区間別料金ランキング

【掛川-新大阪】新幹線料金格安ランキング⇒往復5,600円お得!

掛川 新大阪 新幹線

 

掛川-新大阪を新幹線で格安に往復したい方必見!

指定席通常料金10,420円は⇒【最安値】約7,600円に!

【掛川-新大阪】新幹線の最安値がわかる!
  • 掛川-新大阪の新幹線料金を安い順にランキングで紹介!
  • 「こだま」の最安値チケットが簡単にわかる!
  • 往復で1人約5,600円安くなるランキング1位は?

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
掛川-新大阪の往復&宿泊で、1人約5,600円、2人で11,200円安くなる
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

掛川-新大阪の新幹線料金格安ランキング(普通車)

掛川-新大阪の新幹線料金を、安い順にランキングで紹介。
この区間で、「こだま」指定席・自由席の料金が最も安いチケットは?

順位 指定席・自由席 片道料金
新幹線ホテルパック 実質7,600円
2 学割+e特急券 8,700円
3 学割自由席 8,740円
4 学割指定席 9,270円
5 エクスプレス予約 9,650円
6 e特急券+乗車券 9,850円
7 自由席通常料金 9,890円
8 スマートEX 10,220円
9 指定席通常料金 10,420円

掛川-新大阪では、「こだま」指定席の通常料金が10,420円。
この普通車指定席・自由席の料金は、以上の方法で安くなる。

掛川-新大阪】新幹線に格安に乗る方法

掛川-新大阪では、ランキングの通り、いくつかの方法で新幹線料金は安くなる。
「こだま」指定席の料金は、どうすれば安くなるのか?

往復&宿泊は「新幹線パック」が安い!

掛川-新大阪を新幹線で往復し宿泊するなら、最も安いのは新幹線ホテルパック
新幹線往復&1泊6,000円のホテルに泊まるパック料金は1人21,200円。
ここから宿泊費を引くと、「こだま」指定席の片道料金は実質7,600円と格安。

指定席通常料金で往復し、同じホテルに泊まると、合計1人26,840円かかる。
この料金と比較すると、1人5,640円、2人なら合計11,280円お得

 

おすすめの新幹線パックはこれ!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

掛川-新大阪なら、こだま指定席が片道約7,600円と格安!
これを利用すると、1人約5,600円、2人で11,200円お得
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。
列車の空席照会と、シートマップからの座席指定も簡単。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。

 

片道料金は「エクスプレス予約」が安い!

日帰りの往復など、宿泊しない場合には、安い新幹線パックは利用できない。
このような時、片道での料金が安いのは「エクスプレス予約」。
掛川-新大阪は、「こだま」指定席・自由席は片道9,650円
年会費が1,100円かかるが、学割以外では、指定席の片道料金はこれが最も安い。

「スマートEX」は片道200円割引

掛川-新大阪は、「スマートEX」でも新幹線の予約ができる。
スマートEXは年会費は無料だが、指定席で片道200円割引のみ。
掛川-新大阪で利用すると、こだま指定席は10,220円
この指定席料金は、繁忙期は200円アップし、閑散期は200円安くなる。
なお、自由席のチケットも購入できるが、自由席は安くならない。

 

このように、いくつかの方法で「こだま」指定席の料金は安くなる。
では、これを利用して、掛川-新大阪を新幹線で往復&1泊すると?

掛川-新大阪「往復+1泊2日」の料金を比較

掛川-新大阪は日帰りでの往復も可能だが、新幹線で往復&宿泊する方も多い。
そこで、同じホテルに宿泊した時の、新幹線往復&1泊の合計料金で比較したい。

往復&1泊6,000円の合計料金比較
指定席・自由席料金 往復+6,000円 差額
新幹線ホテルパック 21,200円 5,640円
学割+e特急券 23,400円 ▲3,440円
学割自由席 23,480円 ▲3,360円
学割指定席 24,540円 ▲2,300円
エクスプレス予約 25,300円 ▲1,540円
e特急券+乗車券 25,700円 ▲1,140円
自由席通常料金 25,780円 ▲1,060円
スマートEX 26,440円 ▲400円
指定席通常料金 26,840円 なし

掛川-新大阪で往復&1泊料金を比較すると、新幹線ホテルパックが安い
指定席通常きっぷでの往復よりも、1人5,640円、2人で11,280円お得!

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

 

掛川-新大阪の「グリーン車」料金ランキング

掛川-新大阪のグリーン車料金は、どのようなチケットで安くなるのか?
次に、グリーン車の料金も、同じくランキングでご紹介したい。(学割は除外)

順位 グリーン車料金 片道料金
EXこだまグリーン早特 9,030円
2 新幹線ホテルパック 実質10,400円
3 エクスプレス予約 13,310円
4 e特急券+乗車券 13,510円
5 スマートEX 13,880円
6 通常料金 14,080円

これが掛川-新大阪で利用できる「こだま」グリーン車チケットの料金。

「グリーン車」に格安に乗る方法は?

掛川-新大阪で、グリーン車の片道料金が最も安いのは「EXこだまグリーン早特」。
「こだま」限定で、出発3日前まで予約できるが、座席数は限定される。

そして、グリーン車で往復&宿泊するなら、新幹線ホテルパックも安い!
往復グリーン車のパックで、1泊2日で1人26,800円というプランがある。
宿泊するのは1泊6,000円のホテルと、往復は「こだま」グリーン車。
ここから宿泊料金を引くと、実質のグリーン車料金は10,400円と格安!
「早特」が購入できない時、宿泊するならグリーン車料金はこれが安い!

⇒グリーン車の格安『新幹線パック』を探す!

 

よくある質問(Q&A)

「こだま」停車駅と所要時間は?

掛川駅に停車する列車は「こだま」のみで、掛川-新大阪は「こだま」を利用する。
「こだま」は各駅に停車し、所要時間は約2時間20分。

乗換えなく移動できる「こだま」は1時間に1本の運行。
「のぞみ・ひかり」を乗り継いで移動することもできるが、「のぞみ」を利用すると料金はアップする。

新幹線を予約する方法は?

掛川-新大阪の新幹線は、エクスプレス予約・スマートEXで予約ができる。
どちらも、会員登録が必要で、スマートEXは交通系ICカードの登録も必要。
年会費1,100円がかかるが、料金はエクスプレス予約の方が安い。
スマートEXは年会費は無料だが、指定席で片道200円割引のみ。

往復割引は使える?

往復割引が利用できるのは片道601キロ以上の区間。
距離が327.1キロの掛川-新大阪では、往復割引は利用できない。

「学割」はお得か?

新幹線パックが利用できる場合を除けば、学割を利用するのはお得。
ただし、宿泊も予約する場合は、新幹線ホテルパックの方が安い

学生は「学割」で新幹線に乗ると、乗車券が2割引になる。
掛川-新大阪は、こだま指定席9,270円、自由席8,740円。
指定席料金は200円アップするが、学割は年末年始等も利用できる。
(なお、学割はチケットは当日でも購入できるが、事前に学割証の入手が必要。)

回数券・金券ショップの格安チケットは買える?

金券ショップへ行くと、回数券を1枚で購入することができる。
しかし、掛川-新大阪には、回数券の販売がなく、金券ショップでも回数券は購入できない。

「早割」はいつからいつまで?

掛川-新大阪では、早めに予約すると安い方法がいくつかある。
しかし、それぞれ予約・購入期限が違う。

EXこだまグリーン早特 1ヶ月前~3日前まで
新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~当日出発6時間前まで

 

子供料金は?

子供料金は、ひかり・こだま指定席5,210円、自由席4,940円
子供料金も安くなるのは、スマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパックなど。

スマートEXは、こだま指定席が5,110円、エクスプレス予約は4,820円。
そして、新幹線パックで子どものパック料金から宿泊料金を引くと約3,800円
家族旅行で往復&宿泊する時も新幹線ホテルパックが安い!

 

新幹線パックはこれがおすすめ!

 

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで格安予約が可能。
列車の空席照会と、シートマップからの座席指定も簡単。
ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。
乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。
掛川-新大阪は、大人約7,600円、子ども約3,800円と格安!

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓