姫路-福岡

【姫路-博多】こだま料金は安い?バリ得こだまは最安値?

姫路 博多 新幹線 こだま

 

姫路-博多を、「こだま」で安く移動したい方へ!

時間よりも料金重視なら、「こだま」の新幹線料金は安くなる。
ここでは、姫路-博多で「こだま」に格安に乗る方法を全て紹介
安いのは「バリ得こだま」なのか?それとも…?

【姫路-博多】こだまに安く乗るポイント
  • 通常料金は、指定席14,070円、自由席13,540円。
  • 「こだま」限定で料金が特に安くなる方法は2つ
  • 片道料金は「バリ得こだま」が安く、指定席6,900円
  • 新幹線パックの「こだま」片道料金は実質約6,700円
  • 新幹線パックは「のぞみ」でも約8,700円~9,800円と格安!

 

この格安な新幹線ホテルパックはこれ!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時予約すると格安な新幹線ホテルパック。
これを利用すると、姫路-博多の新幹線料金は格安
「こだま」は片道約6,700円、「のぞみ」でも約8,700円~9,800円とお得!
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

姫路-博多の「こだま」料金・時間・停車駅は?

姫路-博多の所要時間は、「のぞみ・みずほ・さくら」で約2時間~2時間15分。
これに対して、「こだま」の所要時間は列車によって違うが、約3時間~4時間以上
「こだま」は各駅に停車し、「のぞみ・みずほ・さくら」の通過を待つため時間がかかる。

この区間では、「こだま」は列車の運行本数が少なく、1時間に1本以下。
直通「のぞみ・さくら」も1時間に1~2本の運行。

通常きっぷの料金は?

姫路-博多の「こだま」通常料金は、指定席14,070円、自由席13,540円
「のぞみ」の指定席料金は14,390円なので、差額はわずか320円。

そして、この通常料金は、約1時間以上早い「さくら」と同じ。
これを考えると、通常料金で「こだま」に乗るメリットは少ない
それでも、時間より料金重視なら、「こだま」限定で安く乗る方法がある

では、姫路-博多で「こだま」に格安に乗る方法をご紹介したい!

姫路-博多で「こだま」に格安に乗る方法は2つ

姫路-博多では、「こだま」の普通車指定席料金が特に安くなる方法が2つある
通常料金では「さくら」と変わらない料金も、「こだま」限定で安くなる!
この2つの方法について、詳しくご紹介したい。

1.片道は「バリ得こだま」の6,900円が安い!

姫路-博多では、「こだま」指定席片道料金が最も安いのは「バリ得こだま」。
「こだま」指定席の料金は、大人6,900円、子ども3,450円
前日までネットでの予約・購入が可能で、1人でも購入することができる。
なお、一部「ひかり」のグリーン車に500円アップで乗れる。

2.往復&宿泊なら「新幹線パック」が安い!

往復&宿泊する場合、「こだま」に最も格安に乗れるのが新幹線ホテルパック
例えば、姫路発~博多行きで、往復&1泊が20,600円というパックがある。
このパックで泊まるホテルの1泊料金は7,200円。
パック料金から宿泊料金を引くと、「こだま」指定席片道料金は6,700円と格安!

参考までに、「こだま」通常きっぷで往復&1泊すると35,340円。
「こだま」の新幹線パックを利用すると、1人14,740円、2人で合計29,480円お得

なお、新幹線パックなら「のぞみ」で往復しても安い!
例えば、1泊7,200円で泊まるパックは、1人利用時24,600円、2人以上で26,800円。
この時、片道料金は実質8,700円~9,800円と安い。

 

往復&1泊7,200円の合計料金を比較
往復方法 片道料金 往復+1泊合計
こだま指定席通常料金 14,070円 35,340円
バリ得こだま 6,900円 21,000円
新幹線パック(こだま) 6,700円 20,600円

 

この格安な新幹線ホテルパックはこれ!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時予約すると格安な新幹線ホテルパック。
これを利用すると、姫路-博多の新幹線料金は最安値
「こだま」往復は最も安く、「のぞみ」での往復も格安。
「チケット駅受取」なら、当日の出発6時間前まで予約が可能。

※Go To トラベル割引対象商品※
この新幹線パックで予約すると、新幹線・ホテルが同時に割引!
元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得

Go To トラベルについて詳しくは
↓ ↓ ↓

 

「こだま」でもお得感がないチケット

以下の方法でも、「こだま」の指定席料金は安くなる。
しかし、ご紹介した2つの方法よりもお得感はない。
その理由は?

  • 通常きっぷ
  • スマートEX
  • 学割
  • エクスプレス予約・eきっぷ

通常きっぷの指定席料金は「さくら」と同額、自由席なら「のぞみ・みずほ」も同じ。
この「さくら」と同じ料金のチケットでは、「こだま」に乗るメリットはあまりない。

次に、学生なら学割を利用すると、「こだま」指定席に12,350円で乗れる。
しかし、この料金は「さくら」の指定席も同じ。

また、スマートEXを利用すると、指定席は200円安くなり13,870円。
この「こだま」指定席料金も、「さくら」指定席と同じ料金。

そして、エクスプレス予約・eきっぷでも、片道料金は12,280円。
この料金で「さくら」にも「のぞみ・みずほ」にも乗ることができる。

「こだま」自由席は安くならない?

「こだま」指定席には、特に2つの方法で安く乗ることができる。
ところが、この2つの方法で安くなるのは、全て「こだま」指定席。

自由席は学割で安くなるが、料金は「さくら」と同じ。
学割で自由席には11,820円で乗れるが、「のぞみ・さくら」自由席も同じ料金。
なお、エクスプレス予約・eきっぷでも、「こだま」自由席は安く乗なるが、料金は「のぞみ・みずほ・さくら」指定席と同じ。

「こだま」の自由席には安く乗る方法がほとんどない。
「こだま」に安く乗るなら、料金が安くなるのは指定席。
そして、往復&宿泊で新幹線パックを利用すると、指定席料金は最も安い!

 

まとめ
  • 「こだま」の料金は1時間以上早い「さくら」と同じ。
  • 姫路-博多では、「こだま」限定の2つの方法が安い!
  • 片道が最も安いのは「バリ得こだま」。
  • そして、往復&宿泊なら、「新幹線パック」の方が安い!