福岡-京都

【博多-京都】新幹線「往復割引」料金&さらに安い往復方法!

博多 京都 新幹線 往復割引

 

博多-京都で「往復割引」の利用をお考えの方へ!

福岡-京都では「往復割引」で新幹線に乗ると、乗車券が1割引になる。
しかし、この往復割引の料金は決して安くはない…。
では、この区間に、もっと格安な往復方法はないのか?

【博多-京都】往復割引のポイント
  • 博多-京都では、往復分の乗車券購入で往復割引が適用
  • 割引は乗車券の1割のみで、片道1,010円、往復2,020円安くなる
  • 往復割引で「のぞみ」指定席は片道15,350円、自由席14,390円
  • この区間には、往復割引より安い往復方法が7つある
  • そして、往復&宿泊するなら、新幹線パックが最も安い

 

往復&宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。
博多-京都の往復&宿泊料金は1人約7,920円、2人25,440円お得
「のぞみ」指定席の片道料金は、実質10,000円~11,600円と格安。
3日前までに予約すると、チケットは自宅に無料配送。

 

博多-京都の「往復割引」料金は?

片道の距離が601キロ以上という条件を満たす博多‐京都では、往復割引が適用される。
往復割引が適用されると乗車券が1割引になり、年末年始等でも割引になる。
では、指定席・自由席・グリーン車に乗った時の、それぞれの新幹線料金は?

指定席×往復割引の料金

博多‐京都の「のぞみ」指定席料金は、通常期で16,360円。
往復割引を利用すると、乗車券が1割引きになり片道15,350円
指定席の料金は、繁忙期は200円アップの円、閑散期は15,550円。

自由席×往復割引の料金

博多‐京都の新幹線自由席の通常きっぷ料金は15,400円。
往復割引を利用し、乗車券が1割引きになると14,390円
自由席は時期によって料金は変わらない。

グリーン車×往復割引の料金

博多‐京都の「のぞみ」グリーン車通常料金は22,430円。
往復割引を利用し、乗車券が1割引きになると21,420円

割引額は?

博多‐京都では、のぞみ指定席通常料金は16,360円、往復割引で15,350円。
自由席は15,400円が14,390円、グリーン車は22,430円が21,420円。
往復割引で安くなるのは、片道1,010円、往復で2,020円
乗車券の料金は全て同じなので、往復割引で安くなる料金は全座席同じ。

往復割引で安くなるのは往復2,020円…
しかし、新幹線ホテルパックで安くなるのは往復7,920円~25,440円

 

博多-京都で往復割引より安い往復方法7つ

東海道・山陽新幹線の博多‐京都間は、往復割引を利用すれば確かに料金は安くなる。
しかし、この区間には、往復割引よりも安く新幹線に乗る方法が7つある
その7つの方法について詳しくご紹介したい。

1.「スマートEX」の往復予約で400円お得

スマートEX」は、 東海道・山陽新幹線をネット予約できるサービス。
通常予約で指定席は片道200円割引の16,160円だが、往復分を予約すると15,150円に。
スマートEXで往復予約すると、通常往復割引よりもさらに片道200円、往復400円お得。

2.指定席は「回数券」の方が安い!

福岡‐京都の新幹線回数券は6枚セットで82,920円なので、1枚あたり13,820円
「のぞみ」指定席なら、片道で2,540円、往復で5,080円お得。
ただし、3ヶ月の有効期限があり、年末年始・GW・お盆は利用することができない。

3.「e特急券・eきっぷ」+往復割引でさらにお得!

「エクスプレス予約」が利用できるエクスプレス会員なら「e特急券」も安い。
特急券のみの購入なので、別で乗車券を購入することになる。
博多‐京都でのe特急券は3,780円、乗車券が10,010円で合計13,790円
往復割引・学割と同時に利用すると安いが、エクスプレス会員なら「EX予約サービス往復割引」の方が安い。
なお、e5489・JR九州インターネット列車予約で購入する「eきっぷ」を利用しても同じ。

4.「エクスプレス予約」×往復割引が安い!

年会費1,100円で会員登録をして利用する「エクスプレス予約」。
博多-京都は通常エクスプレス予約で指定席・自由席とも13,790円
さらに、往復分を予約する「EX予約サービス往復割引」は片道12,580円とお得。
通常予約なら2,570円割引(往復で5,140円)だが、往復予約なら3,780円安くなる。
この料金は、年末年始・GW・お盆も同じ。

5.学生は「学割×往復割引」でさらに割引!

学割を使えば乗車券が2割引になり、往復割引を同時に利用するとさらに安くなる。
学割×往復割引で、博多‐京都の指定席は13,550円、自由席は12,590円
さらに、EX予約会員は「e特急券」、J-WESTカード会員は「eきっぷ」を使うと安い。
学割に往復割引とeきっぷ・e特急券を併用すると、料金が11,780円になる。

6.早割「EX早特」の往復の方が安い

早く購入すれば、博多-京都で片道の新幹線料金が最も安くなるのが「EX早特」。
エクスプレス予約・スマートEXの会員になると、3日前まで購入することができる。
「EX早特」土休日の利用なら12,220円、「EX早特」平日なら12,570円
ただし、年末年始・GW・お盆など、一部の期間は利用不可。

7.往復&宿泊なら「新幹線パック」で最安値!

博多‐京都を新幹線「のぞみ」で往復&宿泊するなら新幹線ホテルパックが安い。
例えば、「のぞみ」指定席で往復し1泊6,300円のホテルに宿泊するプランは31,100円。
ここから、宿泊代を引くと新幹線の片道料金は実質11,600円と格安。
そして、2名以上で新幹線ホテルパックを利用すると、1人分の料金はさらに安くなる。
博多‐京都で同じプランを2名以上で申し込むと、1人あたりの料金は26,300円。
このプランを利用した時、新幹線料金は片道実質10,000円で、この区間の最安値!

そして、これまでご紹介した他のチケットと「往復&1泊」で比較すると…

のぞみ往復&1泊6,300円の合計料金
往復方法 往復+6,300円 差額
新幹線ホテルパック(のぞみ2人) 26,300円 12,720円
往復割引・学割・e特急券 28,260円 ▲10,760円
EX早特(土休日) 30,740円 ▲8,280円
新幹線ホテルパック(のぞみ1人) 31,100円 7,920円
EX早特(平日) 31,440円 ▲7,580円
EX予約サービス(往復割引) 31,460円 ▲7,560円
e特急券+往復割引 31,860円 ▲7,160円
往復割引・学割自由席 31,480円 ▲7,540円
往復割引・学割指定席 31,480円 ▲7,540円
エクスプレス予約 33,880円 ▲5,140円
e特急券+乗車券 33,880円 ▲5,140円
回数券 33,940円 ▲5,080円
往復割引自由席 35,080円 ▲3,940円
スマートEXサービス(往復割引) 36,600円 ▲2,420円
往復割引指定席 37,000円 ▲2,020円
自由席 37,100円 ▲1,920円
スマートEX 38,620円 ▲400円
のぞみ指定席 39,020円 なし

福岡‐京都では、たしかに往復割引で新幹線料金が安くなる。
しかし、往復割引より回数券・早割・新幹線パックの方が安い。
特に、往復&宿泊するなら、間違いなく新幹線ホテルパックが格安

⇒格安『新幹線ホテルパック』を探す!

【参考】往復割引のきっぷ購入方法と使い方

博多-京都での、往復割引のチケットの購入・使用方法は?
利用前にチケットの購入方法と使い方を確認しておこう!

購入は窓口・券売機

往復割引のチケットも、通常チケットと同じように駅の窓口や券売機で購入する。
ただし、往復分の乗車券を同時に購入しないと割引にならないので、購入時は注意が必要。
また、特急券は割引対象外なので、特急券は必ずしも往復分を購入する必要はない。
なお、博多-京都では、窓口や券売機以外に、e5489・JR九州インターネット列車予約でも購入することができる。

ネット予約の方がお得!

券売機でも購入可能な往復割引だが、安くするならネット予約がお得。
安いのはe5489・JR九州インターネット列車予約より、エクスプレス予約・スマートEX
特に「EX予約サービス(往復割引)」は往復割引乗車券より片道3,780円安くなる。
また「スマートEXサービス(往復割引)」の場合、往復割引乗車券より片道200円割引。
しかし、エクスプレス予約・スマートEXは新幹線の区間でしか利用できず、前後に在来線を利用する場合は別途料金がかかる。
在来線の料金が200円を超えるなら、スマートEXより往復割引乗車券の方がお得。

使い方は他のチケットと同じ

往復割引のチケットの使い方は、他のチケットと同じ。
乗車券・特急券を一緒の改札に通し、指定席の場合は指定された座席に座る。
エクスプレス予約・スマートEXの場合、1人ならIC乗車も可能。
2人以上なら券売機できっぷを発券して乗車する。

 

まとめ
  • 博多-京都では、往復割引は使えるが安くない。
  • この区間で、往復割引より安い方法は7つ。
  • 片道のみの料金が安いのは「EX早特」。
  • 往復&宿泊なら、それ以上に新幹線ホテルパックが安い!