【三原-新大阪】往復の1泊2日料金を比較

三原-新大阪は日帰りでの往復も可能だが、往復&宿泊する方も多い。
そこで、新幹線で往復し、同じホテルに1泊した時の合計料金を比較したい。

往復&6,000円の合計料金を比較
往復方法 往復+6,000円 差額
新幹線パック(こだま) 17,200円 6,340円
バリ得こだま 17,800円 ▲5,740円
こだま指定席きっぷ 19,140円 ▲4,400円
学割自由席 20,540円 ▲3,000円
学割指定席 21,600円 ▲1,940円
エクスプレス予約(自由席) 22,280円 ▲1,260円
スマートEX(自由席) 22,480円 ▲1,060円
自由席通常料金 22,480円 ▲1,060円
エクスプレス予約(指定席) 22,880円 ▲660円
スマートEX(指定席) 23,140円 ▲400円
指定席通常料金 23,540円 なし

三原-新大阪で、指定席往復&1泊の合計料金を比較するとこの通り。
新幹線ホテルパックが最も安く、1人約6,300円、2人で12,600円安くなる

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

三原-新大阪の「グリーン車」料金ランキング

次に、グリーン車の料金も、ランキングでご紹介したい!(学割を除く)
「こだま」にグリーン車はなく、利用できるのは一部「ひかり」のグリーン車。

順位 グリーン車料金 片道料金
1 エクスプレス予約 12,100円
2 スマートEX 12,230円
3 eきっぷ+乗車券 12,300円
4 ひかり通常料金 12,430円

三原-新大阪でも、グリーン車の料金はいくつかのチケットで安くなる。

この区間で、グリーン車の片道料金が安いのは「エクスプレス予約」。

よくある質問(Q&A)

列車の違い・所要時間は?

三原-新大阪で利用できるのは、「こだま」と一部の「ひかり」。
この区間では「ひかり・こだま」とも各駅に停車し、所要時間は2時間~2時間30分。
「こだま」は1時間に1本以上の運行があるが、「ひかり」は1日1~3本。

新幹線を予約するには?

新幹線を予約できるのは、エクスプレス予約・スマートEX・e5489と、JR九州インターネット列車予約でも予約ができる。
安いのはエクスプレス予約で、年会費がかかるが片道料金はお得。
スマートEXは、指定席で片道200円しか割引にならない。
e5489とJR九州列車予約は、会員のみ「eきっぷ」を利用すると安くなる。

往復割引は使える?

往復割引が利用できるのは片道601キロ以上の区間。
しかし、三原-新大阪の距離は266.4キロなので、往復割引は利用できない。

回数券・金券ショップの格安チケットはある?

金券ショップへ行くと、通常料金より安い新幹線チケットが販売されている。
しかし、三原-大阪には回数券の販売がなく、金券ショップでも回数券は購入できない。

「早割」はいつからいつまで予約できる?

三原-新大阪では、早めに購入すると安い方法がいくつかある。
それぞれ予約・購入期限が違い、以下の通り。

バリ得こだま 2ヶ月以上前~前日まで
こだま指定席きっぷ 1ヶ月前~前日まで
新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~前日の16時まで

 

年末年始・GW・お盆に安い方法は?

まず、「こだま指定席きっぷ」は年末年始等の期間中は利用できない。
eきっぷ・エクスプレス予約は利用することができるが、指定席は200円~400円アップ。
バリ得こだま・新幹線パックは、料金はアップするが、年末年始・GW・お盆でも安い。

子供料金は?

小学生の子どもは、新幹線に乗ると子供料金がかかり、大人の半額。
三原-新大阪の子ども料金は、指定席が4,380円、自由席が4,120円

そして、子供料金も利用するチケットによって違う。
まず、スマートEXは片道100円引きで、指定席が4,280円
エクスプレス予約の子供料金は、指定席4,220円、自由席4,070円
安い「バリ得こだま」は約3,050円、「こだま指定席きっぷ」は1,500円
なお、往復&宿泊する場合、新幹線パックの片道料金は約2,550円

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

三原-新大阪では「こだま」指定席が大人約5,600円と、子ども2,550円
大人2人で利用すると、往復&宿泊で合計12,600円以上安くなる。
「チケット駅受取」なら、前日の16時まで格安予約が可能。
列車の空席照会と、シートマップからの座席指定も簡単。
ホテル・列車の選択肢が多く、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。